伊藤仁士は自宅に銃弾を所持していた!妹は医者で、誘拐の動機は中学生の話し相手募集だった

事件

出典:JNN

大阪市の小学6年女児を誘拐したとして、未成年者誘拐容疑で栃木県小山市の自称派遣社員伊藤仁士(いとう ひとし)容疑者が逮捕されました。

今回は、伊藤仁士容疑者の自宅に銃弾があったという事実や、意味不明な供述、別の女子中学生の存在などについて迫ってみたいと思います。

続報:茨城の別の女子中学生についてはこちらから↓

茨城中学生不明の名前や顔画像を特定か?誘拐された女児はTwitterの利用規約違反だった!

スポンサーリンク

伊藤仁士に連れ去られた女児は、栃木県とは知らなかった

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

大阪市住吉区の小学6年の女児が誘拐され、栃木県小山市で保護された事件で、大阪府警に未成年者誘拐容疑で逮捕された同市の職業不詳、伊藤仁士(ひとし)容疑者(35)が24日午後、大阪に到着した。

これまでの府警の調べで、女児は伊藤容疑者と一緒に移動した先が栃木県とは知らされていなかったことが判明。伊藤容疑者宅に着くとスマートフォンや靴を取り上げられたという。伊藤容疑者が女児を長期間にわたって自宅に閉じ込めておこうとしていた可能性があり、府警は今後、経緯や動機について本格的に取り調べる。

伊藤容疑者は24日正午すぎ、新幹線でJR新大阪駅に到着。多くの報道陣が詰めかける中、警察官に囲まれて車に乗り込み、留置先の府警本部へ。同駅では上着のフードをかぶっており、府警本部に入る際も表情はうかがえなかった。

伊藤容疑者は24日午前、捜査員とともに栃木県警小山署を出発。JR小山駅から新幹線を使うなどして大阪に移送されていた。

出典:産経ニュース

続報:茨城の別の女子中学生についてはこちらから↓

茨城中学生不明の名前や顔画像を特定か?誘拐された女児はTwitterの利用規約違反だった!

スポンサーリンク

伊藤仁士のプロフィール

出典:AERA dot

こちらが、伊藤仁士容疑者のプロフィールです。

名前:伊藤仁士(いとう ひとし)

年齢:35歳

職業:派遣社員(※自称)

在住:栃木県小山市犬塚一丁目

家族構成:母親、妹、弟

伊藤仁士容疑者は、大阪市住吉区の小学6年の女児(12)を誘拐したとして、大阪府警に未成年者誘拐の容疑で23日夜に緊急逮捕された人物です。

中学時代は剣道部に所属し、真面目で成績も優秀だったのだそうですが、高校受験を失敗したのをきっかけに、徐々に引きこもるようになっていったと言います。

続報:茨城の別の女子中学生についてはこちらから↓

茨城中学生不明の名前や顔画像を特定か?誘拐された女児はTwitterの利用規約違反だった!

スポンサーリンク

伊藤仁士の自宅が判明

では、伊藤仁士容疑者の自宅は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。

出典:スポニチアネックス

こちらを調査してみた結果、以下の場所であると特定することに成功しました。

現場の自宅付近には、犬塚公園や小山市立大谷北小学校などがあり、住宅街として知られておりますから、児童生徒なども多くおります。

続報:茨城の別の女子中学生についてはこちらから↓

茨城中学生不明の名前や顔画像を特定か?誘拐された女児はTwitterの利用規約違反だった!

スポンサーリンク

伊藤仁士の自宅には銃弾が隠されたいた!実弾の可能性もある?

そんな、伊藤容疑者でありますが、誘拐された女児の話によれば、鉄砲の弾のようなものを見せられたのだと言います。

捜査関係者によりますと、女の子は別の少女(15)と伊藤容疑者の自宅で寝泊まりしていましたが、警察に対して「鉄砲の弾のようなものを見せられて怖かった」と話していることがわかりました。

