進藤悠介の経歴や生い立ち!動機は復讐のためで、母親との馴れ初めや引きこもりの評判についても

殺人

出典:Twitter

さいたま市見沼区大谷の教職員向け集合住宅で18日未明、住人の市立大谷小4年進藤遼佑(しんどう りょうすけ)君が殺害されているのが見つかった事件で、義理の父親の進藤悠介(しんどう ゆうすけ)容疑者が逮捕されました。

今回は、進藤悠介容疑者の顔画像や経歴、近所での評判と犯行動機などについて迫ってみたいと思います。

続報:進藤悠介容疑者の詳しい犯行動機や母親との馴れ初めなどが判明しました↓

進藤悠介と母親の馴れ初めはSNS!息子とは母親の愛情を奪い合うライバル関係だった?

スポンサーリンク

進藤悠介が逮捕された事件の概要

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

さいたま市見沼区の集合住宅で、小学4年、進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった殺人事件で、埼玉県警は19日、遺体をメーターボックス内に隠したとして、死体遺棄の疑いで同居する義理の父親の無職、進藤悠介容疑者(32)を逮捕した。容疑を認めている。捜査関係者によると、殺害についても関与をほのめかしている。

捜査関係者によると、遺体発見の直後から、遼佑君が行方不明になった経緯などについて事情を聴いていた。進藤容疑者は母親(42)の再婚相手。

遺体は18日午前0時40分ごろ、電気のメーターなどを収納するメーターボックスの中で見つかった。靴を履いておらず、首をひも状のもので絞められたとみられる痕があった。

遼佑君が通っていた小学校の説明では、遼佑君は17日午後3時15分ごろ下校。午後6時ごろ、教員の母親が仕事から帰った際、自宅にいた進藤容疑者は遼佑君が英会話塾に行ったと伝えたが、実際には欠席していた。遼佑君は両親との3人暮らし。

出典:共同通信

スポンサーリンク

続報:進藤悠介容疑者の詳しい犯行動機や母親との馴れ初めなどが判明しました↓

進藤悠介と母親の馴れ初めはSNS!息子とは母親の愛情を奪い合うライバル関係だった?

進藤悠介について

こちらが、逮捕された進藤悠介容疑者のプロフィールです。

名前:進藤悠介(しんどう ゆうすけ)

年齢:32歳

職業:無職

在住:埼玉県さいたま市見沼区大字大谷391-1

続柄:義父

進藤悠介容疑者は18日未明、さいたま市見沼区大谷の集合住宅の敷地内でこの住宅に住む進藤遼佑が殺害されているのが見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された人物です。

ちなみに、報道機関の発表によれば、現在のところ進藤悠介容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこでInstagramやTwitter、FacebookなどのSNSを中心にアカウントがあるのかを調べてみたのですが、進藤悠介容疑者ものものと思われるアカウントは発見することができず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

追記:顔画像が公開されました。

出典:Facebook

スポンサーリンク

続報:進藤悠介容疑者の詳しい犯行動機や母親との馴れ初めなどが判明しました↓

進藤悠介と母親の馴れ初めはSNS!息子とは母親の愛情を奪い合うライバル関係だった?

進藤悠介の経歴や生い立ちについて

では、進藤悠介容疑者の経歴や生い立ちは一体どのようになっているのでしょうか?

進藤悠介容疑者が再婚したのはおよそ2年ほど前だということで、その頃から進藤悠介容疑者は事件のあった自宅に出入りしていたのだということです。

残念ながら、現在のところそれ以前の経歴や生い立ちについては公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

しかしながら、再婚相手の連れ子を殺害してしまうということで、よっぽどねじ曲がった性格であり、それを形成した生い立ちなどが壮絶だったのかもしれません。

人というのは家庭環境によって大きく左右されますし、進藤悠介容疑者の育ってきた環境ももしかすればあまり良いものではなく、親からの愛を上手く享受してもらわなかったという可能性もあるでしょう。

追記:ここからが追記です。

進藤悠介容疑者は広島県呉市出身であり、広島県広島市東区にある広島城北中・高等学校という学校を卒業後、東京都文京区白山 5-28-20にある東洋大学白山キャンパスに入学するために上京します。

東洋大学では社会福祉学科に在籍していたそうですが、東洋大学を卒業後は音楽関係の仕事についていたこともあったと言います。

旧姓は長島というそうで、長島悠介という名前でFacebookをやっており、そこに大まかな経歴や生い立ちが記載されてありました。

長島悠介のFacebook


スポンサーリンク

続報:進藤悠介容疑者の詳しい犯行動機や母親との馴れ初めなどが判明しました↓

進藤悠介と母親の馴れ初めはSNS!息子とは母親の愛情を奪い合うライバル関係だった?

進藤悠介と母親との馴れ初めは?

では、進藤悠介容疑者と再婚相手である42歳の母親の馴れ初めは一体どのようなものだったのでしょうか?

