羽山和宏と羽山有布子の顔画像がこちら!残された長女や、一家の生活ぶりについても

殺人

出典:FNN

千葉県館山市の空き家で、3歳の女児の遺体が発見された事件で、警察は父親の羽山和宏(はやま かずひろ)容疑者と母親の羽山有布子(はやま ゆうこ)容疑者の2人を逮捕しました。

今回は、羽山和宏容疑者と有布子容疑者の顔画像や犯行動機、現場などについて迫ってみたいと思います。

羽山和宏と羽山有布子が引き起こした事件の詳細

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

千葉県館山市正木の家屋で1日未明、女児(3)の遺体が見つかり、県警は同日、父親で警備員羽山和宏(51)と母親の無職有布子(40)の両容疑者=同県君津市杢師1丁目=を殺人容疑で逮捕し、発表した。2人は容疑を認め、「借金で生活が困難になり殺害した」と供述しているという。県警は無理心中を図ろうとしたとみて調べている。
県警によると、2人は1日午前1時~1時半ごろ、家屋内で次女有依ちゃんの首を絞めるなどして殺害した疑いがある。県警は3日に司法解剖し、死因などを調べる。

和宏容疑者が両手で首を絞めるなどし、有布子容疑者は両足を押さえつけるなどした、と容疑者らは説明。その後、2人も死ぬつもりだったができなかったといい、午前3時過ぎに和宏容疑者が公衆電話から「娘の首を絞めて殺してしまった」と館山署に通報した。

駆けつけた署員が、服を着た状態で和室に仰向けで倒れている有依ちゃんを発見したという。顔から腹にタオルがかけられた状態で、現場で死亡が確認された。この家は和宏容疑者の実家で、普段は空き家だった。

出典:朝日新聞デジタル

 

羽山和宏と羽山有布子の2人の容疑者について

羽山和宏

こちらが、逮捕された羽山和宏容疑者のプロフィールです。

名前:羽山和宏(はやま かずひろ)

年齢:51歳

職業:警備員

在住:千葉県君津市杢師1丁目

羽山和宏容疑者は、妻の有布子容疑者と共謀して、1日午前1時ごろに千葉県館山市正木の空き家に娘の有依ちゃんの首を両手で絞めるなどして殺害し、遺棄をしたとして逮捕された人物です。

羽山有布子

こちらが逮捕された羽山有布子容疑者のプロフィールです。

名前:羽山有布子(はやま ゆうこ)

年齢:40歳

職業:無職

在住:千葉県君津市杢師1丁目

羽山有布子容疑者は夫である羽山和宏容疑者と共謀し、1日午前1時~1時半ごろに、千葉県館山市正木の空き家において、娘の有依ちゃんの首を絞めるなどして殺害した疑いで逮捕された人物です。

父親の羽山和宏容疑者が両手で首を絞め、母親の羽山有布子容疑者が両足を押さえる役割だったと言います。

 

羽山和宏と羽山有布子の顔画像がこちら

では、羽山和宏容疑者と羽山有布子容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のように顔画像が公開されておりました。

それがこちら

▼羽山和宏の顔画像

出典:FNN

出典:ANN

▼羽山有布子の顔画像

出典:ANN

出典:ANN

一見すると優しそうな雰囲気を醸し出しておりますし、決して娘さんの首を絞めて殺害するような顔には見えないのですが、残念ながら殺害をしてしまっていたのです。

スポンサーリンク

羽山和宏と羽山有布子が殺害した現場がこちら

では、羽山和宏と羽山有布子の2人の容疑者が殺害し、死体を遺棄した現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。

出典:NHK

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

現場は千葉県館山市正木3783にある民家の空き家で、神河鉱泉などが近くにある場所なのですが、Googleのストリートビューすらも入っていない田舎の地域であることから、現場付近の写真をご紹介することは出来ません。

周りを田畑や森に囲まれた自然豊かな場所であり、民家も点在しているということですが、この遺体発見現場は空き家であり、羽山和宏容疑者の実家なのだと言います。

 

羽山和宏と羽山有布子が娘を殺害した動機は無理心中

では、2人の容疑者が娘である有依ちゃんを殺害した動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、2人は警察の調べに対して「借金で生活が困難になり、殺害した。無理心中するつもりだった」と容疑を認める供述をしております。

さらには「みんなで死のうと思ったが死にきれず、警察に言うしかないと思った」など無理心中を示唆するような供述もしております。

つまり、羽山和宏容疑者と羽山有布子容疑者ら一家は生活が苦しくなってきたため、その生活苦から脱したいがために無理心中を試みようと娘の有依ちゃんを殺害したのです。

スポンサーリンク

羽山和宏と羽山有布子の2人の間には長女がいる

羽山和宏容疑者と羽山有布子容疑者の2人の夫婦でありますが、殺害されたのは次女であると言う事ですので、長女もしくは長男がいることになります。

逮捕容疑は、共謀して1日午前1時ごろ、同県館山市正木の民家で次女の有依ちゃんの首を両手で絞めるなどして殺害したとしている。

出典:毎日新聞

長女もしくは長男は一体何歳なのでしょうか?

