住吉潤の顔画像を特定か?酷すぎる犯行動機や自分の腹を刺した理由についても

殺人

出典:NNN

1日午前5時45分ごろ、群馬県桐生市菱町で72歳の男性と、42歳の女性が倒れているのが発見されました。

今回は、この事件で逮捕された住吉潤(すみよし じゅん)容疑者の顔画像や犯行動機、現場となった桐生市菱町の自宅などについて迫ってみたいと思います。

事件の概要

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

1日朝早く、桐生市の住宅で、この家に住む70代の男性と40代の娘が、近くに住む40代の男に刃物で刺されて病院に運ばれました。
搬送時2人は、意識はあったということで、警察は殺人未遂の疑いで男をその場で逮捕し、詳しい状況を調べています。

1日午前6時前、桐生市菱町の住宅で、「夫が見知らぬ男に刃物で刺された」と警察に通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、住宅の前の路上で、この家に住む74歳の男性と42歳の娘が血を流して倒れていて、近くで立っていた男が2人を刺したことを認めたことなどから、殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
2人は病院に搬送されたとき意識はありましたが、詳しい容体は分かっていないということです。
警察によりますと、逮捕されたのは近くに住む、無職の住吉潤容疑者(40)で、腹を自分で刺してけがをしたとみられ、病院で手当てを受けています。
警察は目撃者から話を聞くなどして詳しい状況を調べるとともに、治療が終わりしだい、男からも事情を聴くことにしています。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

住吉潤について

こちらが、逮捕された住吉潤容疑者のプロフィールです。

名前:住吉潤(すみよし じゅん)

年齢:40歳

職業:無職

在住:群馬県桐生市菱町

住吉潤容疑者は1日午前5時45分ごろ、群馬県桐生市菱町の住宅でこの家に住む74歳の男性と42歳の娘の2人を殺害したとして逮捕された人物です。

スポンサーリンク

住吉潤の顔画像を特定か?

では、住吉潤容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、住吉潤容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこでInstagramやfacebook、TwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみたのですが、住吉潤容疑者のアカウントを発見することはできず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

住吉潤の犯行動機が酷すぎる

では、住吉潤容疑者の犯行動機は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、住吉潤容疑者は警察の調べに対して「2人を殺すつもりで刺した」と容疑を認める供述をしております。

ものすごく身勝手な理由でありますし、決してあってはいけないことだと思うのですが、何かトラブルなどがあったのでしょうか?

近隣トラブルの可能性

住吉潤容疑者が殺人未遂を犯した現場というのが、隣の家だったのだそうで、もしかすれば近隣トラブルがそこにはあったのかもしれません。

生活音などの騒音や、ゴミ出しの際の気に食わないこと、回覧板の持ってくる時間など、自分は良かれと思っていても、他人は不快に感じることもしばしばあると思いますので、そうしたことが積年の恨みとなって殺人に至ってしまったのではないでしょうか?


スポンサーリンク

犯行現場は群馬県桐生市菱町

では、犯行現場となった場所は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。

出典:NNN

こちらは、群馬県桐生市菱町5丁目であるということで、こちらがその地図になります。

残念ながら、現在のところ詳しい現場に関しては特定することが出来ておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

なぜ自分の腹を刺したのか?

そんな住吉潤容疑者でありますが、2人を刺した後に自分の腹部を刺しているということです。

警察によりますと、逮捕されたのは近くに住む、無職の住吉潤容疑者(40)で、腹を自分で刺してけがをしたとみられ、病院で手当てを受けています。

出典:NHK NEWS WEB

一体なぜそのようなことをしたのでしょうか?

容疑者が怪我などをしている場合、取り調べを受けることを免れ、治療に専念するという鉄則があります。

京都アニメーションを爆破した青葉真司容疑者も、自身がものすごい火傷を負ってしまったということから、病院で手当てを受けており、現在も逮捕には至っておりません。

その一方で、死にたかったという説も考えられます。

見知らぬ人2人を刺していて身勝手な話でありますが、そのまま自分も死んでチャラにするという意味合いで自分の腹を刺したのかもしれません。

何れにしてもあまりにも身勝手な犯行でありますし、何人たりとも人の命を奪う権利などありませんから、断罪されるべきです。

スポンサーリンク

住吉潤の事件から学べること

この事件から学べることは、近隣住民であってもあくまで赤の他人であるということです。

事件が発生した群馬県桐生市菱町5丁目というのは、地図をご覧になればわかる通り、都会ではなく、民家も密集ているというよりは山々に囲まれて点在しており、いわゆる田舎地域であることは否めません。

もしかすれば、今回の事件でも無施錠だったのかもしれません。

いくら田舎地域で顔見知りだったからといって(今回は顔見知りではない)、所詮赤の他人でありますし、こうした殺人の危険性があるということを十分に理解していなければならないでしょう。


スポンサーリンク

この事件と同時期に発生している事件がこちら

 

野口仁の顔画像がFacebookから特定!岡崎公栄の息子で苗字が違う理由も判明

 

渋谷ハロウィンで逮捕された犯人の名前を特定か?軽トラを倒した4人のその後が悲惨

コメント

テキストのコピーはできません。