進藤悠介と母親の馴れ初めはSNS!息子とは母親の愛情を奪い合うライバル関係だった?

殺人

出典:とくダネ!

さいたま市見沼区大谷の集合住宅敷地内で18日未明、市立大谷小学校に通う4年生の進藤遼佑くんが殺害された事件で、義父で32歳の進藤悠介(しんどう ゆうすけ)容疑者が逮捕されました。

今回は、進藤悠介(しんどう ゆうすけ)容疑者と母親との馴れ初めや、あまりにも身勝手すぎる犯行動機などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

32歳の義父・進藤悠介が逮捕される

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

さいたま市見沼区大谷(おおや)の集合住宅敷地内で18日未明、住人の市立大谷小4年、進藤遼佑(りょうすけ)君(9)が殺害されているのが見つかった事件で、埼玉県警は19日、死体遺棄容疑で遼佑君の父親で無職、進藤悠介容疑者(32)を逮捕した。県警は18日に続き19日も任意で事情聴取。当初、関与を否定していたが、同日昼に認める供述を始めた。

調べに容疑を認め、「殺してしまったので、見つからないように隠した」などと供述。県警は殺人容疑でも捜査する。

捜査関係者によると、遼佑君の死因は首をひものようなもので絞められたことによる窒息死で、死亡推定時刻は17日夕方とみられる。自宅からはひも状のものが複数見つかっており、県警は自宅で殺害したとみて、詳しい状況を調べる。

逮捕容疑は17日夕方ごろ、遼佑君の遺体を自宅向かいの空き部屋前のメーターボックス(縦約180センチ、横約60センチ、奥行き約40センチ)に遺棄したとしている。現場に争った形跡はなく、英会話塾で使っていたかばんが見つかった。

県警によると、悠介容疑者は母親(42)の再婚相手で遼佑君と血縁関係はない。遼佑君は17日午後3時15分ごろに下校して帰宅しており、悠介容疑者は在宅していた。

悠介容疑者は夜に仕事から戻った母親に対し、遼佑君が英会話塾に行ったなどと説明。帰宅しないため母親が塾に確認したところ欠席していたことが分かり、110番通報した。悠介容疑者は通報後の捜索にも参加していた。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

進藤悠介のプロフィールと経歴、生い立ちについて

こちらが、逮捕された進藤悠介容疑者のプロフィールです。

出典:Facebook

名前:進藤悠介(しんどう ゆうすけ)

旧姓:長島悠介(ながしま ゆうすけ)

年齢:32歳

職業:無職

在住:埼玉県さいたま市見沼区大字大谷391-1

続柄:義父

Facebookアカウント:進藤悠介のFacebook

進藤悠介容疑者は18日未明、さいたま市見沼区大谷の集合住宅の敷地内でこの住宅に住む進藤遼佑が殺害されているのが見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された人物です。

進藤悠介容疑者は広島県呉市出身であり、広島県広島市東区にある広島城北中・高等学校という学校を卒業後、東京都文京区白山 5-28-20にある東洋大学白山キャンパスに入学するために上京します。

東洋大学では社会福祉学科に在籍していたそうですが、東洋大学を卒業後は音楽関係の仕事についていたのだそうです。

もともとは、長島悠介という性名だったのですが、亡くなった進藤遼佑くんの母親と再婚をし、婿養子となったために苗字が変わり、”進藤悠介”となったのです。

近隣住民の話では、「母子家庭かと思った」、「姿を見たことがない」という印象がある一方で、「若くてすらっとした印象」と進藤容疑者を語る人もいるということで、実際にあった人とそうでない人の印象は雲泥の差があるのかなとも思われます。

また、近隣住民からの評判から進藤悠介容疑者は引きこもりだったことも判明しております。

進藤悠介の近所の評判から引きこもりだったことが判明

スポンサーリンク

進藤悠介と42歳の母親との馴れ初めはSNS通じて知り合った

では、進藤悠介容疑者と42歳の母親の馴れ初めは一体どのようなものだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、2人は何とSNSを通じて知り合ったということです。

