織田信成にモラハラをした犯人は誰?過去の意味深ツイートから真相が判明か?

Twitterで話題

出典:Twitter

プロフィギュアスケーターとして活躍している織田信成さんが、指導している関西大学のアイススケート部監督を退任することを発表し、その理由がモラハラであることが判明しました。

今回は、織田信成さんのモラハラの内容や誰に何をされたのか?、さらにはモラハラの真相などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

織田信成さんがモラハラを受けたと告白

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

フィギュアスケート男子で2010年バンクーバー冬季五輪代表の織田信成さん(32)が30日までに、自身のブログを更新し、関大アイススケート部の監督を退任したのはハラスメントによる体調不良が原因とする内容をつづった。大学側は9日付で織田さんの多忙を理由に監督の退任を発表している。

織田さんは14年ソチ五輪の代表選考に敗れて13年12月に現役引退した後、17年4月に関大の監督に就任していた。織田さんは自身のブログで「関西大学アイススケート部監督辞任について」というタイトルで自らの意見を記し「多忙を理由に監督を辞任したわけではなく、また関西大学との話し合いの場で『多忙で監督として十分な時間が取れない』とは一言も話していません。辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ(モラルハラスメント、精神的暴力)行為があり、その影響で今年春ごろから体調を崩すようになり、辞任するまでの3カ月間リンクに行くことができなくなったこととそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです」と主張。7月に弁護士が同席して話し合ったが、大学側が約束した調査結果がなかったとしている。一方で、具体的なハラスメント行為などには言及していない。

 関大は「現在、ブログの事実を確認中」とコメントした。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

織田信成について

出典:産経ニュース

こちらが、織田信成さんのプロフィールです。

名前:織田 信成(おだ のぶなり)

生年月日:1987年3月25日

年齢:32歳(※2019年9月現在)

出身地:大阪府高槻市

出身校:関西大学大学院 文学研究科総合人文学専攻 身体文化専修博士前期課程修了

身長:164cm

体重:52kg

所属:トラロックエンターテインメント所属、関西大学

フィギュアスケート選手として活躍した織田さんがスケートを始めたのは7歳の頃でした。

母親の憲子さんが元スケート選手だったことと、信成さんの兄や姉もスケートをしていたため、信成さんも自然な流れでスケートを始めたと言います。

ジュニア時代から頭角を現し、2004-05シーズンには世界ジュニア選手権で優勝、ジュニアカテゴリーで世界一に輝きました。その後シニアに転向した後も活躍を続けます。年間を通して戦うグランプリシリーズや全日本選手権で好成績を収め、2010年のバンクーバー五輪に日本代表として出場、7位入賞を果たしました。

2013年の全日本選手権後に引退を発表すると、以降はフィギュアの解説やスポーツキャスター、さらには活躍の場を広げタレントとしても活躍しています。

ちなみに織田さんは、かの戦国武将織田信長の子孫としても知られ、その17代目の末裔にあたるといいます。

出典:geinoutime.com

スポンサーリンク

織田信成のモラハラの内容は何?

では、織田信成さんのモラハラの内容とは一体どのようなものだったのでしょうか?

織田信成さんの公式ブログ「氷上のお殿様 織田信成オフィシャルブログ by Ameba」では、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があったという内容を報告しております。

つまり、スケートリンクという現場にてモラハラがあったというのです。

モラハラとはモラルハラスメントの略で、倫理や道徳に反した嫌がらせのことを意味しております。

ドメスティックな内容の家庭内モラハラも問題視されている一方で、以下のように職場やや社会生活においてもモラハラというのは横行しております。

  • 無視をする
  • チームから仲間はずれにする
  • 陰口を言う
  • 誹謗中傷する
  • 馬鹿にしたような視線を送る
  • 冷笑する
  • 仕事に必要な情報を与えない
  • 過小な業務しか与えない
  • プライベートに介入してくる

職場内とはいえ、学校にあるようないじめの内容に近しいもので、主に暴言、いやみ、侮辱、陰口などがそれに該当します。

リンク内という特殊な職場環境ではあるものの、やはり無視をされたりいやみを言われたりするなどは最低の行為ですし、本人ではなく家族や友人などをバカにされるなどもモラハラに該当しますので、織田信成さんはもしかすれば奥さんや愛する子供のことを言われてのかもしれません。

具体的には、「織田信成さんのコーチングや指導が酷すぎる」「織田信成さんの子供って変らしいよ」などの言葉などがリンク内で聞こえてきたり、関西大学の関係者が公衆の面前で織田信成さんのダメ出しを必要以上にしたりするなどもそれに該当しますので、リンクに行きたくなくなることを加味すれば、もしかすればこのように厳しい口調のものがあったのかもしれません。


スポンサーリンク

織田信成にモラハラをした犯人は誰?

