杉田ひろとが葛飾でいじめをした犯人!過去にも暴行の前科があり、今後逮捕される可能性が

Twitterで話題

Twitter上に女子中学生が、男子中学生から蹴られるなどの暴行を受けている動画が投稿されて、炎上する騒ぎとなっております。

今回は、葛飾のいじめの犯人が杉田ひろとさんであるという特定情報や、過去の暴行の事実、いじめに至った経緯について迫ってみたいと思います。

続報:この暴行事件の黒幕が判明しました↓

塚本のあが女子中学生暴行の黒幕!杉田ひろとの共犯者9名全員の名前も判明
今回は、この実行犯である男子中学生・杉田ひろとさんとその周りにいた嘲笑する共犯者9名の全員の名前、そして黒幕の塚本のあさんについて迫ってみたいと思います。
スポンサーリンク

葛飾で女子中学生がいじめられる動画が拡散される

東京都内で女子中学生が男子中学生から暴行を受ける様子を撮影した動画がツイッターに投稿されていることが5日、警視庁への取材で分かった。女子生徒は葛飾署に被害を相談。少年事件課や同署が暴行事件として調べており、周囲にいた子供らから事情を聴くなどしている。

同課によると、暴行事件は5月、江戸川区の河川敷で発生したとみられ、同区立の中学2年の男子生徒(13)が葛飾区立中2年生の女子生徒(14)に一方的に暴行を加えた疑いがある。2人は知り合いとみられ、同課が詳しい経緯を調べている。

投稿された動画では、男子生徒は女子生徒に対し、首を絞めたり、跳び蹴りをしたりしていた。事件当時、周囲には複数の子供らがおり、笑い声なども記録されていた。

出典:産経ニュース

 

続報:この暴行事件の黒幕が判明しました↓

塚本のあが女子中学生暴行の黒幕!杉田ひろとの共犯者9名全員の名前も判明
今回は、この実行犯である男子中学生・杉田ひろとさんとその周りにいた嘲笑する共犯者9名の全員の名前、そして黒幕の塚本のあさんについて迫ってみたいと思います。

葛飾でいじめがあった問題の動画がこちら

Twitter上には以下のように、葛飾で暴行をしたと言われる動画が公開されております。

最初に投稿したのは奈々さんという方のようで、動画を撮影した人物ではなく、関係者からのたっての希望で、拡散をして欲しいということで動画を公開した模様です。

この動画では、中学生と思しき白色のロンTを着用しアディダスの3本ラインが入ったジャージを着用した人物が、女性に馬乗りになって暴行を加える様子が映し出されているほか、さらには、ヘッドロックのようなものを行った際に、周りにいる人物らが嘲笑しているような感じも伺えます。

また、女性の声で「誰に対してのごめんなさいなの?」という風に煽るようなコメントも聞こえておりますので、いじめによる暴行とみて間違いないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

続報:この暴行事件の黒幕が判明しました↓

塚本のあが女子中学生暴行の黒幕!杉田ひろとの共犯者9名全員の名前も判明
今回は、この実行犯である男子中学生・杉田ひろとさんとその周りにいた嘲笑する共犯者9名の全員の名前、そして黒幕の塚本のあさんについて迫ってみたいと思います。

葛飾で女子中学生がいじめられた現場はどこ?

では、葛飾で女子中学生がいじめの被害にあった現場は一体どこなのでしょうか?

産経ニュースによれば、江戸川区の河川敷で発生したということでありますが、具体的な場所はすでにネット上で特定されておりました。

こちらの画像を元に、調査を進めてみた結果、以下の様な場所であることが判明しました。

こちらは、東京都江戸川区大杉4丁目にある新中川にかかる大杉橋の下の河川敷で、江戸川区立大杉第二小学校のすぐそばにあります。

スポンサーリンク

続報:この暴行事件の黒幕が判明しました↓

塚本のあが女子中学生暴行の黒幕!杉田ひろとの共犯者9名全員の名前も判明
今回は、この実行犯である男子中学生・杉田ひろとさんとその周りにいた嘲笑する共犯者9名の全員の名前、そして黒幕の塚本のあさんについて迫ってみたいと思います。

杉田ひろとが葛飾でいじめをした犯人

では、この被害にあった女子中学生をいじめの上に暴行をした犯人は一体誰なのでしょうか?

