小倉美咲さんが発見されない3つの理由!キャンプ場での父親の言動や参加者についても

事件

出典:NNN

山梨県道志村にある椿荘オートキャンプ場で行方が分からなくなっている小倉美咲さんの事件について、消防などは大規模な捜査を打ち切ったと発表しました。

今回は、小倉美咲さんが発見されない3つの理由や、キャンプ場での父親の言動、参加者などのいついて迫ってみたいと思います。

続報:小倉美咲さんの母親とも子さんが批判が集中していた募金を終了していたことが明らかとなりました↓

小倉美咲の母親・小倉とも子が怪しいと言われる理由!募金終了や美容院カラーの真相も

スポンサーリンク

小倉美咲さんの大規模捜索が打ち切りに

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

山梨県道志村のキャンプ場で9月21日から行方不明になっている千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)について、山梨県警は6日、周辺にいる可能性は低いと判断し、午後5時で現地の指揮本部を解散して捜索を打ち切ると発表した。特異行方不明者として全国に情報提供を求め、事件に巻き込まれた可能性も含めて捜査を続ける。

県警などは延べ約1700人の態勢で広範囲に捜索したが手掛かりは得られず、県の要請を受けて災害派遣した陸上自衛隊は9月28日で撤収。地元消防団も翌日引き上げていた。

大月署の井上久署長は「取り得る限りの最大限の態勢で捜索したが発見できなかった」と語った。大規模捜索は終了するが、有力な情報があれば再捜索するという。不審な人物や車両の情報については「答えられない」とした。

県警などによると、小倉さんは9月21日に母親や姉、友人家族ら約30人で「椿荘オートキャンプ場」を訪れた。同日午後3時40分ごろ、テントを設営した広場から小川に遊びに行っていた子供たちを1人で追い掛けた。広場から続く下り坂を下った先の丁字路を小川のある左に曲がる姿を母親らが見ていたが、その後の目撃情報はない。

小倉さんは身長125センチくらいでやせ形。不明になったときは黒の長袖シャツにジーパン姿で、緑のスニーカーを履いていた。

キャンプ場は神奈川県との境に近く、村役場の東約2キロの山間部にある。

出典:産経ニュース

続報:小倉美咲さんの母親とも子さんが批判が集中していた募金を終了していたことが明らかとなりました↓

小倉美咲の母親・小倉とも子が怪しいと言われる理由!募金終了や美容院カラーの真相も

小倉美咲さんの捜索打ち切りでボランティア団体が設立される

そんな小倉美咲さん行方不明の捜索でありますが、ボランティア団体が設立されたと言うことで、今後はこのボランティア団体なが中心となって捜索が続けられる模様です。

こうした中、7日、有志でつくるボランティア団体が新たに設立された。団体には登山経験が豊富なメンバーが十数人いるということで、今後、SNSやホームページで情報発信していく。

なお、捜索の様子は団体の意向で撮影できないという。

出典:NNN

この大規模な捜索に関してですが、小倉美咲さんが行方不明となってから16日目の2019年10月6日(日曜日)で打ち切りになったと言います。

今後はこのボランディア団体が主体となって行方になった小倉美咲さんを創作するということですが、警察も一切捜査をしなくなるのではなく、通常の行方不明者として全国の警察と連携して行っていくのだそうです。

続報:小倉美咲さんの母親とも子さんが批判が集中していた募金を終了していたことが明らかとなりました↓

小倉美咲の母親・小倉とも子が怪しいと言われる理由!募金終了や美容院カラーの真相も

スポンサーリンク

小倉美咲さんの捜索が打ち切りになった理由

では、小倉美咲さんの捜索が打ち切りとなった理由は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察が「出来る限りの捜査を行ったから」ということを理由に述べているのだそうです。

出典:NNN

16日間で消防、自衛隊、警察などを含めて1686人もの人員を費やしており、捜索範囲はおよそ120平方キロメートルにも及んでおります。

出来る限りの捜査を行ったということに加え、手がかりが一個も見つからないという状況と、このままダラダラと捜索を続けていても無駄足となってしまい、税金を垂れ流してしまうということも打ち切りの理由の一つに数えられると思います。

続報:小倉美咲さんの母親とも子さんが批判が集中していた募金を終了していたことが明らかとなりました↓

小倉美咲の母親・小倉とも子が怪しいと言われる理由!募金終了や美容院カラーの真相も

スポンサーリンク

小倉美咲さんに関する手がかりがなぜ1個も出ないのか?

大の大人が1700人あまりが16日間かけて捜索をしているにも関わらず、なぜ何の手がかりもないというのでしょうか?

