フィッシング詐欺の島田さん出勤日の記事で誤字をした理由が衝撃的!島田さんとは誰なのか?

Twitterで話題

出典:Twitter

NTTドコモの決済サービス「d払い」でフィッシング詐欺に遭った場合、保証の対象にするという記事が公開されたのですが、島田さんという人物も出勤の対象にするという謎の文言が書かれており、多くの波紋が広がっております。

今回は、ドコモのd払いでフィッシング詐欺の被害にあった場合に、出勤の対象となる島田さんの詳細や、どのような文言を言いたかったのか、さらには誤字の詳細などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

フィッシング詐欺の被害にあった場合も島田さん出勤日対象に?

Twitter上に投稿されたツイートの注目が集まっております。

投稿した人物は、ケータイウォッチというサイトのスクショを貼り付けたツイートをしており、その記事で公開されてあった「NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も島田さん出勤日対象にする。という文言が意味が分からないとして言及をしております。

スポンサーリンク

フィッシング詐欺の島田さん出勤日の記事を執筆した人物は誰?

では、この誤字を執筆したライターは一体誰なのでしょうか?

そもそもこの記事は、ケータイウォッチというスマホやそれに関する情報を専門的に扱うメディアで取り上げられた記事であり、その記事には関口聖(せきぐち さとし)さんという人物が、執筆したことが書かれてありました。

関口聖さんはケータイウォッチの編集長であるということで、こちらがTwitterのアカウントであります。

@hiziri

関口聖さんは記事の執筆に集中しすぎで、遅刻をすることもあるのだそうです。

スポンサーリンク

フィッシング詐欺の島田さん出勤日の記事で誤字をした理由は何?

現在のところ、同サイトの文言は以下のように修正されております。

NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も補償対象にする。

出典:ケータイウォッチ

では、誤字があった島田さんの文言を見てみましょう。

NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も島田さん出勤日対象にする。

出典:ケータイウォッチ

「フィッシング詐欺の被害にあった場合も島田さん出勤日対象にする。」→「フィッシング詐欺の被害にあった場合も補償対象にする。」

と、このようになっている訳です。

「補償対象」という言葉が、「島田さん出勤日」に保管されてしまった結果、このような誤爆が発生したのではないでしょうか?

Apple社製のノートパソコンであるMacBookや、Windowsを搭載しているパソコンには予測変換機能と呼ばれるものがついており、「し」と打った段階で「島田さん出勤日」という言葉が出てきてしまったのではないでしょうか?

補償(ほしょう)という文字をタイピングする際にいは「Hosyo」と打つと思いますが、高度な予測変換の機能によって、このアルファベットのSが予測変換の”し”と捉えられてしまし、補償を島田さん出勤日と補完してしまった可能性が高くなります。

スポンサーリンク

フィッシング詐欺の島田さん出勤日の記事で出勤日となる島田さんとは?

では、この記事に出てくる島田さんとは一体どのような人物なのでしょうか?

おそらく、島田さんというのはケータイウォッチの記事を公開し、配信している会社の社員さんや、ライターさんなのではないかと思われますし、編集長としてライターの出勤日を管理するのは当然でありますから、仕事上の連絡を記事執筆直前までしていたのでしょう。

社内メールやチャットワークなどのアプリで「島田さんの出勤日」を確認していた後、この記事を執筆したため、パソコンが島田さん出勤日という単語を記憶していてこのような事態に陥ったと仮定すれば、島田さんはケータイウォッチの社員さんではないかと考えられます。

スポンサーリンク

フィッシング詐欺の島田さん出勤日の記事に対するTwitter上の反応

このフィッシング詐欺の島田さんの記事に対して、Twitter上からは様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

反町隆史が救護した女性の顔画像がこちら!Twitterアカは「となりの鳩サブレ@moroheiya_87」
...

 

コメント