Twitter上では早くも、葛飾でいじめの上に暴行をした犯人の名前などが公開されております。

出典:Twitter

つまり、これを整理すると松江第三中学校に通う2年生の杉田ひろとさんという人物が、葛飾で女子中学生をいじめた上に暴行をした犯人であるということです。

ネット民の特定班は恐ろしいですね。

松江第三中学校は江戸川区立であり、産経ニュースの情報などでも江戸川区立の中学二年生であるということが言われておりますので、特定情報は間違っていないと思います。

さらに、この杉田ひろとさんですが、Instagramのアカウントなども特定されているということで、そのアカウントはすでにネット民から批判や誹謗中傷されるようなコメントが多く寄せられており、炎上状態となっております。

また、前述した拡散されている動画の音声をよく聞いていれば、1:20〜あたりに「ひろとのあれ!」という様な声も入っているのが確認出来ましたので、おそらく杉田ひろとさんで間違いないでしょうし、嘲笑している周りの女子中学生からは「ひろと、だって、ずっとこれだもん!」という言葉も聞こえてきますので、実行犯は杉田ひろとさんで間違いないと想像できます。

Instagramのアカウントに関してはこちらは確定している情報ではないのですので、ここでの公開は控えさせていただきまので、ご了承ください。

ちなみに、現場となった大杉橋の河川敷から松江第3中学校までは、以下の様な距離感であり、自転車で移動をしていたことが濃厚です。

スポンサーリンク

続報:この暴行事件の黒幕が判明しました↓

塚本のあが女子中学生暴行の黒幕!杉田ひろとの共犯者9名全員の名前も判明
今回は、この実行犯である男子中学生・杉田ひろとさんとその周りにいた嘲笑する共犯者9名の全員の名前、そして黒幕の塚本のあさんについて迫ってみたいと思います。

杉田ひろとにいじめられた被害女子中学生の名前は斎藤か?

では、杉田ひろとさんにいじめられた被害者の女子中学生はどの様な人物だったのでしょうか?

実は、杉田ひろとさんはInstagramの他に、Twitterなども特定されているということで、そこには、以下の様な投稿がされてありました。

出典:Twitter

ここツイートだけを見れば、斎藤さんという女子中学生が被害者だったのではないかと思われるのですが、産経ニュースの情報によれば、被害に遭われた女子葛飾区立中2年生の14歳の女子生徒であるということでありますので、おそらく斎藤さんというのは別の人物であり、他にムカつくことがあったのでしょう。

スポンサーリンク

杉田ひろとは過去にもいじめや暴行を繰り返していた

動画を全て音声ありでご覧になった方は分かると思うのですが、周りの人物らが杉田ひろとさんが被害者に対して「え、前回より全然?」と杉田ひろとさんに聞いており、それに対して「やってないだって」というやり取りをしているあたり、やはり、同じ様ないじめや暴行が過去にあったのだと推測されます。

動画から分かることは、この暴行や集団リンチはこれが1回目ではないということでありますし、何度かあったうちの一回がたまたま拡散されたのではないでしょうか?

”前回より”という言葉が出てくるということは、杉田ひろとはいじめ、暴行の常習犯としてこの様な蛮行を繰り返している何よりの証拠でありますし、しっかりと刑事罰を受ける必要があると思われます。

スポンサーリンク

続報:この暴行事件の黒幕が判明しました↓

塚本のあが女子中学生暴行の黒幕!杉田ひろとの共犯者9名全員の名前も判明
今回は、この実行犯である男子中学生・杉田ひろとさんとその周りにいた嘲笑する共犯者9名の全員の名前、そして黒幕の塚本のあさんについて迫ってみたいと思います。

杉田ひろとは今後逮捕される可能性が?

この事件を法律の観点から見てみましょう。

この事件はれっきとした傷害や暴行罪が適用される案件でありますが、その前に杉田ひろとさんは13歳であるということで、少年法が適用されます。

少年法は少年の保護事件、少年や一定の福祉犯罪を犯した成人の刑事事件に関する刑事訴訟法の特則を規定した日本の法律であり、主に未成年の犯罪者に対して適用されるものです。

主に、少年という未成年のくくりの中でも、0〜10歳、11〜13歳、14歳・15歳、16歳・17歳、18・19歳という年齢によって細かく罰せられる内容が異なり、杉田ひろとさんは13歳ということで、刑事責任年齢に達していないため、基本的に刑罰は受けません。

また、17歳未満であれば死刑は無期刑に、無期刑は20年以下の有期刑に減刑されるなどの待遇がある他、15歳未満は原則として刑事裁判を受けることはありません。

そのため、もし仮に逮捕や補導されることがあったとしても、少年院送致くらいが妥当な処分で、基本は保護観察処分にされるか、警察からの厳重な注意という処分で終わることでしょう。

スポンサーリンク

続報:この暴行事件の黒幕が判明しました↓

塚本のあが女子中学生暴行の黒幕!杉田ひろとの共犯者9名全員の名前も判明
今回は、この実行犯である男子中学生・杉田ひろとさんとその周りにいた嘲笑する共犯者9名の全員の名前、そして黒幕の塚本のあさんについて迫ってみたいと思います。

