岡崎公栄の顔画像判明で現在の居場所は西日本に潜伏か?顔面半分が潰れている理由も

事件

出典:yahoo

30日、大阪府岸和田市の大阪地検岸和田支部付近で刑事施設に収容予定の、岡崎公栄(おかざき きみえ)被告が逃走するという事件が発生し、大きな波紋が広がっております。

今回は、岡崎公栄被告の顔画像や逃走経路と現在の居場所、何で逮捕されたのかについて迫ってみたいと思います。

続報:岡崎公栄被告の左目が腫れている理由についてはこちらから↓

岡崎公栄の顔半分や左目が潰れている理由!住所は大阪市和泉市で過去の罪状も酷い!

事件の概要

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

30日午前10時50分ごろ、大阪府岸和田市上野町東の大阪地検岸和田支部で、収監のため訪れた女が、男が運転する軽乗用車で逃走した。車を停止させようとした男性検察事務官がはねられ、手にけがをした。命に別条はない。地検などが公務執行妨害と殺人未遂の疑いで男女の行方を追っている。

地検によると、女は自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反の事件で公判中の岡崎公栄被告(49)。保釈が取り消され、30日に収監予定だった。検察官が支部で手続きを説明中、「車に荷物を取りに行きたい」と外に出て、逃げた。

出典:共同通信

続報:岡崎公栄被告の左目が腫れている理由についてはこちらから↓

岡崎公栄の顔半分や左目が潰れている理由!住所は大阪市和泉市で過去の罪状も酷い!

スポンサーリンク

岡崎公栄被告について

こちらが、逮捕された岡崎公栄被告のプロフィールです。

名前:岡崎公栄(おかざき きみえ)

年齢:49歳

裁判:公判中

罪状:道交法違反罪違反

岡崎公栄被告は、10月30日午前11時前後に大阪地検の岸和田支部で、刑事施設に収容されるはずだったところ、検察官が説明をしている最中に車で逃走したとされている人物です。

続報:岡崎公栄被告の左目が腫れている理由についてはこちらから↓

岡崎公栄の顔半分や左目が潰れている理由!住所は大阪市和泉市で過去の罪状も酷い!

スポンサーリンク

岡崎公栄の顔画像が判明!左半分が殴られている?

そんな岡崎公栄被告でありますが、現在逃走しているということで顔画像が公開されております。

それがこちらです。

出典:MBSニュース

この写真を見れば確かに向かって右側(顔の左半分)が殴られたかのようにボコボコになっているのが伺えます。

これに対してネット上からはこのような意見も。

あまりの人相の悪さからこういう風に捉えられるのも無理はないですよね?

もしかすれば本当にDVなどがあったから顔面半分が潰れているのかもしれませんし、何かに巻き込まれたのかもしれません。

続報:岡崎公栄被告の左目が腫れている理由についてはこちらから↓

岡崎公栄の顔半分や左目が潰れている理由!住所は大阪市和泉市で過去の罪状も酷い!

スポンサーリンク

岡崎公栄の現在の居場所や逃走経路について

岡崎公栄被告は、大阪地検岸和田支部から逃走したということで、現在の居場所や逃走経理について考察してみましょう。

大阪地検岸和田支部は、

この岸和田支部から南下すると貝塚、泉佐野、泉南、阪南という風になり、和歌山県方面へ逃げることも可能ですが、堺市や八尾市、大阪市などの大阪の中心部へ向かい、西の方面へ逃げる可能性も十分に考えられるでしょう。

また、次の段落で説明をしますが、逃亡犯は西日本に潜伏したり逃走することがあるのだそうです。

続報:岡崎公栄被告の左目が腫れている理由についてはこちらから↓

岡崎公栄の顔半分や左目が潰れている理由!住所は大阪市和泉市で過去の罪状も酷い!


スポンサーリンク

逃亡犯が西日本に潜伏する理由

犯罪心理学や行動心理学に詳しい専門家の出口保行さんの話によれば、逃亡犯というは東からどんどん西へと移動をしていくのだそうです。

なぜ逃亡犯は西に向かうのか。少年鑑別所や刑務所等で約1万人の犯罪者を心理分析した犯罪心理学専門家の東京未来大学教授・出口保行氏(60)は「西には大阪を起点に広島、福岡がある。足を延ばせば名古屋、北陸にも逃げられる。逃亡犯にとって選択肢がたくさんあって動きやすい」と分析。逆に「東京は西に逃げられるが、東は仙台しかない。東京は袋小路」と指摘した。西日本の地理的特徴が、逃亡犯にとって好都合だという。

出典:スポーツ報知

これは理にかなっているといえば、理にかなっている気がします。

2015年10月1日時点でのデータでありますが、人口が100万を超える大都市は以下の様になっております。

東京:927.3万人(東日本)

横浜:372.5万人(東日本)

大阪:269.1万人(西日本)

名古屋:229.6万人(西日本)

札幌:195.2万人(東日本)

福岡:153.9万人(西日本)

神戸:153.7万人(西日本)

川崎:147.5万人(東日本)

京都:147.5万人(西日本)

さいたま:126.4万人(東日本)

広島:119.4万人(西日本)

仙台:108.2万人(東日本)

