小林光則・美和さん殺害事件の犯人は?長女が無傷の理由やスリッパの謎、動機についても

殺人

出典:NNN

23日午前0時40分ごろ、茨城県境町若林の会社員小林光則さんの自宅で、この家に住む小林光則さんと、妻の小林美和さんの夫婦2人が殺害されるという事件が発生しました。

今回は、小林光則さん・美和さん夫婦の殺害事件の犯人の情報や、長女がなぜ無傷だったのか、犯行現場と動機などから迫ってみたいと思います。

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

スポンサーリンク

小林光則さん・美和さん夫妻が殺害される

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

23日午前0時40分ごろ、茨城県境町若林の民家から「助けて」と女性の声で110番があった。県警境署員らが駆け付けたところ、この家に住む会社員小林光則さん(48)と妻でパート従業員の美和さん(50)が2階寝室で倒れて死亡しているのが見つかった。2人の顔などには複数の切り傷があり、県警は殺人事件と断定し、同署に捜査本部を設置した。

県警によると、小林さん一家は、夫婦と大学3年の長女(21)、中学1年の長男(13)、小学6年の次女(11)の5人暮らし。長男は足や腕を切られ重傷を負い、次女は催涙スプレーのようなものを噴射されたとして、搬送時に両手のしびれを訴えていたという。長女にけがはなかった。

当時小林さん夫婦と長男、次女が2階、長女は1階で寝ており、4人は就寝中に襲われたとみられる。光則さんはあおむけ、美和さんは体の右側を下にして倒れており、2人の首や顔には刃物のようなものによる切り傷や刺し傷が複数あった。
110番したのは美和さんで、自分の名前を告げていた。県警は事件が起きた直後に、通報したとみている。
現場から凶器とみられる物は見つかっておらず、家には施錠されていない窓も複数あったことなどから、県警は外部から何者かが侵入して家族を襲ったとみて調べている。

出典:時事通信社

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

小林光則さんについて

こちらが、殺害された小林光則さんのプロフィールです。

出典:朝日新聞デジタル

名前:小林光則(こばやし みつのり)

年齢:48歳

職業:会社員

在住:茨城県境町若林

続柄:夫

小林光則さんは23日午前0時40分ごろ、茨城県境町若林の住宅で、何者かによって鋭利な刃物で刺された後、2階の寝室の布団の上で血を流して倒れているのが発見された人物です。

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

小林美和さんについて

出典:FNN

名前:小林美和(こばやし みわ)

年齢:50歳

職業:パート従業員

在住:茨城県境町若林

続柄:妻

小林美和さんは、小林光則さんの奥さんであり、郵便局でパート従業員をしているのだそうです。

今回の事件では、小林光則さん同様に2階の寝室で寝ているところを犯人に襲われてしまい、そのまま亡くなってしまった人物です。

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

スポンサーリンク

小林光則さん・美和さんの殺害の現場がこちら

では、小林光則さん・美和さんの夫婦が殺害された自宅現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:NNN

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

現場は、茨城県猿島郡境町大字若林3184-5にある民家であり、周りを木々に覆われているほか、周辺には民家などはなく、田畑や釣り堀などに囲まれたいわゆるポツンと一軒家ということになります。

近隣に街灯がないため、日が暮れるとあたりは真っ暗になるほか、この家は元々、亡くなった小林美和さんの実家なのだそうで、美和さんの父親が亡くなり、美和さんの母親が1人暮らしになったおよそ15年ほど前のタイミングで、小林さん一家が暮らし始めたと言います。

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

スポンサーリンク

小林光則さん美和さん夫婦殺害事件の犯人は?

では、小林光則さん・美和さん殺害事件の犯人は一体どのような人物だったのでしょうか?

現場は前述した通り、ポツンと一軒家という状態であり、周りを木々に囲まれているため、中の様子があまり分からないのですが、そうした反面、殺害する犯人にとっては周りから情報を遮断されますので好都合であるとも言えます。

捜査関係者の話によれば、小林光則さん・美和さん殺害事件の犯人は無施錠の2階部分から侵入した可能性があるということです。

捜査関係者によると、住宅は2階建てで、1、2階ともに複数の窓やドアに鍵がかかっていなかった。窓ガラスが割られたり、ドアの鍵が壊されたりした形跡は確認されておらず、何者かが無施錠の場所から侵入した可能性が高いとみられている。小林さんの家は他の住宅から離れた林の中にある。

出典:毎日新聞

また、犯人は催涙スプレーなどをかけたということで、用意周到な計画犯罪だった可能性が高くなります。

室内に荒らされた形跡などはなく、凶器なども見つかっていないということから、茨城県警は何者かが侵入し、一家を襲った可能性が高いとみて捜査を進めております。

付近を捜索した結果、住宅の外にスリッパが落ちていたという奇妙な光景も報告されておりますので、これはおそらく犯人が夫婦を殺害したのち、スリッパを履いたまま外に出て、脱ぎ捨てた可能性があるのではないかと考えられます。

しかしながら、小林光則さん美和さん夫婦殺害事件の犯人については名前、顔画像はおろか性別なども分かっておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

スポンサーリンク

小林光則さんの長女はなぜ無傷だったのか?

