岡倉弘樹の勤務先の会社が判明か?意味不明な犯行動機と性犯罪の再犯率についても

Twitterで話題

出典:JNN

東京・調布市で深夜に20代の女性の後をつけて女性のマンションでわいせつな行為をしたとして、34歳の岡倉弘樹(おかくら ひろき)容疑者が逮捕されました。

今回は、岡倉弘樹容疑者の顔画像や犯行動機などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

JNNニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

駅から女性のあとをつけ、無理やりわいせつな行為をしたとして、会社員の男が逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、調布市の会社員、岡倉弘樹容疑者(34)です。警視庁によりますと、岡倉容疑者は先月20日の午前1時ごろ、帰宅途中の20代の女性を京王線・調布駅近くから自宅マンションまでおよそ400メートルあとをつけ、無理やり胸を触ったり、キスしたりした疑いが持たれています。

抵抗した女性の爪に付着したDNAから関与が浮上しました。取り調べに対し、「酒を飲むといやらしいことをしたくなる」と供述し、容疑を認めているということです。

出典:JNN

スポンサーリンク

岡倉弘樹について

こちらが、逮捕された岡倉弘樹容疑者のプロフィールです。

名前:岡倉弘樹(おかくら ひろき)

年齢:34歳

職業:会社員

在住:東京都調布市

岡倉容疑者は、岡倉弘樹容疑者は先月20日午前1時ごろ、調布市のマンションの入り口で女性を羽交い締めにして無理やり胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

岡倉弘樹の顔画像がメディアから判明

では、岡倉弘樹容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のように岡倉弘樹容疑者の顔画像が公開されておりました。

出典:JNN

メガネ姿にグレーのスウェット姿であり、一見すると優しそうな感じも見受けられますが、やはり人は見た目によらないということでしょうか?

スポンサーリンク

岡倉弘樹の犯行動機が意味不明すぎる

では、岡倉弘樹容疑者の犯行動機は一体なんだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、岡倉容疑者は警察の調べに対して「酒を飲むといやらしいことをしたくなる」と容疑を認める供述をしているということです。

お酒を飲むと気持ちが大きくなり、暴力的になったりする人は多いと思いますが、このようにいやらしいことをしたくなる人がいるとは思えず、特異な存在だったのではないかと考えられます。

羽交い締めにして無理やり胸を触ったり、キスしたりしたするなどの行為をしたかったということですが、酒の力を借りて行なっているということで、あまりにも酷い行為なのではないかと推測されます。


スポンサーリンク

岡倉弘樹の勤務先の会社が判明か?

では、岡倉弘樹容疑者の勤務先の会社は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、岡倉弘樹容疑者の会社に関しては公開されておりませんでした。

東京都調布市に在住ているということでありますが、京王線の調布駅を利用していたことを考えると、終点の新宿や、乗り入れている都営新宿線の沿線に勤務していた可能性も高くなります。

しかしながら、岡倉容疑者の勤務先については特定することが出来ませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

岡倉弘樹は勤務先の会社をクビになる可能性がある

社内の秩序を著しく乱した労働者に対するペナルティとして行う解雇のことで、会社からのペナルティの中で最も重い処分に、懲戒解雇と呼ばれるものがあります。

長期間の無断欠勤や経歴の重大な詐称、さらには度重なるハラスメント(パワハラ、セクハラ)などがこれに該当します。

まま、殺人、強盗、強姦などの重大犯罪や会社の名声を著しく貶めるような犯罪行為に対しても懲戒解雇というのは認められるため、犯罪に手を染めてしまえば会社をクビなることは明白です。

今回の場合ですと、岡倉弘樹容疑者は強制わいせつの容疑ですので、懲戒解雇とまではいかないでしょうが、全国区のニュースに名前や顔画像が晒されてしまったため、同僚や上司、部下などから冷やかな目で見られてしまうことでしょうから、気まずくなって依願退職をすることもあるでしょう。

スポンサーリンク

岡倉弘樹が起こした性犯罪は再犯率が高い

性犯罪を起こし服役した人物が出所し、また性犯罪を起こす確率は通常の犯罪と比較すると高くなっています。特に13歳未満の児童に対してわいせつ事件を起こした人物の8割が再び性犯罪に手を染めています。

法務省が公表した「平成27年版犯罪白書」によると、1年間に性犯罪で有罪が確定した前科2犯以上の86人のうち13人が、13歳未満に対する小児わいせつで、さらに、そのうち11人は過去にも小児わいせつ事件を起こしていたことが分かった。

8割以上が同じ犯罪を繰り返す「再犯者」だったのだ。

出典:FNNPRIME

再びわいせつ事件を起こしてしまう理由については塀の中で服役することで社会の適応力が無くなってしまうことである、とわいせつ事件を起こして服役していた人物は口にしています。

なぜ同じ犯行が繰り返されるのか。

Aさんによると、いわゆる塀の中での生活からいきなり社会に出ると、適応力が十分ではなく、逆にストレスを感じるという。
そのストレスが、再犯への引き金となる可能性を高めているというのだ。

「刑務所でこんなに人と人が接触する機会ってないですから。そこにどれだけリスクがあるかってことですよね」
「自分が適応していない怖さですよね。だからここ(街)には来ちゃいけないんだと思います」

さらに、低い年齢層を狙う理由についても話した。

「例えば自分より経験のない人、年が下の子、分かってない子だったら、自分の思い通りにできる。その方が、欲求を満たす方法としては楽なんですよね。本能にある程度結びついたものだと(やめるのが)より難しくなっていく」

出典:FNNPRIME

社会に対応できないことがストレスになって犯罪を引き起こしている、ということを保元太志容疑者にも照らし合わせると以前のように友人に囲まれ充実していた生活から何かがあって一人きりになってしまいそのストレスから昨年3月に女子高生に対してわいせつ事件起こしました。その後社会復帰を果たしますが、以前のような生活に戻れないストレスがたまりそれを解消するために再びわいせつ事件を起こしたのではないでしょうか。

性犯罪の再犯防ぐためにはボランティア等の支援が必要だと言いますが日本ではまだそのシステムを構築する土台がないと言われています。

海外の例を見てみると、カナダやイギリスでは、出所者を地域のボランティアが支えるシステムが確立しているそうですが、日本ではまだその受け皿が少ないのが現状といいます。
また、日本の法務省がプログラムの資料も公開をしていないため、どうしても地域と連携を取ることが難しいとも指摘しています。

出典:FNNPRIME

ここまで再犯率が高いと一種の障害とも感じます。被害者を増やさないためには被害者を守ることも重要ですが、加害者の支援もなのかもしれません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

大谷崇文の顔画像がこちら!勤務先は横浜市立相武山小学校で、買春の動機が酷い
今回は、大谷崇文容疑者の顔画像や勤務先の横浜市立相武山小学校、買春の動機や買春相手の女子高生などについて迫ってみたいと思います。