サッカー日本代表の迷彩記事はフェイクニュースの可能性が!悪質なデマと公式が発表

スポーツNEWS

出典:日刊スポーツ

サッカー日本代表の公式ユニフォームが一新され、迷彩柄であるとの情報が公開されましたが、その迷彩柄の情報がフェイクニュースである可能性が高くなりました。

今回は、日本代表のユニフォームが迷彩柄採用の理由や、リーク情報の真偽、フェイクニュースの可能性などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

サッカー日本代表のユニフォームが迷彩柄に!?

日刊スポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

サッカー日本代表が20年東京五輪で使用するユニホームに、初めて迷彩風のデザインが採用されることが21日、分かった。A代表、世代別代表ともに着用することになる。

日本代表のユニホームは、2年に1度デザインが新しくなるのが通例で、現行モデルは、W杯ロシア大会前年の17年11月から着用している。今回は、11月14日のW杯アジア2次予選キルギス戦(アウェー)でお披露目される可能性が高い。その流れなら、東京五輪世代のU-22(22歳以下)日本代表はその3日後、17日の国際親善試合キリンチャレンジ杯のコロンビア戦(広島・Eスタ)で初めて着用するとみられる。

来年の東京五輪は、56年ぶりの自国開催。大一番に向け、用意されたユニホームはまさに“勝負服”となった。濃淡ある青を基調に、黒と白を配色。斬新なデザインに仕上がった。元来は戦闘時などにカムフラージュを目的として使われる迷彩風の柄に。広く浸透し、現在はファッション性も高いデザインとして、幅広く親しまれている。五輪の規定で、左胸の協会エンブレムはなくなり、日の丸だけとなる見込みだ。

ラグビー日本代表がW杯で8強入りし列島を席巻。赤と白のジャージーのデザインは戦国時代のかぶとがモチーフとなっており「武士道の精神」が表現された。ユニホームにはチームの信念が宿る。迷彩風の柄のコンセプトは「空」だという。壮大な思いが込められたユニホームで日本代表が世界と戦うことになる。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー日本代表のユニフォームが迷彩と最初に報じたのは日刊スポーツ

そもそもなぜこの説が蔓延してしまったのかと言えば、日刊スポーツが迷彩柄のユニフォームと共に、記事を更新したことに由来しております。

出典:日刊スポーツ

日刊スポーツ以外のメディアデアは、サッカー日本代表の公式ユニフォームに関し何も言及していないのですが、日刊スポーツのみ触れており、公式からリリースされた情報であるとして謳っているのです。

もし仮にこの迷彩ユニフォームが本物であるとすれば、JFA(公益財団法人日本サッカー協会)や、ユニフォームのスポンサーを務めるアディダス、そして何より多くのメディアがこれに言及するはずですが、2019年10月23日14:00現在では、日刊スポーツ以外のメディアは何も言及しておりません。

ちなみに、2017年11月に発表された日本代表の新ユニフォーム発表の際にはJFAも以下のように公式に発表しております。

出典:JFA

ですが、2019年10月23日14:00現在では、ご覧の通りJFAですら新ユニフォームに関する発表をしておりません。

出典:JFA

スポンサーリンク

サッカー日本代表の迷彩記事はフェイクニュースの可能性が

JFAから何も発表がなくさらには、報道機関も日刊スポーツ以外は言及していないということで、フェイクニュースの可能性が高くなるわけですが、サッカー日本代表の公式ユニフォームを長年に渡って制作をしているアディダスジャパンも、以下のように声明を発表しております。

「一部報道機関においてサッカー日本代表のユニフォームに関する報道がございましたが、当社の発表に基づくものではございません。サッカー日本代表新ユニフォームの正式発表に関しましては、後日実施を予定しております。」

出典:soccer king

つまり、迷彩の記事は限りなくフェイクニュースに近いと言えるのではないでしょうか?

後日実施するということですし、アディダスが正式に否定をしているため、日刊スポーツによる悪質なデマ記事だった可能性も浮上します。


スポンサーリンク

サッカー日本代表のユニフォームが迷彩柄だとリークされた理由は?

