黒沢敬樹の顔画像がSNSから判明!犯行動機や被害女子中学生と親の不可解な行動についても

性犯罪

埼玉県の県北部に位置する県立特別支援学校臨時教諭の黒沢敬樹容疑者が、女子中学生にみだらな行為をしたとして逮捕されました。

今回は、黒沢敬樹容疑者の顔画像やFacebookなどのSNS、犯行動機と勤務先の特別支援学校について迫ってみたいと思います。

黒沢敬樹が引き起こした事件の詳細

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

埼玉県の特別支援学校に勤める29歳の教諭が、熊谷市内のホテルで女子中学生にみだらな行為をしたとして、埼玉県の青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、深谷市に住む埼玉県の特別支援学校の教諭の黒沢敬樹容疑者(29)です。
黒沢容疑者は6日未明、埼玉県の熊谷駅付近のホテルで、熊谷市内に住む女子中学生にみだらな行為をしたとして、埼玉県の青少年健全育成条例違反の疑いがもたれています。
警察によりますと、6日午前3時ごろ、女子中学生の父親から「娘がいなくなった」という通報を受け、周辺を捜査したところ、熊谷駅近くの防犯カメラにホテルに入る黒沢容疑者と女子中学生の姿が映っていたため、ホテルの部屋にいた黒沢容疑者から事情を聴き、逮捕したということです。
黒沢容疑者は市内の飲食店で女子中学生と知り合い、電話番号を交換したあと、連れ出していたということで、調べに対して容疑を認め、「若い子が好きだった」と供述しているということです。
警察が引き続き、詳しいいきさつを調べています。

出典:NHK NEWS WEB

 

黒沢敬樹について

こちらが、逮捕された黒沢敬樹容疑者のプロフィールです。

名前:黒沢敬樹(くろさわ たかき?)

年齢:29歳

職業:特別支援学校臨時教諭

在住:埼玉県深谷市

黒沢敬樹容疑者は、6日、熊谷市内のホテルで、県内に住む女子中学生に対し、18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

黒沢敬樹の顔画像がSNSから判明

では、黒沢敬樹容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、黒沢敬樹容疑者の顔画像に関しては公開されておりませんでした。

そこで、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを中心にアカウントを探してみたところ、黒沢敬樹容疑者のものと思われるアカウントを発見することに成功しました。

そのアカウントは埼玉県深谷市に在住していることも明記されてありましたし、2012年に大学の卒論を提出し、2013年に卒業していることも明らかとなっております。

黒沢敬樹容疑者は現在、29歳であるということですが、平成2年(1990年)もしくは平成元年(1989年)の生まれである可能性が高く、前者であれば2019年10月6日までに誕生日を迎えており、後者であれば2019年10月6日以降に誕生日を迎えることとなります。

2013年に大学を卒業しているということを加味すれば、29歳というのは然るべき年齢でありますし、1浪していたとしても納得のいく年齢でありますから、このアカウントはまず間違いなく黒沢敬樹容疑者のものとみていいでしょう。

ですが、個人情報であるという観点と確証が持てないということから、ここでの掲載は控えさせていただきます。

もしも気になる方がいらっしゃいましたら、各種SNSで検索してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

黒沢敬樹の犯行動機は若い子に興味があったため

では、黒沢敬樹容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、「若い子が好きだった」と容疑を認める供述をしているということです。

”若い子が好き”だけであればよかったのですが、それを実際にナンパしてみだらな行為にまで持ち込んでしまっているためにその言動が法に触れてしまっております。

18歳未満の未成年の中でも13歳未満であれば、みだらな行為やわいせつな行為というのは問答無用で罪に問われますし、たとえ合意の上であっても犯罪です。

しかしながら、14歳から20歳未満の間であれば原則的に法律上では性行為は認められております。

黒沢敬樹容疑者のように、報道機関が”みだらな”と表現する行為には挿入を伴う性行為が含まれますので、青少年健全育成条例に引っかかる恐れがあるのです。

若い子が好きだったのだそうですが、相手の年齢をわきまえることが重要となってくるでしょう。

スポンサーリンク

黒沢敬樹が犯した青少年健全育成条例とは?

青少年健全育成条例とは、地域の児童が安全かつ健全に成長できるように、それぞれの地方自治体が定めている条例のことであります。

青少年健全育成条例とは、18歳未満と知りながら18歳未満の未成年と性行為やそれに準ずる行為をすることであり、2年以下の懲役または100万円以下の罰金に課せられることがあります。

人間の尊厳には性的自己決定権というのもがあり、憲法でも守られているため、婚約などをしている場合や結婚を前提に交際しているなどの場合では、18歳未満であったとしてもこのような罪に問われることは原則的にありません。

もちろん、児童買春はその時点でどのような条件であってもアウトなのですが、これには青少年が、その心身の未成熟さから、精神的に未だ十分に安定していないと判断されているために、青少年健全育成条例のような法律が存在しているのだと言われております。

18歳未満の未成年は特に、みだらな行為などによって精神的なダメージを受けたり傷つくことがあると言われているため、それをさせないためにも青少年の健全な育成を図る目的でこのような条例が制定されているのです。


スポンサーリンク

黒沢敬樹にホテルに誘われた被害女子中学生もおかしい?

