近畿大学で盗撮をした30代准教授の名前や顔画像を特定か?女子トイレ侵入の動機が酷い

国内NEWS

出典:近畿大学

近畿大学の理工学部の准教授が、女性のスカート内を盗撮したとして解雇処分になっていたことが明らかとなりました。

今回は、この盗撮をした近畿大学の30代准教授の名前や顔画像、動機や諭旨解雇の意味などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

近畿大学准教授が盗撮で解雇される

ニッカンスポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

近畿大は28日、駅で女性のスカートの中を盗撮したり学内の女子トイレに侵入したりしたとして、理工学部の30代男性准教授を諭旨解雇処分にしたと発表した。27日付。

近畿大によると、准教授は6月29日午前、大阪府東大阪市の近鉄駅構内で、女性のスカート内をスマートフォンで盗撮。さらに、その後の大学の聞き取り調査に対し「学内の女子トイレで盗撮をした」と話した。府迷惑防止条例違反や建造物侵入などの疑いで府警の任意捜査を受けていた。

近畿大は「被害者と学生におわびする。今後、教職員のコンプライアンスを徹底し、厳正に対処していく」とのコメントを出した。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

近畿大学で盗撮をした准教授は誰?

では、近畿大学の准教授でスカートの中身などを盗撮したとされる人物は一体誰なのでしょうか?

近畿大学のホームページには、以下のように処分に該当した准教授について記載されておりました。

学校法人近畿大学は、本学教員に対して下記のとおり懲戒処分を決定しましたのでお知らせします。
当該教員は、本学懲戒委員会での審議を経て、学校法人近畿大学職員就業規則第53条に定める懲戒事由「刑罰法規に該当する行為等、職員として不適当な行為をしたとき。」に該当することが認められました。
本件の事案は教育に従事する者として決して起こしてはならない行為であり、本学としても重く受け止め処分いたしました。被害者の方および本学の学生に対し、心よりお詫び申し上げます。今後、教職員のコンプライアンスを徹底するとともに、不適切な行為に対しては厳正に対処してまいります。

1 事案の概要
当該教員は令和元年(2019年)6月29日、大阪府内においてスマートフォンを用いて女性のスカート内を盗撮する行為を行い、大阪府迷惑防止条例違反で大阪府警察に検挙された。
また別件として、スマートフォンを用いて盗撮を行う目的で近畿大学構内の女子トイレに侵入したとして、建造物侵入罪および軽犯罪法違反(窃視)の疑いで検挙された。

2 処分の内容
(1) 当該教員:准教授(30歳代、男性)
(2) 決定年月日:令和元年(2019年)8月27日
(3) 処分内容:諭旨解雇

出典:近畿大学理工学部

この内容から考えられるのは、近畿大学の理工学部に在籍している30代の男性の准教授であるということです。

理工学部には以下のような学科があり、その中のどこかに在籍している准教授であることは間違いなさそうです。

【近畿大学・理工学部】

  • 理学科:数学コース
  • 理学科:物理コース
  • 理学科:化学コース
  • 生命学科
  • 応用化学科
  • 機械工学科
  • 電気電子工学科
  • 情報学科
  • 社会環境工学科

スポンサーリンク

近畿大学で盗撮をした30代准教授の名前や顔画像を特定か?

では、近畿大学で盗撮をしたとされる准教授の名前や顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関並びに、近畿大学理工学部のホームページでは、この盗撮をしたとされる30代の准教授の名前や顔画像は公開されておりませんでした。

近畿大学の理工学部のそれぞれの学科では、ホームページを設立しており、そのホームページ上では教員紹介という項目で教授や准教授の名前を掲載しておりますので、理学科、生命学科、応用化学科、機械工学科、電気電子工学科、情報学科、社会環境工学科の7つの学科のそれぞれのホームページを見れば、分かるかもしれません。

しかしながら、現在のところ、近畿大学で盗撮をしたとされる准教授の名前や顔画像については特定することが出来ませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

近畿大学の30代准教授が盗撮をした動機が酷い

では、近大の30代の准教授はなぜ盗撮をしてしまったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、この30代の准教授は「学内の女子トイレで盗撮をした」という趣旨の供述をしておりますので、近畿大学に通う女子生徒を盗撮の対象にしていたことが判明しております。

つまり、自分の教え子かもしれない人物を盗撮の対象にしていたということです。

おそらく、自分と一回りも違う女子大生のことを性の対象と捉えていたのかもしれませんが、盗撮は普段見ることが出来ない、女性が用をたす姿などを見ることが出来ますので、そういった部分に興奮を覚えてしまった結果、盗撮をしてしまったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

近畿大学で盗撮をした30代准教授が言い渡された諭旨解雇とは?

このニュースで気になる語句といえば、「諭旨解雇(ゆしかいこ)」が挙げられますが、一体諭旨解雇とは何なのでしょうか?

「諭旨解雇」とは、使用者が労働者に対して行う懲戒処分の一つで、最も重い処分である懲戒解雇に相当する程度の事由がありながら、会社の酌量で懲戒解雇より処分を若干軽減した解雇のことをいうのだそうです。

懲戒免職のように強制的に処分を下すのではなく、使用者と労働者が話し合い、あくまでも両者納得の上で解雇処分を受け入れるのが諭旨解雇の概念だとされています。

つまり、准教授は盗撮の事実は認めたものの、学校側も「被害者と学生におわびする。今後、教職員のコンプライアンスを徹底し、厳正に対処していく」としているために、両者が反省をしているために、懲戒免職という最大級の処罰は免れたといえます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

山口大学大学院でセクハラをし、諭旨解雇(ゆしかいこ)された50代の准教授を特定か?名前や顔画像、相手の女子学生についても
出典:tys 山口大学大学院の50代の准教授の男性が、複数の女子学生にセクハラ行為を繰り返していたとして、諭旨解雇(ゆしかいこ)の処分を受けていたことが明らかろなりました。 今回は、この諭旨解雇の意味やセクハラをした准教授に...