三ツ本寛己の顔画像がこちら!動機は強すぎる殺意で、生い立ちと内縁関係が原因だった

殺人

出典:FNN

東京都東久留米市下里2丁目の住宅で住人の会社員の二岡一浩さんが殺害された事件で、二岡さんの内縁の妻の次男である、三ツ本寛己(みつもと ひろき)容疑者を逮捕しました。

今回は、三ツ本寛己容疑者の顔画像や犯行動機、現場の自宅などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

日本経済新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京都東久留米市の民家で住人の会社員、二岡一浩さん(55)が殺害された事件で、警視庁田無署捜査本部は2日、同市南沢の無職で、二岡さんの内縁の妻の次男、三ツ本寛己容疑者(28)を強盗殺人の疑いで逮捕した。捜査本部によると、三ツ本容疑者は「やっていません」と容疑を否認している。

逮捕容疑は11月8日、東久留米市下里の二岡さんの自宅で、金品を奪おうとして、刃物のようなもので二岡さんを多数回刺し、殺害した疑い。

同日午後1時20分ごろ、三ツ本容疑者から「玄関の脇の窓が破られている」と110番があり、駆けつけた警察官があおむけに倒れている二岡さんを見つけた。

警視庁によると、司法解剖の結果、二岡さんは首や胸などに70カ所近くの傷があり、死因は胸部を刺されたことによる失血死と判明した。刺し傷は心臓に達していた。

三ツ本容疑者は二岡さん宅の合鍵を所有。家の中は物色された形跡があったが、被害品は確認されていないという。

出典:日本経済新聞

 

三ツ本寛己について

こちらが逮捕された三ツ本寛己容疑者のプロフィールです。

名前:三ツ本寛己(みつもと ひろき)

年齢:28歳

職業:無職

在住:東京都東久留米市南沢

三ツ本寛己容疑者は、11月8日未明、金品を奪う目的で東久留米市下里2の二岡さん方に侵入し、階寝室で二岡さんの首や胸などを刃物で刺して殺害したとして逮捕された人物です。

三ツ本容疑者に関しては「この事件は身内だろうとは思ったけどやはりそうだったのかって感じがする。めった刺しにしたのには相当な恨みがあったのだろう。」や、「一体何があったのでしょうか?
内縁の妻の次男が、殺害しなければならない原因が不明です!」、「これ内縁の奥さんが首謀者で自分と娘が旅行中に、っていう所まで計画してたら恐ろしいな」などの意見が寄せられております。

スポンサーリンク

三ツ本寛己の顔画像がこちら

では、三ツ本寛己容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のように三ツ本寛己容疑者の顔画像が公開されておりました。

出典:毎日新聞

無職にしてはレザーのジャケットを着用しており、髪型もきっちりとセットをしておりますから羽振りが良い印象を受けるのですが、実際のところ無職というのは本当だったのでしょうか?

三ツ本寛己容疑者はSNSなどはやっていない模様ですので、アカウントはなどは発見されませんでした。

こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

二岡一浩さんについて

二岡一浩さんは三ツ本寛己容疑者によって殺害されてしまった人物で、三ツ本寛己容疑者自身の母親と内縁関係を結んでいるということです。

二岡一浩さんについては詳細や家族構成などについて、こちらの記事で詳しく解説しておりますので、ご参考下さい。

強い殺意で持って殺害した人物がいるということで、犯人が誰なのか?ということが1番の争点となっていたのですが、今回、三ツ本寛己容疑者が逮捕されたことで、なんとか解決の方向に向かうと思われます。

スポンサーリンク

二岡一浩さんの遺体が発見された現場住宅がこちら

二岡一浩さんの遺体が発見された現場は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:NNN

この画像をもとに調べを進めてみた結果、殺人事件の場所を特定することに成功しました。

周りは新興住宅地であり、似たような住宅が点在していることでも有名です。

スポンサーリンク

三ツ本寛己の犯行動機は物取りの犯行に見せかけた?強すぎる殺意があった

三ツ本寛己容疑者は、現場の自宅において金品を取ってはいないのですが、室内が荒らされていたことから強盗目的があったとして強盗殺人容疑が適用されております。

つまり、三ツ本寛己容疑者は金品を取る目的があったのではないでしょうか?

しかしながら、亡くなった二岡さんでありますが、遺体にはなんと70箇所以上もの刺し傷などがあったのだそうです。

司法解剖の結果、二岡さんの死因は心臓を刺されたことによる失血死だった。刺し傷や切り傷は首や胸など約70カ所に及び、一部は胸や腹から背中に貫通していた。

出典:毎日新聞

いわゆる滅多刺しという犯行の形態でありますが、これは強すぎる殺意があってしかなし得ません。

二岡さんが発見された2階の寝室のベッド上に血痕が集中していたということで、三ツ本寛己容疑者の殺意は尋常ではないのです。

三ツ本寛己容疑者の強い殺意の原因でありますが、父親が内縁関係にあったということで、そこで家族間のトラブルなどがあったのではないでしょうか?