まず、この事件が発生した経緯を見てみましょう。

 同署によると、男は5日深夜、熊谷市内の飲食店に友人、父親と3人で訪れていた女子中学生に父親の目を盗んで声を掛け、連絡先を交換。6日未明、別の店に移動した女子中学生に連絡して熊谷駅付近に呼び出し、近くのホテルに入ったという。

出典:埼玉新聞

この文章を読んだ際に、一般的な感覚を持ち合わせていれば、違和感を感じるのも無理はありません。

そもそも深夜に女子中学生を深夜に飲食店に連れ出していることもおかしいのですが、父親の目を盗んで連絡先を交換してしまった女子中学生もおかしいと思います。

連絡先を交換するだけならまだ許されますが、別の店に移動した際に呼び出し、それにホイホイと付いていくのも極めて不自然で不可解な行動です。

このことより分かるのが、家族との時間が窮屈だったもしくは、単純に黒沢敬樹の顔がタイプで抱かれても良いと思っていた可能性です。

中学生ともなれば、学校での性教育に加えてネット上の情報などから性に対する様々な知識を得られることが出来ますし、知らない人であっても快諾してしまうことがあるのかもしれません。

ですが、殺害や暴行などの危険性が孕んでいるにもかかわらず、容易く知らない人に付いていくというのはあまりにもリスキーな行為であり、今後親や学校側などがしっかりと教育していくことが不可欠となってくるでしょう。

スポンサーリンク

黒沢敬樹の勤務先の特別支援学校はどこ?

そんな黒沢敬樹容疑者でありますが、県立の特別支援学校に勤務していたということですが、勤務先の学校は一体どこだったのでしょうか?

埼玉県教育委員会のホームページによれば、埼玉県内の公立の特別支援学校はこれだけあるのだそうです。

  • 上尾特別支援学校(県立)
  • 上尾かしの木特別支援学校(県立)
  • 入間わかくさ高等特別支援学校(県立)
  • 浦和特別支援学校(県立)
  • 大宮北特別支援学校(県立)
  • 特別支援学校大宮ろう学園(県立)
  • 春日部特別支援学校(県立)
  • 川口特別支援学校(県立)
  • 川越特別支援学校(県立)
  • 川越市立特別支援学校(市立)
  • 川島ひばりが丘特別支援学校(県立)
  • 騎西特別支援学校(県立)
  • 行田特別支援学校(県立)
  • 久喜特別支援学校(県立)
  • 熊谷特別支援学校(県立)
  • けやき特別支援学校(県立)
  • 越谷特別支援学校(県立)
  • 越谷西特別支援学校(県立)
  • さいたま市立さくら草特別支援学校(市立)
  • 特別支援学校さいたま桜高等学園(県立)
  • 特別支援学校坂戸ろう学園(県立)
  • 狭山特別支援学校(県立)
  • 草加かがやき特別支援学校(県立)
  • 秩父特別支援学校(県立)
  • 所沢特別支援学校(県立)
  • 所沢おおぞら特別支援学校(県立)
  • 蓮田特別支援学校(県立)
  • 特別支援学校塙保己一学園(県立)
  • 特別支援学校羽生ふじ高等学園(県立)
  • 東松山特別支援学校(県立)
  • 日高特別支援学校(県立)
  • さいたま市立ひまわり特別支援学校(市立)
  • 富士見市立富士見特別支援学校(市立)
  • 深谷はばたき特別支援学校(県立)
  • 本庄特別支援学校
  • 三郷特別支援学校(県立)
  • 宮代特別支援学校(県立)
  • 毛呂山特別支援学校
  • 和光特別支援学校(県立)
  • 和光南特別支援学校(県立)

黒沢容疑者は埼玉県深谷市岡里に在住しているということで、深谷はばたき特別支援学校や本庄特別支援学校などが勤務先として該当するのかもしれません。

スポンサーリンク

黒沢敬樹の事件から学べること

この事件から学べることは、知らない人に付いていくのがいかに危険なことであるかということです。

学校などの教育機関は口酸っぱく「知らない人についていくのはやめましょう」ということをしきりに教育していると思います。

それは今回のようん性犯罪に巻き込まれてしまうだけでなく、誘拐や監禁、連れ去り、暴行、ひいては殺人事件などの凶悪な事件に巻き込まれてしまう危険性があるからです。

小学生や中学生には防犯ブザーを身につけさせたり、GPS機能を有効化した携帯やスマホを持たせるなどの手段が有効的でありあますが、それ以前についていかないということを徹底的に親や学校などが教育することが再度重要となることでしょう。

何れにしても、ツッコミどころが多い事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。


スポンサーリンク

黒沢敬樹の事件と同時期に発生している事件について

 

東須磨小学校の校長・仁王美貴が無能すぎ!いじめを把握するも加害者を看過していた

 

東須磨小学校のいじめ加害者の先生の実名が特定される!現在は憔悴し、今後に大きな支障も

コメント

テキストのコピーはできません。