進藤悠介容疑者の再婚相手である42歳の母親は、もともと高校の養護教諭だったのそうで、剣道が上手な教師自身の年上の教師を結婚をしていたのだそうです。

もしかしたら職場結婚なのかもしれません。

その剣道の教師との間には2人の子供が生まれたのですが、亡くなった遼佑くんともう1人お兄さんがいるのだそうです。

埼玉県内に一戸建て住宅を購入し、家族仲良く暮らしていたのもつかの間、およそ4、5年という短い期間で離婚に至ってしまったのと言います。

亡くなった進藤遼佑くんの兄の親権は剣道好きの元旦那に渡ったため、進藤遼佑くんは母親の元に引き取られたと言います。

シングルマザーとして、女手一つで育ててきたために遼佑くんはお母さん子であり、母親が大好きだったそうですが、2年前に突如として再婚したために、その後進藤悠介容疑者との関係性はどのようなものかわかりません。

進藤悠介容疑者がどのようにして教員である母親と知り合い、結婚までに至ったのか分かりませんが、結婚した当初は進藤悠介容疑者もしっかりと職に就いており、将来のために安定した収入が得られ、進藤遼佑くんのためにもなると母親は思っていたということも考えられます。

追記:ここからが追記です。

結婚したとありましたが、どうやら3月1日に結婚をしているようで、2019年3月1日の20:45にその結婚したというライフイベントをFacebookに追加しておりました。

出典:Facebook

このことから察するに、進藤悠介容疑者は2019年つまり今年の3月に結婚したのではないかと推測されるのです。

出会った経緯ですが、SNSを通じて知り合ったということです。

出典:Twitter

スポンサーリンク

続報:進藤悠介容疑者の詳しい犯行動機や母親との馴れ初めなどが判明しました↓

進藤悠介と母親の馴れ初めはSNS!息子とは母親の愛情を奪い合うライバル関係だった?

進藤悠介の近所の評判から引きこもりだったことが判明

あまり、全貌が見えない進藤悠介容疑者でありますが、近所からどのような評判であったのでしょうか?

文春オンラインの発表によれば、以下のようなことがあるのだということです。

「学校で父親が集まる『パパ会』など親の参加する学校のイベントでも、遼佑くんのお父さんを見かけることはありませんでした。地域の交流にもほとんど参加しておらず、父兄の間でも、一体何をやっている人なのか、と話していたくらいです」

出典:文春オンライン

「遼佑くんはイエス、ノーをしっかり言えて、自分の意見をはっきり発言できる子でした。同居していた父親はふさぎ込むことも多く、ほぼ家にいて、遼佑くんとは折り合いがよくなかったという話は父兄の間でも出ていましたが……」

出典:文春オンライン

ふさがちで、家にずっといる状態だったという評判でありますから、本当に何をしている人なのかわからなかったのでしょう。

また、亡くなった進藤遼佑くんと同じ小学校に通う子供を持つ女性は事件の後、「母子家庭だと思っていた」と話すなど、社会との関わりを絶っており、社交的ではなく引きこもりだった可能性があるということです。

スポンサーリンク

続報:進藤悠介容疑者の詳しい犯行動機や母親との馴れ初めなどが判明しました↓

進藤悠介と母親の馴れ初めはSNS!息子とは母親の愛情を奪い合うライバル関係だった?

進藤悠介の犯行動機は母親への復讐か?

では、進藤悠介容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

自らの子供(血が繋がってい場合もそうでない場合も含む)を殺す場合、動機から以下のようなパターンが考えられるのだそうです。

  1. 望まぬ子供を消すための子殺し
  2. 慈悲による子殺し
  3. 配偶者への復讐のための子殺し
  4. 虐待の結果としての子殺し

1に関しては、42歳の母親の連れ子であるということで、望まぬ妊娠による子供ではありませんし、その子供を殺すということは考えられません。

2に関してですが、子供が実際に重い障害や病気を抱えていたり、自分の子供を残して死ぬのは不憫だと思って、父子心中的な考え方を持って殺害することがあるのだと言います。

3番に関しては、配偶者もしくは元配偶者(今回の場合では剣道好きの教師)を苦しめるために意図的にわが子を殺害するというパターンであります。

お母さんっ子でものすごい母親のことが大好きだったということもありますし、進藤悠介容疑者とは折り合いが悪かったという情報もありますから、母親が進藤悠介容疑者のことを放ったらかしにしてしまい、あまり相手にされないから邪魔になったのではないかと推測されるのです。

4番に関しては、毎日新聞などがDVなどの報告はなかったということを発表しておりますから、おそらく関係ないことでしょう。

捜査関係者によると、進藤君は母親と前の夫との子供で、父親と血縁関係はなかった。これまでのところ、一家に関するDV(ドメスティックバイオレンス)や虐待などの被害相談は確認されていないという。一家と親交のあった近隣住民は「進藤君には兄がいて、兄は前の旦那さんと同居していると聞いたことがある。進藤君は周囲に『お兄ちゃんを連れていかれてしまった』と寂しそうに話していたそうだ」と打ち明ける。

出典:毎日新聞

つまり、溺愛されている息子や自分に心を開かない息子に対しての復讐心が芽生えてしまった結果、殺害に至ったのではないかと考えると腑に落ちます。

「本当の親じゃないと言われ、腹が立って首を絞めて殺した」と供述しているのだそうで、やはり3番の理由が一番近いのかもしれません。

何れにしても、亡くなった進藤遼佑くんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

続報:進藤悠介容疑者の詳しい犯行動機や母親との馴れ初めなどが判明しました↓

進藤悠介と母親の馴れ初めはSNS!息子とは母親の愛情を奪い合うライバル関係だった?

進藤悠介容疑者の顔画像などに関してはこちらの記事から

 

進藤悠介の顔画像を特定か?動機は日頃からの虐待で、義父と連れ子の関係に起因か?

コメント

テキストのコピーはできません。