出典:Twitte

母親と再婚をした期間についてでありますが、進藤悠介容疑者のFacebookには2019年3月1日に結婚をしたというライフイベントが追加されており、これが事実であれば、この日に結婚をしたことになります。

出典:Facebook

ですが、再婚の日については1ヶ月前という情報もありどちらが本当の情報なのか分かりません。


スポンサーリンク

進藤悠介の犯行動機は「本当の父親じゃない」と言われ、腹が立ったから

では、進藤悠介容疑者の殺害の動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、「息子が帽子を無くしたので探すように注意したら『本当の父親じゃないのに』と文句を言われ頭にきて殺した」という供述をしているということです。

義父ですから、こういうことを言われるのはある程度仕方のないことでありますし、覚悟を持たなければ子持ちの女性と再婚するのは厳しいと思われます。

帽子を無くしたことで口論となったようですが、実は進藤遼佑くんはものをよく失くす傾向にあったということで、そのことを母親は保護者面談などの日に学校側に相談していたのだそうです。

進藤君の母親は面談日に「(息子が)ものをなくしちゃう傾向がある。紅白帽がなくなっちゃった」などと相談を持ち掛けていたという。

出典:日刊スポーツ

母親としてはまさか自分の息子のものをなくす癖が殺害の引き金になろうとは夢にも思わなかったでしょう。

スポンサーリンク

進藤悠介は息子と母親との愛情を奪い合うライバル関係だった可能性が

Business Journalによれば、義父と息子は母親の愛情を巡ってライバル関係になりやすいということが判明しております。

母親が息子を連れて再婚した場合、義父と息子は母親の愛情をめぐってライバル関係になりやすい。母親が献身的に息子の世話をしたり、楽しそうに息子と話したりしているのを見て、義父が嫉妬し、不機嫌になるという話を聞くことも少なくない。

出典:Business Journal

これに加えて、亡くなった進藤遼佑くんは進藤悠介容疑者のことを「お父さん」とではなく、「悠介さん」と呼んでいたということで、進藤悠介容疑者は父親としてしっかりと認識されておらず、尊敬もされていないという不満やイライラを持っていたのかもしれません。

進藤悠介容疑者からすれば、42歳の再婚相手の母親は恋人でありますし、もし仮に1ヶ月前に再婚をしていたのであれば、まだ父親という感覚ではなく、恋愛の延長だと認識していたのかもしれません。

また、進藤遼佑くんでありますが、母親がシングルマザーとして、女手一つで育ててきたためにお母さん子であり、母親が大好きだったそうです。

そのため、母親からも愛情を注いで欲しいと思っていた進藤悠介容疑者と、お母さんっ子だったという進藤遼佑くんが母親の愛情を独り占めしたいと思い、衝突を繰り返していたのかもしれません。

スポンサーリンク

進藤悠介は息子とうまく信頼関係が築けなかった

自分の子供であれば、愛情をうまく注ぐことが出来ますし、信頼関係も築けるために、このような悲惨な事件にはならなかったと思うのですが、今回のように悲惨な事件になってしまったのは義理の父親という関係性が影響している気がします。

もちろん、義理の父親でもしっかりと信頼関係を築けば、本物の親子のように接することが出来ますし、息子を殺めるようなことには発展しないものと思われます。

しかしながら、義理の息子からすれば、義理の父親というのはいくら戸籍上は家族であったも、血が繋がっていない他人であり、それを受け入れるようになるまではものすごい時間と労力がかかります。

ましてや、物心ついたばかりの子供にその状況を理解するのは到底難しく、大人の身勝手な事情によって親が変わってしまうという複雑な家庭環境になってしまうのは、子供が可哀想でなりません。

何も罪のない子供を「本物の父親じゃない」と言われたくらいでカッとなって殺害してしまうような豆腐メンタルでは、再婚相手としてそもそも適していなかったのではないでしょうか?

進藤悠介に関連する記事はこちら

 

進藤悠介の経歴や生い立ち!動機は復讐のためで、母親との馴れ初めや引きこもりの評判についても

コメント

テキストのコピーはできません。