杉原稔章の顔画像がfaceboookから流出!自宅アパート特定で虐待の動機が酷すぎる

事件

出典:ANN

広島県警福山北署は7日、生後7カ月だった男の乳児を洗濯機に入れたとして、監禁の疑いで杉原稔章(すぎはら としあき)容疑者を逮捕しました。

今回は、杉原稔章容疑者の顔画像やfacebook、犯行動機や自宅アパート、交際相手の母親などについて迫ってみたいと思います。

事件の概要

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

7カ月の男児を洗濯機の中に入れたとして、広島県警福山北署は7日、監禁容疑で会社員の杉原稔章容疑者(28)=同県福山市加茂町八軒屋=を逮捕した。「洗濯機の中に入れたことは間違いない」と容疑を認めているという。男児の体にはあざや傷があり、同署は虐待の可能性も視野に捜査している。
逮捕容疑は9月7日ごろ、自宅の縦型洗濯機に男児を入れ、監禁した疑い。
同署によると、男児は交際相手の長男。洗濯機に水は入っておらず、杉原容疑者は「交際相手に写真を送るためだった」と話しているという。

出典:時事通信社

 

杉原稔章について

こちらが、逮捕された杉原稔章容疑者のプロフィールです。

名前:杉原稔章(すぎはら としあき)

年齢:28歳

職業:会社員

在住:広島県福山市加茂町八軒屋

杉原稔章容疑者は、2019年9月7日ごろ、男の子を洗濯機の中に入れ、出られなくしたうえで、写真を撮るなどした疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

杉原稔章の顔画像がfaceboookから流出

では、杉原稔章容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、杉原稔章容疑者の顔画像は公開されておりませんでした。

そこで、Instagramやfacebook、TwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみたところ、facebookやInstagramに杉原稔章容疑者のものと思しきアカウントを発見することができました。

しかしながら、こちらに関してはプライバシーの観点と確証が持てないという見地からここでの掲載は避けさせて頂きますのでご了承ください。

もしも気になる方がいらっしゃいましたら、各SNSで検索してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

杉原稔章の犯行動機が酷すぎる

では、杉原稔章容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、杉原稔章容疑者は警察の調べに対して「洗濯機に入れたことは間違いない。洗濯機の中に赤ちゃんがいる画像を交際相手に送ろうと思った」と容疑を認める供述をしております。

つまり、杉原容疑者は故意に洗濯機の中に入れたのです。

さらに、杉原容疑者が卑劣なのが、写真を撮るなどの行為も行なっていたということですので、自分が犯行に及んだ様子をみて楽しんでいたのではないでしょうか?

また、後述しますが日常的な虐待をしていた可能性もあるということで、ストレスのはけ口として子供を虐待したのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

日常的に虐待をしていた可能性

テレビ新広島などが報じたニュースによれば、杉原稔章容疑者は日常的に虐待をしていた可能性があるとのことです。

近所の人は「赤ちゃんっていろいろ泣くじゃないですか。別にそんな気にするようなことでもないかなと思っていたけど。1日だけ、きょうめっちゃ泣くなって時があって。そんな前ではないけど、1カ月以内」と話した。

男の子をめぐっては、10月下旬、児童相談所に「不自然なアザがある男の子がいる」との情報がもたらされていた。

出典:FNN

不自然なアザがあるとのことですので、日常的な虐待の可能性が囁かれるのは必至です。

こうした近隣住民の話が上がるということは、往々にして日常的に虐待していたという何よりの証拠でありますし、洗濯機に入れるという非人道的な行為をするのもやはり日常的な虐待の現れだったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

交際相手の連れ子を虐待する理由

今回の事件でもあるように、日本の虐待事件の多くは交際相手の連れ子に手を出すものがほとんであり、その最たるものに2019年9月に埼玉県さいたま市の集合住宅で小学4年生の進藤遼佑くんが殺害された事件というのがあります。

日本における虐待事件の多くは、連れ子が言うことを聞かないと言うストレスやさらには血が繋がっていないために心から愛せない、今後交際において邪魔になったなどの極めて胸糞悪い理由によって行われております。

交際相手の連れ子だから虐待をするというのはあまりにも非人道的でありますし、愛情を持って子育てをするという人として基本的な行為や理念を忘れている人が多いのも現状です。

やはり、自分が子供の頃に親にどのように育てられたのかという事が非常に大切であり、その環境があまりよくないともしかしたら自分の子供にも虐待をしてしまうのかもしれません。

育児放棄(ネグレクト)の問題は絶えることなく起こり、今回の事件だけでなく他にも数多くの事件が起こっています。

一番愛してほしい人に虐げられ、それでも自分を責めながら愛してもらおうとしてる姿が無念でなりせん。

また、千葉で発生した小4女児虐待事件の際にも、義父と連れ子の関係性について以下のように解説されてありました。

あらゆる犯罪統計で幼児への虐待は義父と連れ子のあいだで起こりやすく、両親ともに実親だった場合に比べ、虐待数で10倍程度、幼い子どもが殺される危険性は数百倍とされています。逆に、実の子どもが虐待死する事件はきわめて稀です。長大な進化の過程で、あらゆる生き物は自分の遺伝子を後世に残すよう「設計」されているからです。――不愉快かもしれませんが、これが「現代の進化論」の標準的な理論です。

出典:yahoo

こうしたことが、虐待の引き金となった可能性は十分に考えられます。


スポンサーリンク

杉原稔章の自宅アパートを特定

では、杉原稔章容疑者の自宅アパートは一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。

出典:FNN

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

報道機関の画像と一致するため、まず間違いはないのかなと思われます。

スポンサーリンク

交際相手の母親の名前や顔画像は?

杉原稔章容疑者が虐待したのは交際相手の連れ子であるということですが、杉原稔章容疑者の交際相手である男児の母親の名前や顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、交際相手の母親はその当時不在だったということで、虐待に加担していたわけではありませんから、名前や顔画像などは公開されておりません。

そこで、SNSなどを中心に調べを進めたのですが、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

しかしながら、虐待されていた写真が杉原稔章容疑者から送られてきた交際相手の母親は、一体どのような心境だったのでしょうか?

「ふざけるな」と思ったのか、「何これ、面白い」と思ったのかによって、随分心象は変わるのかなと思います。

スポンサーリンク

無くならない虐待事件の数々

2019年にもなっているにも関わらず、虐待事件は無くなっておりません。

常慶藍と常慶雅則の事件などにもあるように、虐待が原因で死に至ることもあります。

こうした虐待事件が無くならない背景には、前述した連れ子の問題や低所得、さらには望まない妊娠などが考えられるでしょう。

子供を育てる覚悟がないのに子供を作ってしまい、結果的に虐待に身についてしまうのはあまりにも最悪の出来事であるでしょう。

何れにしても、特異な虐待事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。


スポンサーリンク

類似する虐待のニュースがこちら

 

常慶藍のインスタグラムと常慶雅則の仕事を特定か?家族の評判や子供全員虐待の真相も

コメント

テキストのコピーはできません。