では、そもそも日刊スポーツはどのような根拠をもってこの迷彩柄の記事をリークしたのでしょうか?

日刊スポーツは2019年10月22日午前5時の時点で、迷彩柄になったと21日に分かったと断言をしているため、やはり何かしらの根拠がなければ記事を公開しないでしょう。

プレスリリースなども発表されてない中で、考えらる点としては二つほどあると思います。

  1. 日刊スポーツの編集部にサッカー協会内部に精通する人物がいる
  2. アクセス数を稼ぐために悪質なデマ

まず考えられるのが、1のパターンです。

日刊スポーツの内部にサッカー協会やサッカー日本代表の関係者など内部に精通する人物がおり、その人物がアディダスジャパンからの情報などをリークし、記事に仕上げたということも考えられます。

出典:日刊スポーツ

日刊スポーツの記事に記載されていたイメージ画像を見ても非常に手が込んでおりますし、本物であると錯覚せざるを得ない訳ですから、もしかすれば情報通によるリークだったのかもしれません。

次に考えれるのがアクセス数を稼ぐための悪質なデマだったというパターンです。

デマやフェイクニュースであったとしても、かなり巧妙に作られたものであれば信頼されますし、ましてや日刊スポーツという大手メディアの情報であるということで、一定数のユーザーは信じてサイトにアクセスをすることでしょう。

現に、2019年10月23日14:00現在では日本代表の迷彩柄の記事が日刊スポーツのサッカー記事において堂々のアクセスランキング1位を飾っております。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー日本代表の迷彩柄は本当?過去の代表からその真偽を考える

サッカー日本代表の迷彩柄は本当に採用されるのでしょうか?

まず、過去に採用された日本代表の柄とされらに託された思いとイメージを見てみましょう。

出典:hisaのなんでもブログ

サッカー日本代表のユニフォームはその色からサムライブルーと呼ばれる青色を基調としたユニフォームデザインを採用しており、各シーズンにおいて更新されております。

サプライヤーは1999-2000シーズンからアディダスが務めており、それ以前はアシックスやPUMAなどもサプライヤーだった経歴があります。

▼asics時代(1994-95)

出典:Qoly

▼PUMA時代(1993)

出典:Qoly

そして、直近のものであれば2018年ロシアW杯の際に着用していた以下のユニフォームが印象的でしょう。

出典:Adidas

それぞれの時代のユニフォームはコンセプトやそのユニフォームに込められた思いというものがあり、直近のものですとジャパンブルーの原点に立ち返ったものなのだそうです。

勝利への魂で染め上げた「勝色」を起用。ジャパンブルーの原点に立ち返り、「勝色」を意味する日本の伝統色である深く濃い藍色をベースカラーに採用。「刺し子柄」に、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆる選手やスタッ フ、サポーター達の想いを紡ぎ、ロシア大会へ挑むというメッセージを込めている。侍の着物の前あわせ部分にインスパイアされたVネック部分には、日の丸の赤を表現する「ビクトリーレッド」を配している。

出典:Adidas

以上のことを踏まえると、やはりここへき迷彩柄という奇抜な柄を採用するのはあまりにも無謀なのではないかと考えられます。

2012-2013シーズンの約束の一本線と呼ばれるユニフォームの際のにもダサいなどと賛否両論が起こるなど、サッカー日本代表のユニフォームに関しては世間の皆さま関心が高いのと言われております。

スポンサーリンク

サッカー日本代表の迷彩柄に関するTwitter上の反応

この迷彩柄の記事に関して、Twitter上からは様々な意見が飛び交っておりますのでご紹介します。


スポンサーリンク

サッカー日本代表に関する記事がこちら

 

中村俊輔の結婚した嫁は今井まなみで子供の画像がこちら!伝説のフリーキックについても

 

本田圭佑の目がおかしいのは病気で、現在の顔の変化がこちら!バセドウ病の手術痕についても

 

本田圭佑の”きよきよしい”は正しい日本語だった!動画からあえて清々しいと発音しなかったことが判明

コメント

テキストのコピーはできません。