福本聡容疑者の顔画像がこちら!現場と勤務先判明で、事故原因が酷すぎる

事故

出典:NNN

埼玉県川口市で学童保育の送迎車が小学3年生の男子児童をはねて死亡させる事故が発生し、車を運転していた福本聡(ふくもと さとし)容疑者が逮捕されました。

今回は、福本聡容疑者の顔画像や、事故原因、現場などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

福本聡容疑者が引き起こした事件の詳細

産経ニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

25日午後4時10分ごろ、埼玉県川口市元郷の市道交差点で、民間学童保育の送迎車が、道を横断していた川口市の小学3年、印南晴希君(9)の自転車をはねた。印南君は頭や胸を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。川口署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、送迎車のアルバイト、福本聡容疑者(74)=同市元郷=を現行犯逮捕した。

署によると、福本容疑者は「気付かなかった」と話している。署は容疑を過失致死に切り替えて調べる。送迎車はワゴン車で、後部座席に児童、添乗員が1人ずつ乗っていた。同容疑者を含め、いずれもけがはなかった。

送迎車は学童保育に向かう途中だったとみられる。印南君は友人宅へ向かっていたという。現場の交差点に信号機はなく、署が詳しい事故原因を調べている。

出典:産経ニュース

 

福本聡容疑者について

こちらが逮捕された福本聡容疑者のプロフィールです。

名前:福本聡(ふくもと さとし)

年齢:74歳

職業:学童保育送迎アルバイト

埼玉県川口市元郷

福本聡容疑者は、5日午後4時すぎ、学童保育の送迎のワゴン車を運転していた際、川口市元郷の信号機の無い十字路で、自転車に乗っていた小学3年生の印南晴希くんをはねた疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

福本聡容疑者の顔画像がこちら

では、福本聡容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下の様に福本聡容疑者の顔画像が公開されておりました。

出典:JNN

一見すると、福本容疑者は優しいそうな年配男性という印象を持ちますが、小学3年生の未来ある若者の命を奪ってしまったのです。

スポンサーリンク

福本聡容疑者が事故を引き起こした現場がこちら

では、福本聡容疑者が事故を引き起こしたとされる現場は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下の様な場所であったということです。

出典:NNN

こちらを調査してみた結果、以下の様な場所であることが判明しました。

現場は、埼玉県川口市元郷1丁目12にある防火道路であり、付近には川口市立元郷南小学校やレオ保育園川口などもあるため、速度制限は40km/hに定められております。

現場は、信号機の無い十字路でありますが、防火道路側は優先道路でありますので、車両は優先して通行することが可能です。

しかしながら、防火道路と交差をする道路は一時停止の標識があるため、必ず車両は一時停止をして左右の確認をしなければなりませんし、見通しもそこまで良い訳ではありませんから、事故が多発する交差点を見て間違いないでしょう。

 

福本聡容疑者の事故原因は何?

では、福本聡容疑者の事故原因は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して福本聡容疑者は「男の子に全く気がついていなかった」という趣旨の供述をしております。

後述しますが、福本容疑者が事故を引き起こした夕方の時間帯というのは、非常に事故が多く発生するのだそうで、被害男児に気がつかなったということも十分に考えられます。

もちろん、現場が見通しの悪い交差点であり、さらには信号機もないとなると急に飛び出してきたのかもしれませんが、福本聡容疑者の年齢が74歳と高齢であったために、気がつく速度や反射のスピードゴア鈍ってしたのかもしれません。

スポンサーリンク

福本聡容疑者が送迎をしてた学童施設について

福本聡容疑者でありますが、学童保育の送迎のワゴン車を運転していた際に事故を引き起こしておりますが、一体どこの学童保育所だったのでしょうか?