では、織田信成さんにモラハラをした人物は一体誰なのでしょうか?

織田信成さんは関西大学体育会アイススケート部のフィギュア部門の監督をしているということですが、関西大学には、学校が運営するフィギュアスケート部とは別に、関西大学創立130周年記念事業の1つとして誕生した特定非営利活動法人の関西大学カイザーズ総合型地域スポーツ・文化クラブが運営する「関西大学カイザーズフィギュアスケートクラブ」というものがあり、こちらにもフィギュアスケート部が存在しております。

関西大学のフィギュアスケート部の監督をしているということでありますが、織田信成さんに対してリンク内でモラハラをしたということで、完全にフィギュアスケートの関係者であることは間違いないでしょう。

関西大学の関係者や、学生の保護者、コーチスタッフ、関西大学たかつきアイスアリーナの従業員などがあり得ますが、非常に閉鎖的な空間であることは間違いありませんし、織田信成さんに対してモラハラをした犯人は現在のところ特定されておりません。

関西大学側は織田さんのモラハラに対しては、現在調査を進めているということでありますが、あまりにも対応が悪いために調査をするのかすら怪しいと思います。

スポンサーリンク

織田信成のモラハラに対する関西大学の対応が酷すぎる

そもそもこのモラハラの事件が発生したのは数ヶ月前の話であり、モラハラの件を弁護士に対して相談したのが2019年の7月だったのです。

今回の件で、7月に弁護士の方もふまえて関西大学と話し合いを行いました。

関西大学が調べて報告をあげるという事で結論に至り、そこから2ヶ月待ちましたが、誰がどのように調べているのかわからず、また結果報告もありませんでした。

出典:Ameba

しかし、7月からおよそ2ヶ月経過してもなお全く対応されていなかったということで、ここへきて織田信成さんが完全に戦う姿勢に乗り出したのです。

また、辞任するにあたって織田信成さんに対して関西大学はあくまで多忙が理由であるということを証言しており、モラハラの事実を隠蔽するような姿勢も見受けられたのです。

またどんな理由を言って辞めても嘘になるので、前向きな言葉だけで終わらせてほしいとお願いもしましたが、大学側から「あくまで多忙が理由」と証言する記事が出ました。

この件について公表する予定はありませんでしたが、辞任してから事実とは違う内容が関西大学側から発表され、精神的に耐えられず、今回自分の口で説明する事となりました。

出典:Ameba

事実とは違う内容で告発するというのは、酷すぎる対応とみて間違いないのではないでしょうか?

こうした対応の悪さに加え、モラハラがあったために関西大学での指導に嫌気がさしたり、ストレスから体調を崩してしまったりしたのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

織田信成のモラハラに対して意味深ツイート!真相は環境に原因が?

そんな織田信成さんでありますが、2018年8月10日に以下のような意味深なツイートをしております。

出典:Twitter

誰かを引き合いに出して褒める人たちというのがまさにモラハラの元凶であり、これが関西大学で発生している織田信成さんに対してのモラハラの真相なのではないかと考えられます。

日本人というのは、とにかく周りの人間と比較したり、自分と他人を比較したりすることを好む傾向にあり、これは職場でも家庭内でも、友人関係でも恋人関係でも必ず存在しております。

そのため劣等感に駆られてしまうと、今回のように誰かを引き合いに出して褒めたり、貶したりすることがあるのです。

もしかすれば、関西大学でモラハラをしたとされる人たちも、悪気があった訳ではなく、天然でやってしまったパターンも考えられるでしょう。


スポンサーリンク

織田信成さんの嫁などについてはこちらから

 

織田信成の家系図がスゴすぎる!嫁と子供の画像や、妻の茉由さんとの馴れ初めについても

コメント

テキストのコピーはできません。