大橋強史の顔画像を特定か?ひき逃げ現場判明で、飲酒運転をバレたくないために逃走か?

国内NEWS

出典:NNN

栃木県鹿沼市の県道で乗用車が街路樹に衝突、炎上し2人が死亡した事故で、大橋強史(おおはし つよし)容疑者が逮捕されました。

今回は、この大橋強史容疑者の顔画像や、ひき逃げの動機と現場、飲酒運転の可能性などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

共同通信他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

栃木県鹿沼市で乗用車が街路樹に衝突、炎上し2人が死亡した事故で、県警鹿沼署は26日、直前にこの乗用車と接触事故を起こし逃走したとして、会社員、大橋強史容疑者(50)=宇都宮市海道町=を自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は23日午後11時25分ごろ、乗用車で鹿沼市深津の県道をUターンした際、対向してきた乗用車の右前部付近とぶつかって街路樹に衝突させ、そのまま逃走して2人を死亡させた疑い。

同署によると、「不安になって逃げた」と大筋で容疑を認めている。現場は片側2車線で、ガードレールはなかった。残された車の部品などから大橋容疑者を特定した。

署は、死亡した2人の身元や詳しい事故の状況を調べている。

出典:共同通信

 

大橋強史について

こちらが、逮捕された大橋強史容疑者のプロフィールです。

名前:大橋強史(おおはし つよし)

年齢:50歳

職業:会社員

在住:宇都宮市海道町

大橋強史容疑者は、は23日午後11時25分ごろ、鹿沼市深津の県道で、乗用車をUターンさせる際、対向してきた車と衝突して2人を死亡させ、そのまま逃げたとして逮捕された人物です。

スポンサーリンク

大橋強史の顔画像を特定か?

では、大橋強史容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、大橋強史容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこで、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNS関連を調査してみましたが、大橋容疑者のものと思われるアカウントを発見することができず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

大橋強史がひき逃げをした現場が判明

では、大橋強史容疑者がひき逃げ事故を起こした現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:NNN

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であると判明しました。

現場は、栃木県鹿沼市の深津にある県道6合線沿いの道路で、片側二車線で中央には中央分離帯なども存在しております。

スポンサーリンク

大橋強史がひき逃げをした理由がひど過ぎる

では、大橋強史容疑者がひき逃げをした理由は一体どのようなものだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、「事故を起こし不安になって逃げた」という趣旨の供述をしているのです。

このような事故を起こしておきながら、自分が不安になったからという理由でその場から立ち去るのは言語道断でありますし、絶対やってはいけないことでしょう。

自動車による人身事故の場合、事故を引き起こした人物は救護義務などが発生しますし、さらに警察への連絡も義務付けられております。

自分が不安になるのも分かりますが、それ以上に被害者の方が不安になるのは当たり前ですし、なぜ自分勝手に逃げてしまったのかが疑問が残ります。

もしかすれば、事故後しっかりと救護をしていれば、被害者の命は助かったかもしれません。


スポンサーリンク

大橋強史は飲酒運転をバレたくないために現場から逃走した?

大橋強史容疑者でありますが、この重大な事故を引き起こしているにも関わらず、その場から逃走するという暴挙に出ております。

それは一体なぜなのかといえば、一つ考えられる点として飲酒運転をバレたくなったということが考えられます。

事故が発生したのは、23日(金曜日)の午後11時25分ごろでありますから、花金の夜でお酒を楽しんだ大橋容疑者が、そのまま飲酒運転で自宅へ帰っていったところ、このような事故になってしまったのではないでしょうか?

交通事故の死亡事故だけでも重罪でありますし、それに飲酒運転が乗っかるとなると、もっと重罪となるため、飲酒運転をバレなくするために逃げている最中にアルコールを抜いていたという可能性も考えられます。

スポンサーリンク

大橋強史が問われる罪について

では、大橋強史容疑者の今後はどのような罪に問われるのでしょうか?

容疑者の過失度合いにもよりますが、ひき逃げの刑事罰と内容は以下のように定められています。

罪状・違反名刑罰内容
救護義務違反
危険防止措置義務違反
10年以下の懲役または
100万円以下の罰金
事故報告義務等違反3ヶ月以下の懲役または
5万円以下の罰金
現場に留まる義務違反5万円以下の罰金
自動車運転致死傷罪
過失運転致死傷罪
7年以下の懲役もしくは禁錮または
100万円以下の罰金
危険運転致死傷罪死亡:20年以下の懲役
負傷:15年以下の懲役
殺人罪死刑
無期懲役
懲役5年以上

ひき逃げでも死傷者の数が多く運転手の過失が甚大であると「殺人罪」として扱われる他、免許の行政処分に関しては、もちろん一発で免停になりますし、被害者が死亡している場合はおよそ7年もの間免許を取得することが出来ません。

また、これに加えて飲酒運転をしているということで、以下のような罪に問われる可能性が高くなります。

・自動車運転過失致死傷罪

・酒気帯び運転

・交通事故措置義務違反

この刑に処された場合でも、実刑判決1~2年は余裕であり得ますし、さらに重い場合はには、以下のような罪が合併されます。

・危険運転致死傷罪

・交通事故措置義務違反

・酒酔い運転

酒酔い運転・・・5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 違反点数は35点(免許取消、欠格期間3年)

負傷者の救護と危険防止の措置違反・・・5年以下の懲役又は50万円以下の罰金

事故が、運転者の運転に起因する場合は10年以下の懲役又は100万円以下の罰金

酒酔いと酒気帯び運転の違いは呼気に含まれるアルコールが0.25mg以上かどうかで決定しますので、もしも0.25mg以上であれば酒酔い運転となり、行政処分として違反点数35点で一発免停、さらには3年間は免許を取得することは出来なくなるという厳しい処罰が待ち受けています。

スポンサーリンク

大橋強史の家族の今後も悲惨な状況に

もし仮に、大橋強史容疑者に家族がいたとした場合、その家族の今後はとても悲惨な状況となることは言うまでもありません。

全国区のニュースに大橋強史容疑者のという名前が流れてしまいましたし、会社や近所の人からすれば、すぐに大橋容疑者のことであると分かってしまうでしょう。

これからは、大橋強史容疑者は死亡ひき逃げ事故を起こした犯人という見方をされますし、その家族は、死亡ひき逃げ事故を起こした犯人の家族というレッテルを貼らなければいけなくなってしまうのです。

何れにしても、栃木県鹿沼市で発生した事故であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

小川憂里の顔画像がSNSから判明か?ひき逃げは飲酒運転が原因で、同乗する彼氏も同罪?
今回は、小川憂里容疑者の顔画像やSNS、ひき逃げの動機やアルバイトの勤務先の店舗、同乗していた彼氏などについて迫ってみたいと思います。