茨城殺人事件の犯人は過去に防犯カメラに映った不審な人物か?真相や不審な点を解説

殺人

出典:グッディ!

茨城県境町の住宅で、小林光則さんと妻の小林美和さんが殺害された事件で、新たな情報が入ってきましたので、ご紹介します。

今回は茨城殺人事件の犯人が身近な人物のであるという情報や、過去の事件との接点、防犯カメラに写っていたという不審な人物などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

茨城殺人事件の犯人は夫の小林光則さんを真っ先に殺害

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

茨城県境町の住宅で会社員の小林光則さん(48)とパート従業員の妻美和さん(50)が殺害された事件で、美和さんによる110番通報時、光則さんの声や争う様子が確認されていないことが捜査関係者への取材でわかった。県警は、美和さんより光則さんが先に襲われた可能性があるとみて調べている

捜査関係者などによると、美和さんは23日午前0時40分ごろに「助けて」と110番通報。「痛い、痛い」と連呼し、1分ほどやり取りした後に電話が切れた。その後、警察官がかけ直したところ応答がなかったという。光則さんと美和さんは自宅2階の寝室にいたが、電話の音声からは光則さんの声は確認できなかった。

美和さんは首を刺され失血死。一方、光則さんは首と胸を中心に刺され、肺にまで達する深い刺し傷が致命傷となった。

また付近の住民から、「事件前、現場近くの路上で帽子をかぶりマスクをした男を目撃した」という内容の情報が県警に寄せられていることもわかった。襲われて重傷を負った中学1年の長男(13)が「帽子をかぶりマスクをつけた知らない男に襲われた」と話していることから、県警は犯人が事前に周辺を下見していた可能性もあるとみて調べている。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

茨城殺人事件の犯人は身近な人物か

この捜査状況の事実から分かることは、茨城殺人の犯人は身近な人物だった可能性が高いということです。

これまでの報道を整理すると以下のようになります。

  • 飼い犬に犬に吠えられていない
  • 真っ先に寝室に侵入(見知らぬ家の寝室を一発で見抜くのは不可能?)
  • 夫婦が2階で寝ていることを事前に知っている
  • 真っ暗中での犯行に躊躇がない

これを整理すると、やはり茨城県の殺人事件の犯人は小林光則さん・美和さん夫妻の身近な人物、特に、過去に家に出入りをしており土地勘に優れている人物の犯行だったのではないかと推測されるのです。

スポンサーリンク

茨城殺人事件の犯人は1階から侵入し真っ先に2階の寝室へ

茨城殺人事件の犯人でありますが、1階の無施錠の窓から侵入したことが明らかとなりました。

その後の捜査関係者への取材で、住宅は当時、玄関は施錠されていましたが、1階の窓など無施錠の箇所が複数あり、屋根や外壁によじ登った跡がないことが新たにわかりました。

出典:JNN

1階には長女が就寝していたはずですが、その長女を見向きもせずに、2階に直行しているということで、この理由は何なのでしょうか?

出典:産経ニュース

考えられる理由として挙げられるのは、犯人は、普段は一家が4人であると認識していたということです。

犯人はおそらく2階に夫婦の寝室があるということは事前に熟知していたと思うのですが、大学生の長女がたまたま帰省してて1階の部屋で就寝をしていれば、まず存在が認知されることはなく、無傷であることにも合点がいきます。

これらを全て加味しても、日頃より小林さん一家を観察することが可能であった人物が犯人だったのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

茨城殺人事件の犯人は小林美和さんを口封じのために殺害か?

茨城殺人事件の犯人は、2階にいる小林光則さんを真っ先に殺害したということでありますが、奥さんの小林美和さんは110番通報をしていたために、その口封じをするために殺害された可能性があるのです。

事件は23日午前0時40分ごろ、美和さんとみられる女性の「助けて」という110番通報で発覚。2階には電話機の子機があり、美和さんは通報直後に殺害された可能性がある。夫婦は2階寝室で死亡し、首や顔に鋭利な刃物による複数の傷があった。

出典:産経ニュース

110番通報をした際にはすでに光則さんの声は聞こえなかったということでありますので、その時点では犯人によって殺害されていた後なのかもしれません。

刺された傷は肺にまで達するほどの傷であり、ほぼ即死のような状態であるのですが、奥さんの小林美和さんは110番通報をしたために、口封じで殺害されてしまったか、110番を阻止するために殺害されたと考えると自然です。

元々、犯人は小林光則さんのみをターゲットにしていたところ、110番通報をしたことが犯人にとって余計なことだと判断されたため小林美和さんが殺害されたのかもしれません。


スポンサーリンク

茨城殺人事件の犯人が子供に危害を加えなかった理由

茨城殺人事件の犯人は2階の子供部屋の2段ベッドで寝ていた長男と小学6年の次女に対して、催涙スプレーのようなものをかけて身動きを封じているのですが、なぜ危害を加えなかったのでしょうか?

世田谷一家殺人事件などでは、動機は不明なものの犯人は子供も含む一家全員を殺害しているというおぞましい事件なのですが、この茨城の殺人事件では、犯人は子供の命を奪っておりません。

考えられる理由として挙げられるのは、以下のようなことがあると思います。

  • そもそも子供をターゲットにしていなかった
  • 身動きが取れなくなったことで、殺害する意味がない

もし仮に、犯人の目的である小林光則さんの殺害というミッションの遂行を邪魔していたのであれば、もしかすれば犯人は子供に危害を加えていたのかもしれませんが、催涙スプレーをかけてたりしたことにより、子供たちは恐怖で動けなかったということですから、殺害する必要はなかったのでしょう。

2階にいた4人全員を殺害することはさすがに体力がいりますし、単独犯での行動にも限界があるものだと思います。

スポンサーリンク

茨城殺人事件の犯人は過去に防犯カメラに映った不審な人物か?