もともと、母親の連れ子だったのに対して、再婚した内縁の夫が気に食わなかったもしくは、生理的に性に合わなかったなどの理由から、めった刺しをするまでの殺人をしてしまったのではないかと推測されます。

しかしながら、後述をしますが三ツ本寛己容疑者に関しては、内縁の妻から家の様子を見に行くよう懇願されたとのことで、その際に初めて1人の状態を知って殺害した可能性も捨て切れません。


スポンサーリンク

三ツ本寛己は二岡さんの内縁の妻と娘の旅行を事前に把握していた可能性が

この事件は二岡さんが1人に自宅にいるところを狙われております。

つまり、三ツ本寛己容疑者は最初から二岡一浩さんが自宅に1人でいることを確認出来たか、もしくは事前に把握していた可能性があります。

二岡さんの内縁の妻と娘はイタリアに旅行に行っており、ヨーロッパということはそう簡単には帰ってこないことを予想した三ツ本寛己容疑者が、あえてこの時期を狙って犯行に及んだとすれば、辻褄は合うのです。

Xデー(犯行実行日)をあらかじめ設定し、そこに向けて用意周到な準備をしていたとすれば、その殺意はさらに尋常ではないものになります。

スポンサーリンク

三ツ本寛己の生い立ちと家族構成なについて

三ツ本寛己の家族構成についてはこちらの記事でも詳しく報じておりますが、内縁の妻の娘と内縁の妻の息子(兄)、そして二岡さんがおります。

続柄備考
二岡一浩さん父親
母親(内縁の妻)イタリア旅行中
内縁の妻の娘(妹)イタリア旅行中
三ツ本寛己容疑者二岡さんの自宅付近に在住

三ツ本容疑者は二岡さん宅の合鍵を所有しており、事件当時は会社に出勤しなかった二岡さんの様子を確認しに行くよう内縁の妻から頼まれ、家を訪れ、そして殺害して自ら通報しているのです。

その合鍵を持って侵入して殺害をしたのでしょう。

内縁の妻の子供であるということですので、二岡さんとは結婚をしておらず、もしかすれば、二岡さんは再婚相手なのかもしれません。

三ツ本寛己容疑者の生い立ちに関しては現在のところ、明らかになっておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

追記:生い立ちが判明しました。

文春オンラインなどによれば、三ツ本容疑者は母親と祖母、子供3人の5人暮らしだったそうです。

は地元の中学校を卒業後、そのまま地元の高校をへと進学し、成人してからは、福祉関係の仕事をしていたよのだそうです。

ハキハキとしている性格で、挨拶もしっかりとする子供だったようで、このようなことをする子には思えないという評判も上がっておりました。

スポンサーリンク

三ツ本寛己と母親と実の父親との関係性について

三ツ本寛己の実の母親は看護関係の職に就く二岡さんの内縁の妻であるということですが、20年ほど前に実の父親(本当の夫)とは別れているそうです。

現場は、東京都東久留米市の住宅地に建つ築5年の一軒家。派遣社員の二岡さんと内縁関係にあるA子さんが、単独名義でローンで購入した2階建ての物件だ。看護関係の仕事に就くA子さんは50歳過ぎ。成人した3人の連れ子がおり、現場の戸建てには二岡さん、A子さんと末っ子の長女の3人が暮らしていた。

「A子さんは夫と20年ほど前に別れており、二岡さんとは籍を入れていないものの、10年以上の内縁関係にあった」

出典:文春オンライン

内縁の妻と実の父親とは別れているのだそうで、10年ほど二岡さんと一緒に生活をしていた三ツ本寛己容疑者ですが、その普段の生活の中で怒りが爆発したり溜まったりしたのではないでしょうか?

やはり、前の父親と今の父親を比べてしまうこともあるでしょうし、複雑な家庭環境から父親として接することは難しかったのかもしれません。

三ツ本寛己容疑者が18歳の時に内縁の妻は二岡さんと一緒になっておりますが、多感な時期でもあるだけに、何かしら不満に思うこともあったのでしょう。

 

追記:三ツ本寛己は「焼き切り」を検索していた

三ツ本容疑者は11月8日未明から早朝にかけて、住宅の寝室で亡くなった二岡さんを刃物で刺すなどして殺害したうえ、金品を奪おうとした疑いで逮捕されているのですが、侵入した際には「焼き切り」や焼き破りと呼ばれる手法が取られていることが明らかとなっております。

捜査関係者によると、三ツ本容疑者のスマートフォンを押収して解析したところ、過去の検索履歴に「焼き切り」というキーワードが残っていた。三ツ本容疑者は合鍵を所有していたが、現場住宅の1階リビングの窓は加熱した上で破られていた。

出典:産経ニュース

焼き切りとは、窃盗犯や空き巣が主に用いる手法であり、トーチバーナーやライターでガラスを炙ることによって、ガラスを破壊し、侵入する手段のことを意味しております。

一気に加熱し、その上で冷却スプレーなどで一気に冷却をすれば、温度差と膨張熱などによってガラスは簡単に破れてしまいます。

さらに、ハンマーなどで叩き割るという手法よりも音が小さくて済みますので、消音効果も期待でき、近隣住民に気付かれにくいという側面もあるのです。

その「焼き破り」や「焼き切り」をスマホで検索していたということは、侵入することをしっかりと準備していたのだと思われますが、窃盗犯を偽装した可能性があるとのことです。

現場となった自宅の家の中は、台所と風呂以外の部屋がほとんど荒らされていたのだそうで、このことから物取りの犯行だったのではないかということが言われておりましたが、亡くなった二岡さんの財布は残されたままだったそうで、「慣れた強盗犯だとすれば、やり方が雑過ぎる」という意見も寄せられておりました。

つまり、三ツ本寛己容疑者が強盗による犯行を偽装しようとしたのでしょう。

 

Twitter上の反応

この事件を受けて、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

東久留米の事件と同時期に発生している事件がこちら

 

愛知県警美人巡査長が可愛い!名前やポスター画像、エリート警部補とのベッド写真も

コメント

テキストのコピーはできません。