北島瑞樹はTwitterで自殺志願者を募集!家族に携帯回線を止められ、精神的に参っていた!

国内NEWS

出典:FNN

東京・池袋のラブホテルで布団圧縮袋に入った女性の遺体が見つかった事件で、埼玉県入間市在住の大東文化大学4年生、北島瑞樹(きたじま みずき)容疑者が逮捕されました。

今回は、北島瑞樹容疑者が被害者である荒木ひろみさんに殺害を頼まれたいう情報や、自殺願望があったなどの情報などをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

北島瑞樹容疑者が引き起こした事件の概要

サンケイスポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京・池袋のホテルの一室で女性遺体が見つかった事件で、警視庁池袋署捜査本部は18日、殺人の疑いで埼玉県入間市の私立大4年、北島瑞樹容疑者(22)を逮捕した。捜査本部によると、容疑を認め「手で首を絞めた」と供述している。

容疑は12日午後6~8時頃、東京都豊島区池袋1丁目にあるホテルで、荒木ひろみさん(36)=東京都江東区=の首を圧迫して殺害した疑い。

ホテルや周辺の防犯カメラには、現場から池袋駅方面に立ち去る白いマスクを着けた男の姿が写っていた。捜査本部がカメラ画像を解析。北島容疑者が浮上し18日に任意で事情聴取。自宅の家宅捜索で荒木さんの所持品が見つかった。動機や2人の関係を調べている。

荒木さんの遺体は、両足首がビニール製のひもで縛られ、手首には粘着テープが付着していた。布団圧縮袋のようなポリ袋に入れられた上、シーツでくるまれていた。12日午後8時半頃、ホテルから110番があり、事件が発覚した。

北島容疑者が住むマンションの近所の女性は、驚きを隠せない様子で「家族で住んでいたと思うが、付き合いがなかったのでどういう人か分からない」と話した。

出典:サンケイスポーツ

 

北島瑞樹について

こちらが、逮捕された北島瑞樹容疑者のプロフィールです。

出典:産経ニュース

名前:北島瑞樹(きたじま みずき)

年齢:22歳

職業:大学生

在住:埼玉県入間市豊岡5

北島瑞樹容疑者は、東京都豊島区池袋のホテル客室で袋に入った女性の遺体が見つかった事件で、被害者である荒木ひろみさんを殺害した疑いで逮捕された人物です。

北島瑞樹容疑者は大東文化大学の演劇サークル「劇団でろり庵」という劇団に所属しており、そのでろり庵がTwitter上で北島瑞樹容疑者のことを呟いておりました。

出典:Twitter

そして、このでろり庵のTwitter上には、以下のように演劇で活躍していた頃の北島瑞樹容疑者の姿もばっちり映し出されております。

出典:Twitter

すなわち、情報を整理すると北島瑞樹容疑者は大東文化大学に通っていた4年生で、演劇サークル「劇団でろり庵」に所属していたということになります。

演劇関係者の話によれば、「きたじいと呼ばれていた。いじられるタイプで本人もそれに乗る感じだった。こんな大それたことをするような人間には見えなかった」ということですので、目立つようなタイプではなく、人殺しなどをする感じには見えなかったということです。

スポンサーリンク

北島瑞樹はTwitterで自殺志願者を募っていた

そんな北島瑞樹容疑者でありますが、Twitterで自殺志願者を募っていたということが判明しております。

東京都豊島区池袋のホテル客室で袋に入った女性の遺体が見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された埼玉県入間市の私立大学4年、北島瑞樹容疑者(22)が事件前、ツイッターに「自殺志願者を募る」などと投稿していたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、北島容疑者がツイッターで女性を誘い出した疑いがあるとみている。

出典:YOMIURI ONLINE

つまり、北島瑞樹容疑者は自殺志願者だった荒木ひろみさんのことを殺害しようと思い、殺意を持って殺害したとされているのです。

北島瑞樹容疑者は「@mizukikannsou」というアカウント名でTwitterをやっていたのだそうで、こちらでやりとりをしていた可能性が高くなります。

出典:Twitter

残念ながらアカウントが非公開であり、ツイートを閲覧することが出来ないのですが、このプロフィール欄にはツイフィールと呼ばれる自らのプロフィールを掲載できるサービスのURLが載せられておりました。

