鈴木孝則容疑者が血液を送った理由は何?試用期間中に解雇された勤務先についても

事件

出典: JNN

会社から試用期間の後に正式採用されなかったことに腹を立て、自分の血液が入った封筒を送りつけたとして、24歳の鈴木孝則(すずき たかのり)容疑者が逮捕されました。

今回は、鈴木孝則容疑者の顔画像や血液を送った動機と理由、採用されなかった企業などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

鈴木孝則容疑者が引き起こした事件の真相

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、

入社後の試用期間中に依願退職した会社に自分の血液が入ったポリ袋や注射針を郵送して業務を妨害したとして、警視庁綾瀬署は11日までに、威力業務妨害の疑いで埼玉県桶川市寿、会社員鈴木孝則容疑者(24)を逮捕した。

綾瀬署によると、鈴木容疑者は2017年春、大阪市に本社があるAV機器メーカーに入社したが、居眠りなどが相次ぎ、試用期間中に依願退職した。「辞めさせられて悔しかった。どうして自分がつらい気持ちにならなければいけないのか」と供述し、容疑を認めている。同署は、正式採用されず逆恨みしたとみて動機を調べている。

出典:共同通信

スポンサーリンク

鈴木孝則容疑者について

こちらが、逮捕された鈴木孝則容疑者のプロフィールです。

名前:鈴木孝則(すずき たかのり)

年齢:24歳

職業:会社員

在住:埼玉県桶川市寿

鈴木孝則容疑者は、昨年12月から今年7月までの間、オーディオ機器会社の大阪本社や東京支社に自分の血液が入ったビニール袋や注射針を封筒に入れて送りつけ、業務を妨害した疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

鈴木孝則容疑者の顔画像が報道機関によって公開される

では、鈴木孝則容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のように鈴木孝則容疑者の顔画像が公開されておりましました。

出典:JNN

一見すると爽やかな好青年という印象を持つ方もいらっしゃると思うのですが、実際は自分の血液を送るという非常にサイコパスな一面を持ち合わせていたのです。

スポンサーリンク

鈴木孝則容疑者が血液を送った理由は何?

では、鈴木孝則容疑者が血液を送った理由は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、鈴木孝則容疑者は警察の調べに対して「自分がちゃんとやっているのにやっていないと言われた悔しさや、これからの人生に対する不安があった」と容疑を認める供述をしております。

つまり、血液を送った理由は前の会社への腹いせだったのです。

鈴木孝則容疑者は一昨年に足立区と大阪府本に試用期間として採用されたのでそうですが、勤務中の居眠りなどで本採用されませんでした。

試用期間に採用されなかったという事で、おそらく研修中に居眠りなどが発覚してしまったため、本採用にはならなかったのでしょうが、これは自分がちゃんとやっているという言い訳になるのでしょうか?

決してそういうことはないと思います。

自分のミスや過ちを認められないのは愚かな証拠でありますし、自分の未熟さが招いた結果であると思いますので、しっかりと受け止めることが重要であることは間違いありません。


スポンサーリンク

鈴木孝則容疑者を試用期間に解雇した勤務先が判明か?

では、鈴木孝則容疑者を研修期間中に解雇した勤務先は一体どのような会社だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、鈴木孝則容疑者は大阪市に本社のあるオーディオ機器メーカーに入社したということです。

鈴木孝則容疑者は去年12月から今年7月までの間に、オーディオ機器会社の大阪市にある本社と東京・足立区の支社に自分の血液の入った袋や血液を塗った紙などを合わせて4回郵送し、会社の業務を妨げた疑いが持たれています。

出典:ANN

この発表を元に調べを進めてみた結果、株式会社オーエスという会社がオーディオ機器を扱い、大阪に本社を置き、さらに東京都足立区にも本部がある企業であることが判明しました。

出典:株式会社OS

実際のところ、この企業が鈴木孝則容疑者が血液を送りつけた企業であるとは限りませんし、別の企業だったのかもしれません。

こちらは鈴木孝則容疑者の勤務先を断定するものではなく、あくまでも参考までの情報として捉えていただけると幸いです。

スポンサーリンク

鈴木孝則容疑者が血液を送る以外にも過去には体液を送りつける事件も発生

今回の事件は、自分の血液を送るという極めてサイコパスな事件なのですが、過去には以下のような事件も発生しております。

女性宅の郵便受けに自分の体液が入ったコンドームを入れたとして、京都府警右京署は15日、府迷惑行為防止条例違反の疑いで、京都市右京区、トラック運転手の男(46)を逮捕した。「嫌がらせのつもりでやった」と認めている。

逮捕容疑は1月24日から4月4日の間、計4回にわたって、同区の女性(31)の集合住宅の郵便受けに、体液入りコンドームを入れた疑い

右京署によると、女性は男と面識はないといい、詳しい動機を調べる。付近の防犯カメラから男が浮上した。この女性に対する同様の被害が他に2件あり、関連を調べる。

出典:産経WEST

非常に気持ち悪い事件でありますし、やられた被害者の気持ちを考えるとやはり計り知れませんが、

こうした事件も過去に発生していることから、一定数自分の体液などを送りつけるという犯罪に及ぶ人がいるということになるでしょう。

スポンサーリンク

鈴木孝則容疑者の血液を送る事件から学べること

この事件から学べることは、やはり試用期間であったもしっかりと働かなければならないということです。

鈴木孝則容疑者のように自分は悪くないと断固として認めない人もいるわけでありますが、血液などを送るという行為は極めて非人道的であり、たとえ不当解雇であったも許されるものではありません。

もっとも、企業側も解雇しただけで血液を送るような人物を雇っておくのはリスクでありますし、解雇して正解だったのかもしれません。

企業における試用期間は、本採用に向けてしっかりと準備をする期間であり、社会人としての常識などがあるかどうかを見極める期間でもありますから、人一倍頑張られなければならないでしょう。

鈴木孝則容疑者の事件と同時期に発生している事件がこちら

 

イオンは台風19号で臨時休業は無く、通常通り営業?ワルプルギスの夜に最大級の警戒を

コメント

テキストのコピーはできません。