この事件は、連日連夜報道がされておりますが、その中でも13:45 – 15:50に生放送されているフジテレビ系列のワイドショー番組「情報ライブグッディ!」にて、昨年11月に防犯カメラに以下のような不審な人物が撮影されていたのです。

出典:グッディ!

これは茨城殺人事件の現場付近で昨年11月に防犯カメラに捉えられた映像であります。

全身白色に見える格好でありますが、パーカーの裾をズボンの中に入れており、軍手に帽子にフード を被るなど、髪の毛などの体毛や指紋を残さないように徹底していることが見受けられると思います。

この防犯カメラに映った不審な人物が犯人だったのでしょうか?

もし仮にこの人物が犯人であった場合、なぜ11月頃に撮影されて犯行が今になったのでしょうか?

考えられる理由としては、以下のように防犯カメラに映像が捉えられてしまったため、犯行の時期をズラしたのではないかという説です。

もしくは、事前に下見などを繰り返していたという可能性もあり、それであれば自分の証拠(DNA鑑定に出されるような体毛など)を残さないような工夫をすることは分かります。

スポンサーリンク

茨城殺人事件の真相を過去の事例から考える

この茨城殺人事件についてですが、過去に発生した類似の事件を辿っていくと、何かヒントが隠されているかもしれません。

そこで、直近で発生している類似の事件で、いまだに犯人が見つかっていない事件を列挙してみました。

▼つくば市 夫婦殺害事件

つくば市東平塚の自宅で建築業、小林孝一さん(77)と妻の揚子さん(67)が殺害されているのが見つかった事件から来年1月1日で1年を迎えるのを前に、つくば中央署の捜査本部は25日、記者会見を開き、夫婦の足取りなど新たに分かった事実を明らかにした上で情報提供を求めた

(ー中略ー)

事件は1月1日午後4時40分ごろ、正月のあいさつに訪れた親族が夫婦の遺体を発見。孝一さんは2階の寝室でうつぶせに、揚子さんは2階廊下であおむけに倒れていた。死因はいずれも失血死。

出典:茨城新聞クロスアイ

こちらの事件は、今回の茨城殺人事件と同様に、茨城県つくば市の自宅で同じく夫婦が殺害されております。

つくば市と境町はおよそ40kmほどの距離がありますが、この事件は2018年の事件で未解決ということで、同じ犯人だったのかもしれません。

▼蕨市 男子高校生殺傷事件

16日午前3時半ごろ、埼玉県蕨市北町の住宅で「男に人が刺された」と119番通報があった。この家に住む東京都の私立高校2年の男子生徒(17)が刃物で首を切りつけられ、病院に搬送されたが、全治数週間の軽傷で命に別条はない。男は刃物を持ったまま逃走し、埼玉県警は殺人未遂容疑で男の行方を捜査している。

出典:産経ニュース

この事件は、2019年7月に発生しており、殺人事件ではないのですが、時間帯が就寝時間を狙っているのと、動機が不明確なことから類似しているとして列挙しました。

こちらも犯人が行方不明となっているため、もしかすれば茨城の殺人事件と関連性があるのかもしれません。

▼湯河原放火殺人事件

湯河原町宮下の住宅で平成27年4月、火事の焼け跡から額に包丁が刺さった無職、平井美江さん=当時(66)=の遺体が見つかった事件から21日で3年が経過。県警小田原署捜査本部は現場周辺や駅の防犯カメラに写っていた不審な人物が事件に関与していたとみており、重要参考人として行方を追っている。

出典:産経ニュース

この事件は、神奈川県足柄下郡湯河原町宮下にて発生した放火殺人事件であります。

この犯人の人物も無施錠だった扉を狙ったの犯行でありますし、類似点は多々あるのですが、放火をしているという点においてはもしかすれば今回の事件からは外れるのかもしれません。

しかしながら、犯人が逮捕されていないことを考えるともしかすれば同一犯である可能性もあるかもしれません。

▼パチンコ「高尾」社長殺人事件

名古屋市中川区のパチンコ機器メーカー「高尾」の車庫で、社長の内ケ島正規さん=同区尾頭橋3丁目=が刺殺されて見つかった事件で、愛知県警は11月14日、同社の防犯カメラに映った不審な男の映像を公開した。

出典:朝日新聞デジタル

こちらの事件も犯人が逮捕されていない未解決事件であります。

一見すると、パチンコメーカー高尾の社長と小林光則さんの関係性はないように感じますが、朝日新聞などが公開した防犯カメラの映像の犯人とされる人物が、茨城の殺人事件の不審人物の格好と酷似しているのです。

出典:朝日新聞デジタル

これらの全ての事件の犯人のいずれかが関与している可能性もありますし、それぞれに犯人がいるのかもしれません。

しかしながら、いずれの事件も酷似している点があることから、捜査の幅を広げるきっかけにもなるのではないでしょうか?


スポンサーリンク

小林光則さんの長女などについてはこちらから

 

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

コメント

テキストのコピーはできません。