NNNの映像には、その事故車両が掲載されており、そこから福本聡容疑者が送迎をしていた学童施設が判明しました。

出典:NNN

こちらの画像から、福本聡容疑者が送迎をしていたのは埼玉県川口市川口3-2-5 リブレ川口一番街5号棟201号にある「Kids Duo 川口」であることが判明しました。

Kids Duoとは、英語漬けの環境で児童を預かる、新しいタイプの学童保育であり、学年・多人数のクラスの中で社会性や協調性、そして何より大切とされるコミュニケーション力を磨きながら、海外の文化と日本の文化のそれぞれ良い部分を吸収し、真の国際感覚を持った人間育成を目指していることでも知られております。

Kids Duoでは英語を”勉強”するのではなく、英語環境に身を置くということで、自然と英語に慣れ話せる様にすることが目的であるということで、ネイティブスタッフやバイリンガルの日本人スタッフが丁寧に指導し、英語環境を作り上げてくれます。

福本聡容疑者が運転していたのはそんなKids Duoの川口校のスクールバスで、ボディが黄色でカラーリングされていることが特徴のスクールバスであります。

また、現場からKids Duoの川口校までおよそ2.3kmの距離であり、以下の様なルートで送迎をしていたのではないかと推測されます。


スポンサーリンク

福本聡容疑者にはねられ死亡した印南晴希くんについて

福本聡容疑者が運転するスクールバスによってはねられてしまい、残念ながら亡くなってしまったのは小学校3年生の印南晴希(いんなみ はるき)くんという人物です。

現場周辺を自転車で走行していたということから、おそらくではありますが印南くんは川口市立元郷南小学校に通っていたのではないかと考えられます。

頭や胸を強く打っていて死亡したということですが、これは頭部が陥没し、欠損等で原型を留めておらず、治療不可能な状態のことさすニュースの隠語であり、ほぼ即死だったのではないかと考えられます。

亡くなった印南晴希くんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

福本聡容疑者が事故を引き起こした時間帯は、一番交通事故が多い

交通事故総合分析センターによれば、交通事故が発生する時間帯として一番多いのは夕方の16時〜18時前後なのだそうです。

出典:おもいやりライト

この原因としてあげられるのが、朝夕の出勤、帰宅の時間帯は車の通行量が多くなることがあげられますが、夕方は徐々に日が落ちていき、暗くなって視界が悪くなるのに加え、仕事で疲れていたり一日活動して脳がぼーっとしてしまっているため、注意力が散漫になってしまうことがあげられるといいます。

朝は比較的時間に余裕を持っている方も多く、歩行者も車の”安全”を意識しているのですが、夕方になると家に帰れるという安心感などが相まって、気が緩みがちになってしまうというのです。

今回、事故を引き起こした福本聡容疑者もまさにこの時間帯である午後4時10頃に事故を起こしておりますから、夕方の交通事故の多さに巻き込まれてしまったといっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

福本聡容疑者の事故から学べること

今回の事故で最も痛感したのが、高齢になって運転することが危険であるということと、免許の返納が大事であるということです。

福本聡容疑者はじめ、2019年は特に高齢者による交通事故が頻発しており、中でも被害者が今回の印南くんの様に小学生や幼稚園児、保育園児など未来ある若者であるケースがほとんであります。

高齢ドライバーによる事故の最たるものが、2019年4月に東京池袋で発生したプリウスの暴走事故であります。

これにより、高齢ドライバーによる免許の返納者が増えたというニュースもありましたが、今回もプライベートではなく、事業に従事している高齢ドライバーによって引き起こされてしまいました。

さらに、これが送迎中のバスの中に学童保育の生徒たちが乗っていたと思うとゾッとします。

高齢ドライバーの免許返納と、事故の危険性。

やはり、一刻も早く国も対策をしなければならないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

福本聡容疑者と同じ高齢ドライバーによる事故や被害者が若かった事故についてはこちら

 

飯塚幸三の現在がヤバい!上級国民だから雲隠れ?被害者への謝罪が適当な理由や逮捕されない真相も

 

新立文子の顔画像の情報がこちら!事故原因判明で、事故は未然に防げた可能性が

 

大津事故の記者会見動画が炎上!泣き崩れる若松ひろみ園長に、マスコミが非情な質問連発!