杉田ひろとはの今後は、逮捕よりも怖いネット私刑が待っている

逮捕され、厳正な判断のものと刑事罰が与えられた場合、刑に服して猛省をすれば社会復帰ももちろんできるのですが、昨今の場合、この様な胸糞悪い事件や炎上案件の場合、逮捕や刑事罰よりも怖いネット私刑と呼ばれるものが待っております。

前述した通り、すでに杉田ひろとさんはSNSアカウントを暴露されておりますし、ここから親、兄弟、住所、電話番号、生い立ちなどもネット上に晒され、デジタルタトゥーとして残ってしまうのです。

やりすぎかなとも思われますが、そもそもこうしたいじめや暴行行為をする方が圧倒的に悪いですし、それをスマホ動画で撮影するのも最悪の行為です。

どの様な経緯で流出したかは分かりませんが、ネットの怖さを思い知る結果となったことは否めません。

常磐道のあおり運転で宮崎文夫容疑者と同乗していた人物についてはネット私刑と称してデマが拡散されるなど、社会問題となりましたが、今回は間違いない情報でありますし、さすがにネット私刑は免れないでしょう。

嫌なら最初からやらなければいいだけですし、最悪やってしまったとしても動画に収めることをしなければ証拠は残らなかったために、ネット私刑まではされなかったと思います。

何れにしても、全ては杉田ひろとさんの身から出た錆であるのです。

スポンサーリンク

続報:この暴行事件の黒幕が判明しました↓

塚本のあが女子中学生暴行の黒幕!杉田ひろとの共犯者9名全員の名前も判明
今回は、この実行犯である男子中学生・杉田ひろとさんとその周りにいた嘲笑する共犯者9名の全員の名前、そして黒幕の塚本のあさんについて迫ってみたいと思います。

あなたにおすすめの記事

 

東須磨小学校のいじめ加害者の先生の実名が特定される!現在は憔悴し、今後に大きな支障も
今回は、東須磨小学校でいじめをした加害者の先生の実名の特定情報や顔画像、パワハラなどの真相について迫ってみたいと思います。

 

葛飾で暴行をした犯人の名前は杉田ひろとと特定!インスタ判明で、過去にもリンチをしていた
今回は、葛飾区で中学生が暴行する動画の犯人が杉田ひろとさんという情報や、暴行の動機などについて迫ってみたいと思います。

コメント

  1. 通りすがり より:

    名前も顔もだして 事件としているようですがそのすべてに証拠がありません。
    警察に動画を理由に 捜査を依頼すべきだと思います。 通報というやつですね。

     この動画は暴行が映ってますが よく映画の主人公も悪役も 暴行を行います。
     道具の用意もなく、拉致の様子もありません。
    記事作成者は事実がわかる前に なぜ 怒っているのです? 病気なのでしょうか。

     そこに関わって不当な暴力であった場合、それ以上の悲劇回避を望む という姿勢ではありませんよね。
     これだけ異常な貶め工作で攻撃態勢を示しているのに 事実を求めることがない。

     これでは まるで、捏造・冤罪工作です。

     けられたりしているのは事実でしょう。
    そのような場所に お出かけ用の私服で一緒にやってきてます。
     不審に思って真っ先にあるのは、兄弟喧嘩ですが・・・。
    そうではないのですよね? このサイト内では。 なんで?

     可能性は 何通りも浮かびます、でも 事実を全くわからない閲覧者は 思いもよらない重大な犯行かもしれないと考えるでしょう。
     ですが、すでに息の根を止めようと法治国家で私刑活動を扇動している 記事作成者には全く理解も同意も使用がありません。 何がどうしたんです? 頭がどうかしてませんか?
     犯罪ですよ? 私刑も、その扇動も、冤罪工作も、住所氏名特定拡散も、しかも、全く事実無根(部外者の立場)の事柄と絡めて 多くの人を攻撃加担者にしようとしてる。
     そういうのを 海外では カルトテロリストといい、異常者としてます。
     一部切り抜きから 現実の特定… まったく脈絡がない。 作成者の陰険な攻撃性しか見えてこない。 自分が考えて通報したんですよね? どこの警察にいつしました?
    担当者の名前は? で、どのような答えを得て、こういう犯行を行わなければならないと信じたのです? あなたの使命だと思ったわけは?

     あなたの記事は、家族の崩壊や、多くの人を騙して罪を犯させようとする 集団ストーキング特有の「功徳詐欺」のようですよ。 違うなら、質問を 埋めてもらえないでしょうか。

     ちなみに 甲南大で部長による「横領・捏造工作」で 「ブラックリスト入り」された大学生が自殺した事件を調べようとしたら 甲南大関連ではこういったカルトテロ系の事件だらけなのに驚いてます。 死人もいれば、収監された人も、さらに釈放された犯人に襲われた人も、いろいろありますね。 なんか、人種が違うというか、おつむがおかしい。
     決めつけている人こそ、おかしい人 ですよね・・・ ふつうは。