高橋伸被告の顔画像がこちら!逃走の理由や動機、現在の居場所についても

事件

8月28日に東京地裁立川支部で懲役1年6月の実刑判決を受けて控訴中の高橋伸(たかはし しん)被告が逃走をしていたことが明らかとなりました。

今回は、高橋伸被告の顔画像と現在の居場所や逃走の理由、なぜ逃走したのかなどについて迫ってみたいと思います。

続報:高橋伸被告の身元引き受け人についてはこちらから↓

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても

高橋伸被告が逃走

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

恐喝未遂の罪で実刑判決を受けたあと病院で診察を受けるために勾留が停止されていた45歳の男が、決められた時間になっても拘置所に出頭せず逃走したことが分かりました。
東京高等検察庁が行方を捜査しています。

逃走したのは、ことし8月に恐喝未遂の罪で懲役1年6か月の実刑判決を受け控訴していた無職の高橋伸被告(45)です。
東京高等検察庁によりますと、高橋被告は病院で診察を受けるため、裁判所が1日午前8時半から午前11時半まで勾留の執行停止を認めましたが、決められた時間になっても東京地検立川支部に出頭せず逃走したということです。
診療には2人の身元引受人が同行することが条件になっていて、1日朝身元引受人が拘置所に車で迎えに来ましたが、その後いずれも行方が分からなくなっているということです。
東京高検は高橋被告の顔写真を公開するとともに、警視庁とも連携して行方を捜査しています。
東京高検は「被告が逃走する事案が昨今、住民に不安感を与えていると認識している。それを踏まえて必要があると判断し、顔写真を公表した。大変遺憾で出来るだけ早く収容できるよう努力します」と話しています。

出典:NHK NEWS WEB

続報:高橋伸被告の身元引き受け人についてはこちらから↓

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても

高橋伸被告について

こちらが、逃走をした高橋伸被告のプロフィールです。

名前:高橋伸(たかはし しん)

年齢:45歳

職業:不定

在住:不明

高橋伸被告は、今年8月、東京地検立川支部で、恐喝未遂の罪で懲役1年6カ月の実刑判決を言い渡されて控訴中だったのですが、病院での診療を理由に勾留を停止していた際に、裁判所に出頭せずに逃走をしたとして行方が分からなくなっている人物です。

続報:高橋伸被告の身元引き受け人についてはこちらから↓

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても

スポンサーリンク

高橋伸被告の顔画像がこちら

では、高橋伸被告の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のように高橋伸被告の顔画像が公開されておりました。

出典:AbemaTV

いつ撮影された写真かは分かりませんが、サイドは黒髪でトップは金髪という非常に奇抜な髪型としておりますし、メガネを着用することもあるのだそうで、それを着用してしまった場合、多少印象が変わることと思います。

現在の顔画像などについては明らかとなっておりませんし、特定することは出来ませんでしたが、この顔画像に見覚えのある方はお近くの警察署などに連絡することをお勧めします。

続報:高橋伸被告の身元引き受け人についてはこちらから↓

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても

スポンサーリンク

高橋伸被告の逃走の理由や動機は?

では、高橋伸被告の逃走の理由や動機は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、高橋伸被告は2019年9月26日に医療機関の診察を受けるため、高橋被告の勾留の停止を認めていたのですが、2019年10月1日の午前8時半〜午前11時半までの裁判所の出頭要請に応じなかったということです。

つまり、最初から医療機関への診察というのは逃走を捗らせるためのブラフであり、伏線だった可能性があるのです。

逃走の理由は単純に勾留されるのが嫌だった、もしくは早く自由の身になりたかった、裁判などしたくなかったなどの理由が考えられるでしょう。

ここで問題となってくるのが、勾留と呼ばれる行為であります。

続報:高橋伸被告の身元引き受け人についてはこちらから↓

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても

スポンサーリンク

高橋被告に停止が認められた勾留とは?