こうした状況に元警視庁捜査一課の理事官である大峯泰廣さんは、以下のような捜査に切り替わるということです。

出典:NNN

  • 誘拐の線を主体に本格的に捜査していかざるを得ない
  • 土地鑑情報を取る⇨ 誘拐を犯した人物、女児を狙った事件調べる

つまり、誘拐の線が高いからこそ一個も手がかりが出て来ないというわけなのです。

土地鑑情報とは警察の専門用語であり、事件のあった場所などの土地に関する知識や情報のことを意味する語句です。

続報:小倉美咲さんの母親とも子さんが批判が集中していた募金を終了していたことが明らかとなりました↓

小倉美咲の母親・小倉とも子が怪しいと言われる理由!募金終了や美容院カラーの真相も

スポンサーリンク

小倉美咲さんが発見されない3つの理由

では、小倉美咲さんが発見されない理由はどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、3つの理由に関して調査をしていきたいと思います。

小倉美咲さんが発見されない理由①:誘拐の可能性

最初から女児(小倉美咲さんではなく誰でもよかった)を誘拐する目的で犯人が現場の椿荘オートキャンプ場に来ていたすればどうでしょうか?

もし小倉美咲さんの行方不明事件が誘拐事件であったとして、プロによる犯行、もしくは小児性愛者による犯行であった場合、どのような場所に子供が集まるのか理解して犯行に及んだ可能性が高くなります。

小学生や児童というのは、学校周辺などに行けば集まるということを考えるかもしれませんが、こうした犯罪者は用意周到であるため、防犯カメラなどがなく、さらには親の目から離れやすく誘拐の線が浮上しにくい土地をあえて選びます。

つまり、キャンプ場などは絶好の場所であるということです。

小倉美咲さんの母親やその友人ご家族は、毎年のようにサークルで大人数でキャンプをしていたということですし、積極的にTwitterやInstagramなどで情報発信していたため、事前に椿荘オートキャンプ場に行くという情報を犯人がキャッチしていたのかもしれません。

そして事前に下見などをして入念にシュミレーションを重ね、女児が1人になるタイミングを見計らって、誘拐したということも考えられます。

小倉美咲さんが発見されない理由②:母親が殺害した可能性

先日、小倉美咲さんの母親である小倉とも子さんが記者会見をし、行方不明の経緯やSNSユーザーに対する謝罪などを行ったのですが、この記者会見をした小倉美咲さんの母親に対してものすごい説が浮上していることが判明しました。

小倉美咲さんをGoogleなどの検索エンジンで調べると、「母親殺害」という極めて不謹慎であるサジェストキーワードが出てきます。

サジェストワードとは検索エンジンで検索をしやすくするようにユーザーが最も検索をかけているワードを推奨し表示してくれるするサービスのことで、ユーザーさんにとって有益である情報と検索エンジン側が判断した際に、勝手に表示されたり、検索ボリュームが多い時に表示されるものです。

つまり、小倉美咲さんは母親によって殺害されたのではないか?と疑念を抱いているユーザーが日本に一定数存在するということが明らかとなったのです。

しかしながら、この説は極めて現実的ではありません。

もし仮に母親である小倉とも子さんが殺害をしていたとするのであれば、その時間はまずないでしょうし、遺体の処理や警察の捜査を欺くための偽装工作など完璧にする必要がありますので、考えられません。

したがって、母親が殺害したと考えるのはあまりにも無理があるでしょう。

小倉美咲さんが発見されない理由③:道志川よりもっと下流に流されている

ここまで小倉美咲さんが発見されないとなると、考えられるのがそもそも椿荘オートキャンプ場付近にいないという可能性です。

道志川から下流に下っていくと、道志ダムという場所に流れ着くことが明らかとなっております。

この道志ダムは道志村には所在しておらず、小倉美咲さんが行方不明となった椿荘オートキャンプ場から以下のように距離が離れているのです。

道志川は、神奈川県相模原市で道志ダムと呼ばれるダムに流れ着きますので、この広大なダム湖の敷地に漂流してしまったという可能性も視野に捜査をしなければなりません。

実際に、行方不明となってから11日目の10月1日の捜索においては、警察や消防など43人態勢で機動隊がダムの水中に潜って手がかりを探したのですが、有力な情報は見つかっておりません。

これら全ての事象を加味すると、やはり誘拐の線が高いのではないかと推測されるのです。

続報:小倉美咲さんの母親とも子さんが批判が集中していた募金を終了していたことが明らかとなりました↓

小倉美咲の母親・小倉とも子が怪しいと言われる理由!募金終了や美容院カラーの真相も


スポンサーリンク

小倉美咲さんの父親のキャンプ場での言動

まず、小倉美咲さんが椿荘オートキャンプ場で行方が分からなる前後の行動を見てみましょう。

▼21日午前9時 一部メンバーが先に到着

▼午後0時15分 小倉家(母のとも子さん、長女、次女の美咲さん)が到着(父の雅さんは当日仕事が遅くまであり、翌日から合流予定)

