大里功さん殺人事件の犯人は長男の可能性が?動機は強い怨恨によるものか

事件

出典:ANN

24日午前3時15分ごろ、茨城県八千代町平塚の民家で、無職大里功(おおさと いさお)さんが殺害され、妻の大里裕子さんも重傷を負うという事件が発生しました。

今回は、大里功さん殺害事件の犯人や長男、犯行動機などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

八千代町平塚殺人事件の概要

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

24日午前3時15分ごろ、茨城県八千代町平塚の無職、大里功さん(76)方の寝室で、大里さんと妻(73)が血を流して倒れているのを次男(42)が発見、消防を通じて警察に通報した。大里さんは胸などを刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。妻も腹などを刺され、重傷。

現場から事件に使われたとみられる刃物が見つかり、茨城県警は2人が就寝中に襲われたとみて、殺人事件として捜査している。

県警によると、次男は敷地内の別棟に住んでおり、犬の鳴き声を不審に思って母屋に向い、倒れている2人を見つけた。

現場は畑が点在する地域。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

八千代町平塚で亡くなった大里功さんについて

こちらが、大里功さんのプロフィールです。

名前:大里功(おおさと いさお)

年齢:76歳

職業:無職

在住:茨城県八千代町平塚

大里功さんは24日午前3時15分ごろ、寝室で血を流して倒れているところを発見され、病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に死亡が確認されてしまった人物です。

スポンサーリンク

大里功さんの顔画像が判明

報道機関などの発表によれば、大里功さんの顔画像が以下のように公開されておりました。

出典:ANN

人柄の良さそうな感じが顔画像から滲み出ておりますし、優しそうな感じも見受けられます。

大里功さんでありますが、一体どのような人物に殺害されてしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

大里功さん殺害事件の犯人は誰?

ANNなどの情報によれば、大里功さんを殺害したとされる犯人が現場から立ち去っていく様子が映し出されております。

そこで、この防犯カメラなどの情報をもとに調査をしてみましたが、詳しい情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりません。

そのため、名前や顔画像、年齢や性別などの情報も判明しておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

しかしながら、警察も全力で捜査をすることでしょうし、それが功を奏して逮捕された場合には、名前や顔画像なども報道機関によって公開されることと思われますので、情報を待つばかりです。

スポンサーリンク

大里功さん殺人事件の犯人は長男の可能性が?

この事件が発見された経緯として、民家敷地内の離れに住んでいる次男の男性が不自然な犬の鳴き声を聞きつけ、様子を見に行った際に、倒れている2人を発見したことがきっかけとなっております。

すなわち、長男がいると言うことになるのです。

大里功さんの長男は、現在のことろどこにいるのかは分かっておりませんし、特定もされておりません。

しかしながら、後述しますが犯人の犯行動機などを考えたときに、長男という身内の存在が一番犯行に及ぶ人物として近いのではないかとも推測されるのです。

犯人でなかったとしても、今後長男や次男というのは捜査の対象になると思われますし、そこから犯人に繋がる手がかりなどが見つかるのかもしれません。

目出し帽をかぶっていたという大里功さんの妻・裕子さんの証言もあることから、よっぽど被害者に顔を見られたくなかったということを踏まえると、顔見知りひいては身内による犯行だったと考えても不思議ではありません。

スポンサーリンク

大里功さん殺害事件の犯人の動機は?

では、大里功さん殺害事件の犯人の動機は一体なんだったのでしょうか?

まず、亡くなった当時の大里功さんの遺体や、状況などについて詳しくみていきましょう。

査関係者によると、現場には血の付いた包丁が残されていた。県警は無施錠の場所から侵入し、外部から持ち込んだ包丁で2人を襲った可能性があるとみて調べている。

死亡した大里功さん(76)は胸など十数カ所を刺され、一部は心臓に達していた。妻、裕子さんは腹など数カ所に刺し傷が確認されている。

出典:産経ニュース

胸などを十数箇所も刺されているといことを考慮すれば、犯人は大里功さんにものすごい恨みがあった可能性がありますし、心臓にまで達するほどの勢いで刺しているということからも、非常に強い怨恨があったとみて間違いないでしょう。

さらに、生き延びた妻の裕子さんの話によれば、いきなり刺されたということでありますので、物取りによる物色の末に刺されたという可能性は少なそうです。

2人を知る近隣住民の話によれば、トラブルを起こすような人物ではなかったということですので、近隣住民から恨みを買ったということでもなさそうです。

出典:JNN

就寝している時間帯を狙っての犯行でしょうが、すぐに寝室に侵入したりしているあたりを見ると、家の形状を完璧に理解している人物であることはいうまでもありませんし、無施錠であったことも事前に知っていた人物でもあることでしょう。

さらに、家の中には靴の跡がなかったということから、わざわざ家に入る前に靴を脱いでから入った可能性が高く、そこまでしてまで殺害をしたかったということになるのです。

近隣トラブルではない怨恨の線や、家の形状、状況などを完璧に理解していたとなれば、身内による犯行が高くなるではないでしょうか?

何れにしても、亡くなった大里功さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

甲府市平瀬町 殺人事件の犯人の名前と顔画像!犯行動機は強い怨恨で、潜伏先も判明?
...

 

コメント