岐阜県岐南町平成の殺人未遂事件の犯人を特定か?通り魔や被害者による自作自演の可能性も

通り魔

出典:ANN

30日午前4時ごろ、岐阜県岐南町平成の路上で男性が何者かによって刺されるという殺人未遂事件が発生し、衝撃が走っております。

今回は、岐阜県岐南町平成で発生した殺人未遂事件の、通り魔犯人が誰なのか、動機や現場などから迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

岐南町で殺人未遂事件が発生

産経ニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

30日午前3時50分ごろ、岐阜県岐南町の路上で、男性会社員(20)から「脇腹を刺された」と119番があった。男性は岐阜市内の病院に運ばれたが、意識はあり、県警岐阜羽島署が殺人未遂事件として捜査している。

同署によると、男性は自転車を押して歩いていたところ、突然刃物のような物で刺されたと説明している。刺したのは1人とみられ、現場から逃走。付近で刃物は見つかっておらず、同署が詳しい状況を調べている。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

岐南町平成の殺人未遂現場がこちら

では、岐南町平成で発生した殺人未遂現場は一体どの様な場所だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下の様な場所であったということです。

出典:ANN

こちらを調査してみた結果、以下の様な場所であることが判明しました。

おそらく、事件が発生したのは上記の場所からほど近い、以下の場所だったのではないかと考えられます。

現場は岐阜県羽島郡岐南町平成3丁目にある場所で、製作所や工業所などの事業者が数多く立ち並んでいる地域でもあるほか、田んぼや住宅地なども立ち並んでいる地域であるとして有名でもあります。

スポンサーリンク

岐阜県岐南町平成の殺人未遂事件の犯人を特定か?

では、岐阜県岐南町平成で発生した殺人未遂事件の犯人は一体どの様な人物だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、性別不明の何者かに刺されてしまったということです。

事件が発生したのは午前4時頃であるということでありますので、あたりは薄暗く、犯人の性別や顔などを見ることは出来なかったのだと考えられます。

そして、その犯人が逃走をしてしまっているということでありますので、現在のところ名前や顔画像などの情報は公開されておらず、特定するにも至っておりません。

こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

岐阜県岐南町平成の殺人未遂事件の犯人の動機は通り魔か?

では、岐阜県岐南町平成の殺人未遂事件の犯人の動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、自転車を押しているところを突然刺されたということでありますが、通り魔的な犯行だった可能性も十分に考えられるでしょう。

通り魔犯人の行動心理として、劣等感からくるものがほとんどなのではないかと言われております。

結婚しておらず、定職にもついておらず、親しい人間もいない。恋愛も仕事も友人関係もうまくいっていない。家族とも疎遠で、地域社会にもなじんでいない。現代社会で孤立した貧困層に忽然とあらわれるのが通り魔だ。生まれ育った家庭も機能不全に陥っており、他者から愛されることも愛することも知らないまま大人になったケースも多い。

出典:note

法務省が通り魔の行動心理についての調査をしているのですが、それによれば通り魔犯というのは一般的に、劣等感が強いケースがほとんであるということで、人生が思い通りにならないという強い恨みや怒りの原因を”社会全体”としているのだそうです。

そのため、自分が感じる劣等感は社会からくるものだと信じ込んでおりますから、その社会を構成するメンバーなら誰にでも攻撃性を向けてしまうという研究結果が発表されております。

つまり、今回の事件が通り魔犯人だったとするのであれば、その犯人は劣等感を持ち合わせていたという可能性も十分に考えられるでしょう。

スポンサーリンク

岐阜県岐南町平成の殺人未遂事件の犯人は被害者の知り合いだった?

通り魔的犯行の可能性を解説して参りましたが、これはあくまで被害者のことを犯人が知らなかった場合であり、もし仮に被害者と犯人が面識があるのだとすれば、それは怨恨による殺人未遂事件ということになるでしょう。

被害に遭われた男性は20歳の会社員であるということで、自転車を押している時に被害にあったと言われております。

被害者の知り合いだったとすれば、事件は発生した午前4時頃に被害者がその付近を通ることを予見できますい、薄暗い中でも被害者をターゲットにすることは可能であります。

スポンサーリンク

岐阜県岐南町平成の殺人未遂事件は自作自演の可能性も

あまりこのような説を検証したくはないのですが、通り魔殺人未遂事件というのは自作自演である可能性も秘めております。

2019年5月30日には、宮城県仙台市太白区で同様の通り魔事件が発生し、男性が刃物で刺されてしまったのですが、これがなんと自作自演であったというのです。

仙台市太白区の路上で29日夜、家族を通じて「刺された」と110番通報していた会社員の男性(51)が「自分で刺した」と話していることが30日、仙台南署への取材で分かった。同署ではこの男性による自作自演とみて、男性から詳しく事情を聴いている。

同署によると、29日午後10時半ごろ、男性の妻が110番通報。男性は左胸に軽傷を負っていたが、自力で帰宅していた。同署が事情を聴いていたところ、「仕事がつらかった」として自作自演を認めたという。

出典:産経ニュース

通り魔という無差別的な事件に巻き込まれたとなって入院をすれば会社に行かなくて済みますし、周りの人間は心配してくれて仕事を休むことが出来ると思われますので、そうした対応をしたのではないかと言われております。

この自作自演の事件の背景として、2019年5月28日には神奈川県川崎市で子供を含む2人が亡くなり、19人余りが死傷するという無差別通り魔事件が発生したばかりであったため、警察も世間もこうしたニュースに敏感になっていたため、男はそれを利用して自作自演をしたのではないかと言われております。

こうした過去の事例から考えられるのは、被害に遭われた20歳の会社員の男性が会社に行くのが嫌になって自作自演的に行ったということです。

側溝の草むらに包丁のような凶器が捨ててあったということを考えても、やはり自作自演の可能性は捨て切れないでしょう。

それはなぜかといえば、基本的に犯人は自分の犯罪の証拠に一番繋がる凶器などは持ち帰ることが基本であるためです。

スポンサーリンク

岐阜県岐南町平成の通り魔殺人事件に類似した事件がこちら

 

千葉市稲毛区萩台町の殺人未遂事件の犯人を特定か?被害者による自作自演の可能性も

 

太白区長町の通り魔事件で自作自演をした男の名前と顔画像!犯行動機や時期が酷すぎる

 

虎ノ門駅の通り魔事件の犯人を特定か?現場判明で被害女性の自作自演の可能性についても

コメント