藤井裕也の顔画像がSNSから判明!ハンマー殴打の現場と動機判明で、精神疾患の可能性が

通り魔

出典:JNN

大阪府豊中市熊野町4の路上で女性がハンマーのようなもので頭を殴られるという事件が発生し、藤井裕也(ふじい ゆうや)容疑者が逮捕されました。

今回は、藤井裕也容疑者の顔画像や、犯行動機、現場や統合失調症などの精神疾患の可能性について迫ってみたいと思います。

藤井裕也がハンマーで女性を殴打 豊中市

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

4日午前9時ごろ、大阪府豊中市熊野町の路上で、「男が女を金づちでたたいている」と110番があった。大阪府警や豊中市消防局などによると、40代くらいの女性が頭や顔を金づちで殴られ、病院に搬送されたという。詳しい容体は不明。

大阪府警豊中署は、女性を金づちで殴ったとして、殺人未遂容疑で、近所に住む無職、藤井裕也容疑者(31)を現行犯逮捕した。「騒音のことでトラブルになっていた。殺すつもりはなかった」などと供述しているといい、同署が女性の身元や詳しい経緯を調べている。

現場は阪急宝塚線豊中駅から約1・7キロ東の住宅街。近所に住む70代男性は「現場にはとても大量の血が流れていて、怖くて近寄れなかった。こんな物騒な話は聞いたことがない。とても恐ろしい」と声を震わせていた。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

藤井裕也にについて

こちらが、逮捕された藤井裕也容疑者のプロフィールです。

名前:藤井裕也(ふじい ゆうや)

年齢:31歳

職業:無職

在住:大阪府豊中市

藤井祐也容疑者は、4日午前9時ごろ、大阪府豊中市熊野町の路上で、40代とみられる女性に対してハンマーのような金槌で複数から頭を殴った殺人未遂の疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

藤井裕也の顔画像がSNSから判明

では、藤井祐也容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、現行犯逮捕ということで、藤井裕也容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこで、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSを中心に藤井裕也容疑者のアカウンを調べてみた結果、本人ものと思われるアカウントを発見することが出来ました。

そのアカウントには、藤井裕也容疑者の顔画像などもバッチリと掲載されておりますが、信憑性が低いためにここでの掲載は控えさせて頂きます。

もしも、報道機関の顔画像をの紹介が「藤井裕也容疑者のSNSより」などという表記がされてありましたら、こちらでも紹介していきます。

もしも気になった方がいらっしゃいましたら、調べてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

藤井裕也のハンマー殴打の動機は騒音トラブル

では、藤井裕也容疑者のハンマー殴打の動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、藤井裕也容疑者は警察の調べに対して「騒音トラブルがあった。殺意はなかった」と容疑を一部否認しているということです。

つまり、ご近所間での騒音トラブルが原因だったのでしょう。

被害に遭われた女性に家がものすごくうるさかったのかもしれませんが、それを穏便に対処することなくハンマーでいきなり殴打するというのは言語道断であります。

また、藤井裕也容疑者は午前9時頃に襲っているわけですが、積年の恨みであればこの時間に被害女性がいることを知っていての犯行でありますし、殺意に関してももしかすればあったのかもしれません。

朝からうるさかったために衝動的にハンマーで殴ったというよりは、積年の騒音に対するストレスが爆発してしまった結果、計画的な犯行に及んだということが1番の動機なのではないでしょうか?


スポンサーリンク

藤井裕也がハンマーで殴打した現場がこちら

では、藤井裕也容疑者がハンマーで殴打したという現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:NNN

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

現場は、大阪府豊中市熊野町4丁目5-14にある路上で、付近には熊野田幼稚園や、豊中市立熊野田小学校などがある閑静な住宅街として知られております。

スポンサーリンク

藤井裕也は精神疾患や統合失調症だった?

そんな、藤井裕也容疑者でありますが、このような騒音トラブルから犯行に及んでいるということで、精神疾患だった可能性が浮上します。

そもそもそこまでうるさくないにも関わらず、藤井裕也容疑者が精神的な病や疾患等によって被害妄想が膨らんだり、勝手に隣人をうるさいと勘違いしてしまい、犯行に及んでしまったという可能性も考えられます。

統合失調症と呼ばれる精神疾患には、陽性症状の一つに幻聴や体感幻覚などの幻覚や被害妄想などの妄想体験など、様々な精神の不調が確認されることがあります。

専門家や病院の医師による診察でそのように判断されれば、統合失調症だと自分で分かりますが、病院などに行っていない場合、気がつかつかずに統合失調症になっている場合があるのだとか。

そんな統合失調症がどうかを自分で簡単に見分けられる方法があります。

統合失調症の見分け方

人にくすぐられたりすると、笑ってしまうことがあると思いますが、自分でくすぐっても笑いは起きないという不思議な現象があり、この現状は実はいまだに医学的に解明されておりません。

くすぐったりして笑いが起きるというのは猿やチンパンジーなどの霊長類でも確認されおり、進化論などでお馴染みのダーウィンも以下のような発言を残しております。

若いチンパンジーをくすぐってみると、脇の下が特にくすぐりに敏感であることがわかる――人間の子どもたちがそうであるように――そして笑いのような音が発せられた。

出典:dplay

一説には愛情表現の一種なのではないかと言われるくすぐりという行為ですが、ロボットにくすぐられても笑ってしまうため、基本的には違うと言われております。

しかしながら、重度の統合失調症を抱えた患者は、自分を自分でくすぐる事が出来るという研究結果もあり、もし自分が統合失調症かどうかを試したいのであれば、自分で自分をくすぐってみるといいのです。

「怒りを通り越して笑える」などという言葉ある通り、人間は自律神経がぶっ壊れると笑いがこみ上げてくるのだそうで、そうした自律神経に異常をきたしている状態がくすぐられている状態なのだそうです。

こちらの動画でも詳しく解説してあります。

統合失調症の人は常に自律神経に異常をきたしていることからも、自分で自分をくすぐる事が出来るのかもしれません。

スポンサーリンク

藤井裕也のハンマー殴打事件から学べること

この藤井裕也容疑者のハンマー殴打事件から学べる事は、生きている人間が一番怖いということです。

隣人トラブルや騒音トラブルというのはこの狭い日本においては発生する可能性が非常に高く、匿名性を重んじる日本人の特徴においては、より一層高くなることでしょう。

そのため、極力危ない人と思われる人とは関わりたくないと考えるのが一般的であり、できれば事件や面倒に巻き込まれたくないとするのが通説です。

話し合えばわかる人もいるかと思いますが、あくまで他人同士であり、ご近所付き合いなどのトラブルはなくなる事はないでしょう。

ひと昔前みたいに、子供は地域で育てるといった環境下であれば、隣の家の子供の面倒を見るなど地域社会が一つになって生活をし、騒音トラブルなどはなかったのでしょうが、昨今の閉鎖的な社会においてはそれは難しく、今回の事件のように癇癪を起こす人が出てくるのも無理はありません。

何れにしても、大阪府豊中市で発生したハンマー殴打事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。


スポンサーリンク

藤井裕也のハンマー殴打事件と同時期に発生してる事件がこちら

 

東須磨小学校のいじめ加害者の先生の実名が特定される!現在は憔悴し、今後に大きな支障も

 

東須磨小学校でいじめをした教員の名前や顔画像を特定か?実名が隠蔽される可能性も

 

福角町の通り魔殺人未遂事件の犯人を特定か?現場判明で、動機は性的暴行目的か

コメント

テキストのコピーはできません。