横浜ブルーラインで居眠りをした運転士は誰?名前と顔画像を特定?原因は安全装置の誤作動か?

国内NEWS

出典:NNN

神奈川県の横浜市営地下鉄ブルーラインで、運転士が居眠り運転をしていたことが明らかとなりました。

今回は、横浜ブルーラインで居眠りをした運転士が誰なのか?名前や顔画像、居眠りの原因などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

横浜ブルーラインで運転士が居眠り

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

29日午前8時35分ごろ、横浜市営地下鉄ブルーラインの回送電車が、踊場駅(同市泉区)の引き込み線でオーバーランし、前方の壁に衝突した。男性運転士(42)が両膝に軽傷を負った。乗客はいなかった。市交通局によると、運転士は「居眠りをしてしまった」と説明している。

電車は踊場駅で乗客を降ろした後、折り返すために引き込み線に入り、本来の停止位置を約30メートル過ぎて壁に衝突。先頭から2両目までが線路から落ち、窓ガラスが割れるなどした。

ブルーラインは29日、快速電車の運行をとりやめ、全てのダイヤを普通電車で運行する。

ブルーラインでは6月に線路から撤去し忘れた保守点検用装置に電車が乗り上げ、脱線する事故があり、7月に作業員らが停職などの懲戒処分を受けたばかり。

出典:共同通信

スポンサーリンク

横浜ブルーラインで居眠りをした運転士は誰?

では、横浜ブルーラインで居眠りをした運転士は一体誰なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、この運転士は42歳の運転士であるということで、29日の午前8時35分頃、市営地下鉄ブルーラインにおいて、客を全て降ろした後、折返し運転のために引込線に進入したところ、本来の停止位置を越えて前方壁面に接触してしまったということです。

42歳ということで、実績もさることながら、ベテラン運転士の域に達しているということも考えられますが、居眠りによってその信頼と実績が大きく地に落ちてしまうことは言うまでもありません。

ちなみに、この居眠りによる事故が原因で、42歳の運転士はかすり傷などの軽いケガをしてしまったということです。

スポンサーリンク

横浜ブルーラインで居眠りをした運転士の名前と顔画像を特定か?

では、横浜ブルーラインで居眠りをした運転士の名前と顔画像などは公開されているのでしょうか?

不祥事であるということですが、居眠りであり乗客に迷惑をかけているわけでもありませんし、犯罪行為でもないために、42歳の運転士という表現までにか止まっておりません。

そのため、報道機関なども名前や顔画像を公開しておりませんし、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

しかしながら、先月25日にはJR外房線で居眠り運転をしているという運転士がTwitter上にアップされ、大きな話題を集めましたので、もし仮に居眠りが乗客を乗せているときにも起こっていたとすれば、外房線のようにTwitterユーザーによって晒されるのかもしれません。

スポンサーリンク

横浜ブルーラインで運転士が居眠りをした理由

では、横浜ブルーラインで運転士が居眠りをしてしまった理由は一体何だったのでしょうか?

横浜市の公式の発表によれば、以下のようなことが挙げられておりますが、直接的な原因の究明には至っておりません。

当該列車運転士から引込線進入時に居眠りをしてしまったとの報告がありました。

今後、詳細な原因については調査いたします。

出典:横浜市

8時35分頃に眠気が襲ってくるということで、当直明けであった可能性もありますし、前の日飲みすぎたり夜更かしなどをして寝不足だったのかもしれません。

プロとしてはあるまじき行為ではあるのですが、もし仮に以上の理由があったとすれば、由々しき問題であります。

スポンサーリンク

横浜ブルーラインでは居眠り以外にも脱線事故が発生したばかり

2019年6月には、横浜ブルーラインで脱線事故が発生しております。

横浜市営地下鉄ブルーラインで6日早朝、始発列車が脱線した。この事故で、湘南台―踊場(おどりば)間は終日運転を見合わせ、同区間の運行再開は早くても9日の始発からになる見通しだ。

出典:朝日新聞デジタル

この脱線事故の原因なのですが、線路上にある「横取り装置」と呼ばれる器具に乗り上げたことがきっかけで発生しており、終日運転を見合わせるなど多くの乗客に影響が出ました。

横取り装置とそもそも、保守車両が側線から本線に乗り入れるときに手動で設置する金属製の器具のことであり、事故が発生する前日の未明に、作業員数人が正常に使えるかどうか点検したそうですが、作業後に取り外すのを忘れ、線路にかぶせたままだったために、脱線事故を引き起こしてしまったそうです。

つまり、脱線事故は横浜ブルーライン側の過失であったということです。

スポンサーリンク

横浜ブルーラインは安全装置が作動しなかった?

居眠りでなかったとしても、運転士の急な心臓発作や病気などによって意識を失い、運転をすることが困難となる場合もあるため、JR各社の車両になどにはデッドマン装置やEB装置と呼ばれる車両を緊急停止するような装置がつけられております。

横浜ブルーラインにも2009年の車両改定によってデッドマン装置が導入されております。

EB装置とは、一定時間運転操作をしないと非常ブレーキがかかる緊急列車停止装置のことで、デッドマン装置とは運転士が死亡・意識不明などの事態に陥ったときや、不用意に運転位置を離れた際に自動的に動作して事故を防止する装置のことを指します。

デッドマンとはDead Manというスペルであり、まさに「運転士が死んで車両が暴走するのを防ぐ」という意味に由来をしております。

つまり、居眠りによって一定期間操作をしなかった場合には、車両は安全に停止するように制御されておりますので、そこまで心配する案件でもないのですが、今回は壁に衝突するなどしておりますので、安全装置が作動しなかった可能性が考えられます。

考えらうる理由としては、市営地下鉄ブルーラインの踊場駅で折り返す際に、一定期間操作をしないという一定期間に該当するだけのスペースがなかった可能性もありますし、車両そのものに不具合があったということもありえます。

何れにしても、横浜ブルーラインで再び引き起こされてしまった不祥事による事故であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

JR外房線で居眠り運転を投稿した撮影者は誰?名前や顔画像、運転士の情報についても
今回は、JR外房線で居眠り運転をした運転士は一体誰なのか?や撮影者の情報、居眠り運転の原因などについて迫ってみたいと思います。

 

コメント