出典:JNN

たとえエアガンの弾(BB弾)であったとしても、実弾のバレットような形状をしているものも存在しております。

出典:初心者のエアガン

この金属の形状をしたものを見せられれば、小学生であれば鉄砲の弾のようなものと勘違いするのは当然と言えるでしょう。

また、実弾を所持していた可能性も僅かながらに考えられますので、今後家宅捜索などをして、慎重な捜査が求めらると思います。

スポンサーリンク

伊藤仁士の自宅での女児の生活について

伊藤仁士容疑者によって連れ去られたわけですが、なんとこの女児に関しては以下のような生活を送っていたと言います。

「入浴は2日に1回、食事は1日1食だったそうです。伊藤は女児の靴を没収し、大阪から移動する最中に『携帯電話を使うな』と命じ、家の中ではケータイを取り上げ、SIMカードも抜き取ったそうです。ただ、部屋ではテレビが見られる程度に自由な環境だった。女児も中学生も両親が自分たちを探していたことはわかっていたということです」

出典:文春オンライン

現代の携帯電話やスマホというのは、連絡を取り合う手段としてのツールの他に、位置情報を取得できる機能があり、GPSなどを使用してスマホがある場所を特定することができます。

そうした誘拐犯にとってはリスクがあることを未然に回避したのも、用意周到であるとしか言いようがありませんし、さらには靴を没収するあたりにも伊藤仁士容疑者の知性を感じることができます。

中学校から成績が優秀だったということで、周りの人も「頭が良い印象」などと漏らしておりましたから、こうした知恵が働くのかもしれません。

続報:茨城の別の女子中学生についてはこちらから↓

茨城中学生不明の名前や顔画像を特定か?誘拐された女児はTwitterの利用規約違反だった!

スポンサーリンク

伊藤仁士に誘拐された別の女子中学生の話し相手になってもらうのが犯行動機

伊藤仁士容疑者は、茨城県に住む別の女子中学生も誘拐していたのですが、前述したような生活を送っておりました。

そこで、この女子中学生の話し相手になってもらうということで、Twitterで女児を募集して、大阪から連れ去ったと言われております。

この女子中学生でありますが、実は外出できるほど自由が与えられていたのですが、「人目につかないように、見つからないように外出をひかえていた」と供述をするなど、もしかすれば伊藤容疑者のマインドコントロールの支配下にあったのかもしれません。

伊藤容疑者を知る人物の話によれば、「相手の気持ちに共感しすぎて、ブレーキがきかなくなる部分がある」という話でしたので、犯行に歯止めが効かなくなったということを十分に考えられるでしょう。

一般常識がなく考え方が偏っていたということですので、伊藤容疑者はもしかすれば、誘拐することが普通だったと考えていたのではないでしょうか?

その証拠に共同通信などによれば、伊藤仁士容疑者は正しいことをしたとの供述などをしているとのことです。

大阪市の小学6年女児誘拐事件で、伊藤仁士容疑者(35)が、逮捕前の調べに「会員制交流サイト(SNS)で助けを求めていた子を助けてあげた。正しいことをした」との趣旨の説明をしていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった

出典:共同通信

続報:茨城の別の女子中学生についてはこちらから↓

茨城中学生不明の名前や顔画像を特定か?誘拐された女児はTwitterの利用規約違反だった!

スポンサーリンク

伊藤仁士の妹は医者で弟も優秀!兄弟で唯一堕落した原因は高校受験の失敗によるもの

高校受験に失敗したことがきっかけで引きこもるようになっていったのだそうですが、栃木県内トップクラスの進学校を受験したのだそうです。

ちなみに、伊藤容疑者の出身高校についてはこちらの記事からご参考ください。

そして、このトップクラスの進学校の受験に失敗したことがきっかけとなり、徐々に引きこもりがちになっていったのだそうです。

しかしながら、伊藤容疑者の妹さんは医者になるなど、非常に優秀だったそうで、弟も成績が優秀であり、勉強に関しては事欠かない兄弟だったのかもしれません。

兄弟のなかで唯一受験に失敗して、そして実家にて引きこもっているのが伊藤仁士容疑者だったのです。

もしかすれば、伊藤仁士容疑者の姿を見て反面教師的に兄弟が勉強を頑張ったのかもしれません。

何れにしても、稀にみる誘拐・監禁事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

続報:茨城の別の女子中学生についてはこちらから↓

茨城中学生不明の名前や顔画像を特定か?誘拐された女児はTwitterの利用規約違反だった!

スポンサーリンク

伊藤仁士容疑者の生い立ちと出身中学校などについてはこちらから

 

伊藤仁士の生い立ちと家族が壮絶すぎ!小山三中出身で剣道は全国クラス、高校も判明か

コメント