このURLを確認すると、数多くの舞台に出演していたことが明らかとなります。

【活動記録】

劇団虚構(大東文化大学演劇部)

・2016年11月、大東祭公演2016
「月ノ海ニテ、君ヲ待ツ〜小林教授と水野助手の最後の冒険〜」異形のモノ達

・2017年4月、新入生歓迎公演2017
「桃太郎退治に行こう」旅人(演出)

・2017年6月、六月祭公演2017
「INSIDE」医師/男(脚本・演出)

・2017年11月、大東祭公演2017
「サマータイムレコード」バルベリス(脚本・演出)

・2018年2月、学外公演2018
「ある日、ぼくらは夢の中で出会う」カトウ

客演

・2019年3月
劇団でろり庵「わかなワールドの逆襲」石田康雄

このアカウント通じて、殺害された荒木ひろみさんとやりとりをしていたというのでしょうか?

荒木さんとは2019年8月にTwitterを通じて知り合い、やりとりをしていたということで、直接会うのは事件が会った日が初めてであるのだそうです。


スポンサーリンク

北島瑞樹は荒木ひろみさんに殺害を頼まれたと供述

亡くなった荒木ひろみさんとは初対面だったということを北島瑞樹容疑者は明かしているのですが、荒木ひろみさんを殺害したのは本人に頼まれたからだということを供述しております。

出典:FNN

北島容疑者は、「事件当日が初対面だった」と供述しているほか、荒木さんに頼まれて殺害したという趣旨の話をしていたという。

出典:FNN

つまり、自殺志願者であった荒木ひろみさんが自分で死ぬことが出来ずに、北島瑞樹容疑者に頼んで殺害してもらったということになるのです。

スポンサーリンク

北島瑞樹に殺害された荒木ひろみさんの自殺志願の理由は精神的に参っていたから

では、荒木ひろみさんはなぜ自殺を志願したのでしょうか?

文春オンラインなどによれば、殺害された荒木さんは精神的に参っていたということが言われております。

ここ最近、荒木さんは体調を崩していたという。家族が心配する最中、事件は起きてしまった。

「荒木さんは、このところ精神的に弱っていたようです。事件当時も、家族に携帯の回線を止められていて、周囲との接触が断たれている状態だった。荒木さんは無線LANなどを使ってネットに接続して、北島容疑者と接触したようです」

出典:文春オンライン

36歳の女性が家族に携帯回線を止められるというのは、よっぽどの事情があるのだと思われますし、何かものすごい事情があったのだと推測されます。

SIMカードの契約が切られ、WiFiスポットに行って接続して通信をしていたのだということですが、その間に自殺を支援するようなTwitterの投稿を見つけ、殺害を頼んだのでしょうか?

自殺志願だったといえ、精神的に参っていたとしても、ものすごい行動力だなと思ってしまいます。

スポンサーリンク

北島瑞樹が殺害する相手は誰でも良かったのか?

北島瑞樹容疑者はTwitterで自殺志願者を募っていたということでありますが、その相手は誰でもよかったのでしょうか?

2017年には神奈川県座間市で1人の男性が9人もの自殺志願者を殺害し、自宅アパートに遺棄していたというとんでもない事件が発生しましたが、この事件の犯人である人物は、最初の行動がエスカレートし、どんどんと”殺害”という行為が楽しくなっていったのだそうです。

最初のきっかけとして自殺志願者の内、誰かを殺害したのでしょうが、そのうち誰でも良くなり、殺害すること自体に快感を覚えていくというシリアルキラーになってしまったため、この座間の事件は世間が震撼したのです。

自殺志願者に頼まれたから殺害したという点においては、今回の事件も座間の事件も似ており、座間の事件を彷彿とさせるような事件となってしまいました。

いかなる理由があったとしても、殺害していいという理由にはならず、違った形で北島容疑者と知り合っていれば、荒木さんの命も救われたのかもしれません。

スポンサーリンク

北島瑞樹の大学などについてはこちらから

 

北島瑞樹の大学は大東文化!荒木ひろみさんとは接点が無く、動機や過去のトラブルも判明