勾留とは、被疑者(容疑者)もしくは被告人を刑事施設や代用刑事施設に拘禁することを意味する刑事用語であります。

勾留とは簡単に説明すると、罪を犯した人物を施設に留めておくということです。

これには、罪証隠滅のおそれや住所が不定である場合、逃亡する恐れがある場合に勾留が適応され、裁判中はおろか起訴される前にも最大で20日間は勾留される事があるのです。

被疑者の身柄をどのようにするかは検察官の一任によって決まっており、起訴や不起訴、勾留の延長なども検察官の指示によって定められます。

保釈されればもちろん自由の身となりますが、裁判所が出廷命令を出せば保釈中であったとしても出廷せねばなりません。

つまり、高橋伸被告は、逃亡などの恐れがあるとして勾留されていたにも関わらず、医療施設などに行くといううまい嘘の口実を作って逃亡をしたことになるのです。

ちなみに、起訴後の勾留は最大で起訴後2か月とされており、継続の必要があると判断された場合には、1か月ごとに期間を更新できるのだそうです。

続報:高橋伸被告の身元引き受け人についてはこちらから↓

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても


スポンサーリンク

高橋伸被告の現在の居場所はどこ?

では、高橋伸被告の現在の居場所は一体どこなのでしょうか?

東京地裁立川支部の出廷命令を聞かずに、逃走をしたということであります。

どこの管轄区で逮捕されたのか分かりませんが、勾留されている身柄というのは警察署管内にある留置所と呼ばれる場所で勾留されますので、おそらく高橋伸被告は立川警察署の留置所にいたのではないかと考えられます。

少なくとも東京地裁立川支部の出廷命令が出されている背景を考えても、やはりその辺りが妥当なのではないでしょうか?

高橋伸被告の現在の居場所についてですが、立川支部らへんにいると考えると、東京の多摩地区(府中市,昭島市,調布市,国分寺市,国立市,狛江市,東大和市,武蔵村山市、武蔵野市,三鷹市,小金井市,小平市,東村山市,西東京市,清瀬市,東久留米市、青梅市,福生市,羽村市)などにいる可能性がありますが、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

続報:高橋伸被告の身元引き受け人についてはこちらから↓

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても

スポンサーリンク

高橋伸被告はどのような罪で逮捕されていたのか?

では、高橋伸被告は一体どのような罪で逮捕されていたのでしょうか?

報道機関の発表によれば、高橋伸被告は恐喝未遂罪で逮捕・起訴されていたということです。

恐喝罪と恐喝未遂罪はとみに、10年以下の懲役という罪が定められており、初犯であったとしても一発で実刑判決が下る恐れがあります。

もちろん、量刑が軽く、初犯で反省をしているなどの情状酌量の余地などがあれば、執行猶予が付くことがありますが、前科があったり被害額が大きい、社会的にものすごく影響があったなどの事件を考慮すれば、一発の実刑も無理はありません。

それを考慮すると高橋伸被告は初犯ではなく、前科持ちだったのではないかと考えられます。

続報:高橋伸被告の身元引き受け人についてはこちらから↓

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても

スポンサーリンク

高橋伸被告の逃走から学べること

小林誠受刑者や樋田淳也容疑者、平尾龍磨受刑者など、昨今では数多くの犯罪者が施設などから逃げ出す事例が発生しており、その度に世間の人々や一般市民に不安や恐怖などを与えてしまっています。

逃げ出した受刑者や犯罪者を取り締まる法律がないなど、法律の穴と呼ばれるものが数多く存在しており、今回も高橋伸被告の場合でも、勾留の執行停止が医療機関の診察という極めてゆるい理由であったために発生してしまっている気がします。

この事件から学べることはやはり、しっかりと受刑者や犯罪者が逃走できないようにする環境づくりと、逃走した後も逮捕できるような法整備をしっかりしなければならないということだと思います。

何れにしても、またしても発生してしまった犯罪者の逃走事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

続報:高橋伸被告の身元引き受け人についてはこちらから↓

高橋伸被告の逃走を手助けした身元引き受け人は誰?裁判所が受診を認めた理由についても


スポンサーリンク

高橋伸被告と類似する逃走事件がこちら

 

平尾龍磨受刑者の食糧が尽きない謎が解明される

 

樋田淳也(ひだじゅんや)と接見した弁護士は共犯の可能性が

 

小林誠は神奈川厚木でも超有名のヤンキー!再婚した嫁と自宅アパートも判明

コメント

テキストのコピーはできません。