数で言えば、6対6で同数でありますが、西日本に逃亡するメリットとしては西日本に在住する人間の多くの特徴として「フランクで詮索しない」というものが挙げられます。

東は武士の文化で、西は商人の文化であり、東よりも西はフランクでありますし、その土地の人間に溶け込むのに必要な目安として挙げられるのが「東京は3代、大阪は1代」という言葉もあるくらい西日本の人間はフランクでありますので、そうした県民性や温かい人柄なども逃亡者にとっては好都合であるのです。

また、東京を出ると名古屋→大阪→神戸→広島→福岡と等間隔ごとに100万都市がある西日本に対し、東日本は東京近郊にさいたま市や川崎市、横浜市が密集しているほか、それより北となれば仙台、札幌となり、札幌は陸続きではないために逃亡には不向きであります。

人の多い大都市ともなれば、人混みに紛れることができるため、必然的に匿名性は高くなりますし、隠れやすくもなります。

逆に、人や情報、隠れる場所がない田舎や地方都市に行くというのは逃亡犯にとって自殺行為であり、過疎地であればあるほどよそ者というのは目立ちますし、匿名性が低くなるのも明白であります。

以上の行動心理学などの理由から、岡崎被告は東京都内ではなく、東京から見て西の西日本の大都市に潜伏しているのではないかと推測されます。

続報:岡崎公栄被告の左目が腫れている理由についてはこちらから↓

岡崎公栄の顔半分や左目が潰れている理由!住所は大阪市和泉市で過去の罪状も酷い!

スポンサーリンク

岡崎公栄はどのような罪に問われていたのか?

では、岡崎公栄被告はどのような罪に問われていたというのでしょうか?

MBSニュースなどによれば無免許過失運転傷害という罪に問われていたのだそうです。

岡崎被告の罪は無免許による過失運転傷害という事で、人身事故を引き起こした際に無免許だったために公判中だったのです。

これは、被害者の具合にもよりますが、死亡していた場合には6月以上または20年以下の懲役に課せられる恐れがあり示談交渉がされなければ実刑判決は免れないでしょう。

そのため、刑期などはこれから裁判で決まるはずだったのですが、それが嫌で逃走をしたということになります。

しかしながら、公判中の逃走は裁判官からの心象は非常に悪く、今後再逮捕された際に加重される事は免れませんので、素直に自分の罪を認め受け入れ、更生に向かって自らの罪を悔い改めていた方がよっぽど健全であった事はいうまでもありません。

続報:岡崎公栄被告の左目が腫れている理由についてはこちらから↓

岡崎公栄の顔半分や左目が潰れている理由!住所は大阪市和泉市で過去の罪状も酷い!

スポンサーリンク

5G通信により今後は逃走犯を0に抑える事が出来る

現在のLTEや通信システムというは4Gという世代の通信手法でありますが、2020年春ころより、第5世代移動通信システムである「5G」が徐々に導入されていきます。

4Gや5GのGというのはGeneration(ジェネレーション/世代)の頭文字であり、新たな世代の通信技術を意味しますので、4G→5Gになるということは、第5世代の通信技術が新たに始まるということになります。

5Gには大きく分けて、以下のような特徴があると言われております。

  1. 高速・大容量化
  2. 超多数端末接続
  3. 超低遅延、超高信頼性

まず、1番に関してですが、これが我々にとっては最も身近な話題であり、5G通信が始まると、今までよりはるかに大容量のデータを一瞬で受け取る事ができるようになります。

具体的には2時間の映画を一本ダウンロードするのに5Gではおよろ3秒程度出来るという具合に、高速通信かつ、大容量のデータ量を一度に通信する事が可能となるのです。

2番についてはIOT(Internet of Things)と呼ばれるシステムには欠かせないもので、同時に何台もの端末に接続できるようになるのです。

IOTはモノとネットが繋がることを意味し、例えばスマート家電などと呼ばれるように冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機などもネットと繋がり、手持ちのスマホから制御したり操作したり出来る様になっていくというのです。

3番に関して最も影響を及ぼすのがGPSなどを利用したカーナビやドローン、自動運転などのシステムであります。

現在の4G通信は正確ではあるものの、若干のズレや遅延というのが確認されるのですが、5Gになることでそれが緩和され、ほぼ正確な位置をロケーションできることにより、GPSを利用した様々なシステムが改善されると言われております。

そのため、GPSを利用したカーナビやドローンなどにズレがなくなるほか、5Gによって遅延が無くなるために、自動運転などの技術も飛躍的に向上すると言われております。

また、医療の現場などにおいても、遠隔で治療ができたり、執刀医が立ち会わなくても外部から操作をすることも可能になると言われております。

こうしたことを踏まえると、GPSの性能が格段に上がるわけでありますから、勾留中の犯人に装着することで逃亡されるのを防ぐ効果が期待できますし、技術革新によって抑止力にも繋がると思います。

今後、5G通信などの技術革新によって逃走犯を0に出来る時代が来るのかもしれません。

続報:岡崎公栄被告の左目が腫れている理由についてはこちらから↓

岡崎公栄の顔半分や左目が潰れている理由!住所は大阪市和泉市で過去の罪状も酷い!


スポンサーリンク

類似する逃走犯の事件についてはこちらから

 

小林誠受刑者の顔画像と逃走経路!現在の居場所について有力な情報も流出

 

樋田淳也の逮捕の身柄確保場所は「ソレーネ周南」で足取りや万引きの理由がヤバい!400kmも逃走していた

 

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても

コメント

テキストのコピーはできません。