細川将巧の顔画像がこちら!犯行動機や過去の性犯罪による逮捕歴も判明

性犯罪

出典:JNN

町田市内の小学校で悩み相談を受けるボランティアだった男が男子児童にわいせつな行為をしたとして、細川将巧(ほそかわ まさよし)容疑者が逮捕されました。

今回は、細川将巧容疑者の顔画像や、犯行動機、過去の逮捕歴などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

警視庁町田署は26日までに、小学5年の男児(11)の下半身を触ったとして、強制わいせつの疑いで、東京都町田市のパート従業員細川将巧容疑者(30)を再逮捕した。細川容疑者は10月から始めた小学校で児童の悩みを聞くボランティア活動を通じて男児と知り合ったという。逮捕は24日。

再逮捕容疑は10月、町田市の男児の自宅で、男児の下半身を触った疑い。「遊んでいて触れたことはあるかもしれないが、積極的に触ったことはない」と否認している。

町田署によると、細川容疑者はスマートフォンのゲームで一緒に遊ぶとして訪ねていた。男児が被害を友人に話したことがきっかけで発覚し、学校はボランティアを辞めさせた。

今月9日、ボランティアで知り合った別の男児宅に入ろうとしたとして、同署が14日に住居侵入未遂の疑いで逮捕していた。

出典:共同通信

スポンサーリンク

細川将巧について

こちらが逮捕された細川将巧容疑者のプロフィールです。

名前:細川将巧(ほそかわ まさよし)

年齢:30歳

職業:小学生の支援ボランティア

在住:東京都町田市

細川将巧容疑者は10月、東京・町田市で、小学5年生の男子児童と遊んでいた際に、下半身を触るなどした疑いで逮捕された人物です。

細川容疑者に対しては「学校関係の犯罪は教師以外は守られないんだよ。」や、「変なのは多すぎる。最近は報道あるから目立つのかもしれないけど、10年ほど前も多かったんだろうけどあんまり発覚しなかったのかな?どちらにしても良くない事件」、「男の子も性的に狙われるということを大々的にテレビなどが周知させていかないとダメだと思う。」などの声が寄せられております。

スポンサーリンク

細川将巧の顔画像が報道機関によって公開される

では、細川将巧容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、細川将巧容疑者の顔画像は、以下のように公開されておりました。

出典:NNN

30歳の学校支援ボランティアということで、性的な犯罪をするようには決して思えないのですが、なぜかこのような犯罪に手を染めてしまったいるのです。

スポンサーリンク

細川将巧の犯行動機は同性愛者かショタコンか?

では、細川将巧容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して細川容疑者は「下半身に触れてしまったかもしれないが、積極的に触りにいっていない」と容疑を否認する供述をしております。

事件当時、細川容疑者は被害男児と一緒にゲームをしていたのだそうで、その最中に触ってしまっております。

犯行動機に関しては、おそらく同性愛者もしくはショタコンと呼ばれる属性だったのかもしれません。

少年を対象に抱く愛情・執着のこと、またはそのような感情や好みを持つ者のことを指す造語に「ショタコン」と呼ばれるものがあり、同性の男児に対して強い性癖を見せていることからも、やはりショタコンだったのではないかと推測されます。

ちなみに、ショタコンのショタとは「ショウタロウ・コンプレックス」という名称の略で、「鉄人28号」の主人公・金田正太郎に由来しているのだそうです。

スポンサーリンク

細川将巧は過去にも別の事件で逮捕されていた

多くの報道機関によって公開されているのですが、別の男児の家に侵入しようとした疑いで11月に逮捕されているそうです。

細川容疑者は、別の男子児童の家に侵入しようとした疑いで、11月に逮捕されている。

出典:FNN

よっぽど男児が好きだったのでしょう。

そのため、今回の事件は再逮捕になるわけですが、いずれもターゲットは若い男児だったのです。

これはショタコンの何よりの証拠だと思われますし、理性で感情をコントールできないという証明にもなります。

同じような事件での再犯ということで、今回の事件では実刑判決が下るのではないでしょうか?

スポンサーリンク

細川将巧の従事する学校支援ボランティアとは?

そもそも、学校支援ボランティアとは一体どのような職業なのでしょうか?

学校支援ボランティアとは、「子どもたちの教育のために役に立ちたい!」という熱い思いを持って、学校の教育活動や学校の環境整備などを支援するボランティアのことを言います。

学校支援ボランティアの狙いとして以下のようなことが挙げられます。

  1. 子どもたちの教育をよりよいものとします
  2. 生涯学習社会を実現します
  3. 地域の教育力が向上します

1に関しては、地域住民の協力を得ることで、教員が教育活動により一層力を注ぐことができますので、非常に重宝されますし、2に関しても地域住民が自らの経験や知識を、未来を担う子どもたちの教育に生かすことができるため、WinWinであるとされております。

3に関しても地域住民が学校の教育活動に関わることにより、地域の絆づくりに繋がり地域の教育力 が向上することが狙いであるそうです。

そうした地域と学校の教育現場をつなぐ存在なのが、学校支援ボランティアであり、それに従事している細川容疑者が児童にわいせつな行為をしてしまっては、子供たちの未来ある将来は真っ暗なものとなってしまいます。

何れにしても、学校支援ボランティアによるわいせつな事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一見です。

スポンサーリンク

同時期に発生しているわいせつな事件についてはこちらから

 

山田健人容疑者のSNSを特定か?わいせつな行為をした現場判明で、被害女性についても

コメント

  1. 匿名 より:

    細川将巧の実兄
    府中市在住

    https://twitter.com/taikihosokawa