まず、この事件で被害にあったのは小林光則さんと美和さん、そして夫婦の子供である長男と次女が怪我をしたということですが、長女は無傷だったそうで、サイレンや物音で事件に気が付いたという証言をしております。

捜査本部によると、小林さんは子ども3人と夫婦の5人家族。殺害されたとみられる夫妻は2階におり、2階の「子ども部屋」の2段ベッドで寝ていた長男は重傷を負い、次女は「両手の痛み」程度の軽傷を負った。次女はスプレーのようなものをかけられたと話しているという。長男と次女は命に別条はない。1階の自室にいた長女にけがはなく、「物音やサイレンの音で気付いた」と話しているという。

出典:日刊スポーツ

もちろん、凶器などは残されておりませんし、外にスリッパなどがあったことから、外部犯の可能性があると見られているのですが、やはり自分だけ無傷であるということで、長女に疑いの目がかけられているのも事実のようです。

しかしながら、小林光則さんの長女は1階部分で就寝をしており、その1階部分はおそらく鍵がかかっており、犯人は無施錠の2階を狙ったため、21歳の長女は無事だったのでしょう。

出典:FNN

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

スポンサーリンク

小林光則さん殺人事件の犯人が残したスリッパの謎

前述した通り、犯人は履いていたスリッパを外に投げ捨てて逃走をしております。

本来であれば、まずスリッパを履くことはないと思うのですが、それでもやはりスリッパを履いているということでは、よほど警戒心が強い犯人だったと推測されるのです。

素足や靴下を履いて家に上がることはそれだけ、自身のDNAなどをなすりつけることになり、非常にリスキーな行為であることから、あえてスリッパなどを履いてそれをカモフラージュさせたのかもしれませんが、それをわざわざ家の外に放置しているのことが謎であります。

凶器などは持ち去るという計画性を持ちわせている犯人が、スリッパは脱ぎ捨てていくということで、非常に引っかかります。

何か意図などが隠されているのか、はたまた急に持ち帰るのが面倒くさくなったのか、逃走の妨げになると判断したのか?一体何だったのでしょうか?

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

スポンサーリンク

小林光則さん殺害の犯人の動機は何?

では、小林光則さん殺害の犯人の動機は一体何だったのでしょうか?

考えられる点として挙げられるのは、人間関係のトラブル、借金などの金銭トラブル、通り魔的犯行、そして物取りなどによる犯行です。

後述しますが、まず小林光則さんと美和さん夫婦は非常に人間関係が良く、トラブルなどは報告されていなかったということで、まずこの人間関係のトラブルという線は考えにくいでしょう。

さらに、物取りによる犯行は室内に荒らされた形跡などがないことから、こちらもありえないと思われます。

そうなればやはり、通り魔的な犯行だったということが考えられます。

犯人が衝動的に狙ったというよりは、計画的にこの家を襲撃しようと試みており、ただ単純に殺人をしたかったという可能性も考えられます。

一方、別の近所の女性によると、小林さん宅付近では最近、不審な人物が目撃されていたといい、「子供が小林さんの家の近くに遊びに行くときはついて行くようにしていた」と語った。

出典:産経ニュース

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

スポンサーリンク

小林光則さん・美和さん夫婦の近所からの評判

トラブルに繋がるような人間関係はなかったということで、小林光則さん・美和さん夫婦の近所からの評判についてご紹介していきます。

美和さんと一緒に地域の活動に取り組んでいたという近所の女性(69)は「夫婦そろって長男の野球の試合を観戦しに行っていたようだ。夫婦仲はとても良かった」と振り返る。小林さんが長男とキャッチボールをする姿もよく見かけたという。

出典:産経ニュース

 

長男と同じ野球チームに所属する男子中学生は、小林さんについて「すごく熱心に(長男へ)野球を教えている人だった」と明かした

出典:産経ニュース

 

殺害された小林美和さんの元上司は、「非常にお子さんを大事にしていらっしゃる方で、お子さんのためなんでしょうね、体調が悪くても、点滴を打ちながら、次の日一睡もしないで仕事に来ていた」と話した。

出典:FNN

 

これらを見る限り、やはりトラブルなどに巻き込まれるような人間ではないことはわかりますし、夫婦揃っていい人だったことが伺えます。

何れにしても、亡くなった小林光則さん、美和さん夫婦には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

続報:小林光則さんの長女が犯人は犯人ではなかったことが判明しました↓

小林光則の長女は犯人ではなかった!怪しいと言われる理由や無傷の真相、真犯人についても

スポンサーリンク

小林光則さん・美和さん夫婦殺人事件に類似する事件がこちら

 

飯干昌大は高千穂 6 人殺害事件よりも前に爆サイで誹謗中傷されていた!不倫や殺害状況の差異についても

コメント