亡くなった次女の有依ちゃんは3歳であるということを加味しても、4〜10歳くらいの年齢だったのではないかと思われます。

残された長女も可哀想でありますし、今後両親が妹を殺害したと言うとんでもない十字架を背負って生きていかなければならず、世間から殺人犯の子供と言うレッテルが貼られることとなりますので、厳しくさらに理不尽な未来が待ち受けています。

これは子供はどうする事も出来ませんし、抗えない運命なのですが、こうした最悪の思いを子供にさせないためにも、もっと世間が寄り添って助け合えればこのような惨劇にはならなかったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

羽山和宏と羽山有布子には市の担当者が何度か面会していた

毎日新聞などによれば、羽山和宏容疑者と羽山有布子容疑者一家は、2人が在住していた君津市の子育て支援の担当者が、何度か面会をしていたのだそうです。

同市によると、子育て支援事業の一環で、今年7月までに一家と4回面会しており、担当者は「両親とも面会しており問題はなく、順調な成育状況だと思っていた」と説明。

出典:毎日新聞

この情報が正しいのであれば、”順調”そうに見えたと言うことです。

借金苦などは目に見えて分かる訳ではありませんし、面会をしただけでは正直に話さない以外には知るすべもありませんから、市の担当者が順調と報告するのは無理もありません。

日頃からDVや虐待などがあれば、あざややせ細っているなど身体的な特徴が現れますから、目に見えるのですが、問題がないと判断されたということは日頃からのDVなどはなかったのでしょう。

市の担当者が羽山一家の異変にもっと早く気がつくことができれば、事件は未然に防げたのではないかとも思われます。


スポンサーリンク

羽山和宏と羽山有布子の近所からの評判

2人の容疑者をよく知る人物や近所から評判というのはどのようなものだったのでしょうか?

出典:ANN

人でいる時は肩車していたり手をつないだり仲良さそうでした。有依ちゃんを殺してしまったと聞いて絶対あり得ないと思った(近所の人)

(和宏容疑者が)こんなことをするなんて信じられない(現場の近くに住む高齢女性)

という肯定的な意見がある一方で、このような噂も囁かれております。

(家を)解体しなきゃいけないけど、金かけるの嫌だからそのままにして逃げた

出典:FNN

このことから分かるのは、周囲の評判は良かったものの、お金がかかることは一切せず、借金に苦しんでいたということでしょう。

スポンサーリンク

羽山和宏と羽山有布子の娘には同じ”有”の字が使われている

羽山和宏容疑者に殺害されたという娘の有依ちゃんでありますが、有布子容疑者と同じ”有”の字が使われております。

親の文字を継承するというのは日本独特の文化であり、徳川家などにも代表されるように親の名前に使用されていた文字を末裔まで脈々と受けがせるというものです。

この親の文字を子供につけるという命名方法の起源は、戦国時代にまで遡ります。

元々は、戦国時代に、主君が合戦において素晴らしい活躍をした家来や家臣に対し、自分の名前を分け与えた行為に由来しており、これを専門用語で偏諱と呼びます。

この命名法の由来の根底にある考え方として「たとえどのような場面でも主君である自分に忠誠を誓い、自分の器量を超えず、謀反などなど起こさないかつ寝首をかかれないようにするため」というのがあるのだそうです。

つまり、自分より超えて欲しくないという現れなのです。

この”有”文字がもし羽山和宏容疑者や羽山有布子容疑者の長女もしくは長男の名前にも採用されていたとすれば、殺人犯の字を継承することになりますので、子供にとっては最悪の事態になります。

スポンサーリンク

羽山和宏と羽山有布子の事件から学べること

今回、羽山和宏と羽山有布子の2人の容疑者は愛する娘を自分らの手で殺害してしまいました。

その動機が借金苦によるもので、無理心中をしようと試みた結果だったのですから驚きです。

子育てはお金がかかりますし、時として必要ないと思うかもしれませんが、子は鎹(かすがい)ということわざもある通り、子供がいるおかげで夫婦間の愛情が保たれたりするものです。

借金というのは子供のせいではなく、全て親の責任でありますし、その責任を全て子供に押し付けて殺害するというのは言語道断であります。

この事件から学べることは、借金苦に陥る前にしっかりと然るべき人や機関に相談する必要があるということです。

借金は世間的にマイナスのイメージがありますし、後ろめたさなどがあってあまり言いづらいのかもしれませんが、人を殺めることよりはよっぽどマシですし、それで借金から解放されるのであれば積極的に相談するべきであります。

何れにしても、亡くなった羽山有依ちゃんには心より、ご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク

羽山和宏と羽山有布子の事件に類似する無理心中の事件がこちら

 

萩潤子の顔画像を特定か?動機は生活苦による無理心中で、父親やヘリウムガスの入手方法も

 

平和幸,春美,空,世名の一家4人の顔画像!阿久根港の無理心中の動機や理由が酷すぎる

 

小川公乃の顔画像を特定か?璃紗・珠璃ちゃんの母親で、殺害した無理心中に至る理由は何?

 

矢作古川の白骨化遺体の身元は誰?殺人事件の可能性や犯人の名前や顔画像についても

コメント

テキストのコピーはできません。