▼1時 グループで昼食に天ぷらそばを食べ、その後、子供たち12人で、テントを張ったキャンプ場横の南の森で遊ぶ

▼3時35分 先におやつのチョコバナナを食べ終えた子供9人が遊びに行く

▼3時40分 美咲さんが後を追いかけるように遊びに行く

▼3時50分 大人が子供たちを迎えに行く

▼4時 美咲さんがいないので、父母たちが周辺を探し始め、山にも登り始める

▼4時17分 グループLINE(ライン)を使って連絡しながら捜索を開始。テント内なども確認

▼4時35分 テントの中を再確認

▼5時 日没が近づいてくるので警察に連絡を入れる。美咲さんがいなくなったことを雅さんに連絡

▼5時49分 キャンプ場にライトを取りに戻る

▼6時1分 警察が到着。とも子さんが事情を聴かれる。その他の大人は継続して周辺を捜索。男親たちは車で周辺を捜索

▼8時 子供を寝かせた後に大人は継続して周辺を捜索

▼10時 警察、消防が当日の捜索終了

▼22日午前1時半 仕事を切り上げてきた雅さんが到着。その後、雅さん、とも子さん、友人で周辺を捜索

▼3時 捜索を終了

出典:産経ニュース

これから考えられるのが、小倉美咲さんの父親は行方不明となった時間帯にい現場にいなかったということです。

2019年9月21日15時40分〜16時の間に小倉美咲さんは行方が分からなくなったのですが、その際に父親の雅さんは会社にいたことになります。

その後、おそらく母親のとも子さんあたりから「美咲が行方不明になった」というLINEの連絡をもらい、急いで駆けつけたのでしょう。

そこからの父親の雅さんの言動というのは、血眼になって探し続けているというもので、生きた心地はしなかったと思われます。

一部ネット上では「なぜ母親だけ顔を出して会見をし、父親は顔出ししないのか?」という批判もあるようですが、捜索で疲弊しきっている上に、今後の生活にも支障をきたす可能性もありますので、あえて公開しなかっただけだと思います。

続報:小倉美咲さんの母親とも子さんが批判が集中していた募金を終了していたことが明らかとなりました↓

小倉美咲の母親・小倉とも子が怪しいと言われる理由!募金終了や美容院カラーの真相も

スポンサーリンク

小倉美咲さんのキャンプに参加したメンバーは?

小倉美咲さんが行方不明となった事件に参加していたメンバーは以下のようであると産経ニュースが報じております。

A家 4人(父、母、子2)

B家 5人(父、母、子3)

C家 5人(父、母、子3)

D家 4人(父、母、子2)

E家 3人(母、子2)

F家 3人(父、母、子1)

小倉家 3人(母、子2)

計27人(父5、母7、子15)

出典:産経ニュース

キャンプの参加者は、ほとんどが顔見知りであり「子育てサークル」と呼ばれるサークルの仲間だったのだそうです。

計27人という大人数でありますが、大人が12人と子供の数より少ないですし、面倒を見きれなかったのかもしれません。

一部ネット上では、この参加者の中に誘拐をした犯人がいるのでは?と勘ぐる人もいるくらい、小倉美咲さんに関する手がかりが見つかっておりません。

もっとも、キャンプの参加者全員は警察による任意での事情聴取や聞き込み調査がされていると思われますので、まず参加者を疑うという行為が正しいとは言い切れません。

続報:小倉美咲さんの母親とも子さんが批判が集中していた募金を終了していたことが明らかとなりました↓

小倉美咲の母親・小倉とも子が怪しいと言われる理由!募金終了や美容院カラーの真相も

スポンサーリンク

小倉美咲さんの行方不明では先入観を捨てることが大切

今まで、数多くの説について検証をして参りましたが、この行方不明の事件ではありとあらゆる可能性を考えなければならず、先入観を捨てることが大切です。

事故として決めつけて捜索をしてしまえば、事件であった時に気がつくはずの点などを見落とす可能性がありますし、逆に事件として捜索をしてしまえば、事故のポイントを見落とす可能性があるのです。

これほどまでに手がかりがないのは誘拐の可能性が高いわけですが、もっと早い段階で公開捜査(小倉美咲さんの顔画像を公開する行為)に切り替えていれば、早期発見につながっていたかもしれません。

これはあくまで結果論ではありますが。

警察が小倉美咲さんの親御さんに状況を説明し、説得をして写真を早期に公開て公開捜査に切り替わっていたすれば、瞬く間に写真が拡散され、世間に広く知れ渡ることとなったでしょう。

そうすれば街中などで小倉美咲さんが目撃された際に、有力な情報として警察に寄せられていたかもしれませんが、顔画像がはっきりとしない期間が行方不明となってから数日間続いてしまったため、初動捜査(事故の面)に遅れが生じたのではないでしょうか?

先入観を捨てることが解決への一歩であると思うのですが、それと同時に正しい判断を瞬時にするという判断力を身につけることも必要となってくるでしょう。

何れにしても、一刻も早く小倉美咲さんが見つかり、無事に親御さんの元へ戻ってくることを願っております。

続報:小倉美咲さんの母親とも子さんが批判が集中していた募金を終了していたことが明らかとなりました↓

小倉美咲の母親・小倉とも子が怪しいと言われる理由!募金終了や美容院カラーの真相も

小倉美咲さんの行方不明事件に関する記事

 

小倉美咲さんの母親が殺害した?キャンプオフ会のメンバーとの関係性や、家族構成についても

 

小倉美咲さんは誘拐ではなかった?現在は道志川へと転落し、道志ダムへと漂流か?

コメント

テキストのコピーはできません。