富宇加幸美の顔画像を特定か?息子3人との車上生活の実態や、犯行動機についても

国内NEWS

出典:JNN

群馬県太田市で92歳の母親の遺体を車内に放置したとして、58歳の富宇加幸美(とみうか ゆきみ)容疑者が逮捕されました。

今回は、富宇加幸美容疑者の顔画像や犯行動機、老老介護などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

群馬県警太田署は20日、母親(92)とみられる女性の遺体を車に放置したとして、死体遺棄の疑いで住所不定、無職、富宇加(とみうか)幸美(ゆきみ)容疑者(58)を逮捕した。

逮捕容疑は今月15日ごろ、軽乗用車の中で女性が死亡しているのを知りながら、放置したとしている。19日に「母親が車内で死亡している」と110番通報があり、署員が太田市内にある富宇加容疑者の親族宅の駐車場で車を確認すると、遺体が後部座席に座った状態で放置されていたという。

署によると、富宇加容疑者は昨年8月ごろから、長男(27)と母親の3人で車上生活していた。署が遺体の身元の確認を進めている。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

富宇加幸美について

こちらが、逮捕された富宇加幸美容疑者のプロフィールです。

名前:富宇加幸美(とうみか ゆきみ)

年齢:58歳

職業:無職

在住:住所不定

富宇加幸美容疑者は、今月15日頃、自分の車の車内で92歳の母親が亡くなっているのを発見したにもかかわらず、19日まで母親の遺体をそのまま放置した疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

富宇加幸美の顔画像を特定か?

では、富宇加幸美容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、富宇加幸美容疑者の顔画像は公開されておりませんでした。

そこで、InstagramやTwitter、FacebookなどのSNS関連を調査してみましたが富宇加幸美容疑者に関するアカウントの情報などは特定することはできませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。


スポンサーリンク

富宇加幸美が母親を放置した状況は不可解なものばかり

そんな富宇加幸美容疑者でありますが、軽乗用車の中で母親が死亡しているのを知りながら、放置したとして逮捕されているのです。

母親が軽自動車で死亡しているというのもおかしな話でありますし、それを放置するというのもおかしな話であります。

後部座席に座ったまま放置されているのも気味が悪いですし、不可解であるとしか言いようがありません。

後部座席に乗せてドライブをした後、なぜか死亡してしまい、そのまま放置したということなのでしょうか?

富宇加幸美容疑者は死体遺棄の容疑は認めているのですが、認めた上で「もう母親に会えなくなると思った」とわけのわからない供述をしており、刑事責任能力が問えるのかも今後争点となりそうです。

スポンサーリンク

富宇加幸美は罪には問われないのではないか?

人が死亡してしまった際に、死亡の事実を知った日から7日以内に死亡届というものを各自治体に提出しなければなりませんが、今回、富宇加幸美容疑者は、8月15日〜8月20日の5日間に渡って放置しており、法律的に言えば死体遺棄にはならないような気がします。

しかしながら、逮捕されているのということで、何かしらの問題点があったのだと思われます。

  • 気温が高いことによる腐敗の速度が速く、遺体が腐っていてたため
  • 死体遺棄の項目に引っかかるほどの腐敗具合
  • 自宅ではなく車中泊による死のため、自然死と判断されにくい(熱中症などにかかっていた可能性もある)
  • 警察や医師に連絡する前に遺体に触れてしまっていたため
  • 車上生活をしており、世間と隔離されていたために死亡届の存在すら知らなかった

車上生活をしていたことで世間から隔離されていた可能性のある富宇加幸美容疑者ら3人の家族は、死亡した母親の遺体をどのように処理していいのかわからず、とりあえず放置してしまった可能性も十分に考えられるでしょう。

「もう母親に会えなくなると思った」という言葉の中には、悲しさや切なさが含まれておりますが、7日間以内に連絡をしなければならないと知らなかったとすれば逆になぜ5日目に110番通報したのかも謎でありますし、一層不可解な点が残ってしまう事件です。

スポンサーリンク

富宇加幸美の犯行動機は老老介護によるものか?

死因などが詳しく分かっていないため、富宇加幸美容疑者の母親はなぜ亡くなってしまったのか分かっていないのですが、もし仮に富宇加幸美容疑者自身が殺害していたとなれば、老老介護に疲れてしまったという点が挙げられるでしょう。

そもそも老老介護とは65歳以上の高齢者を同じく65歳以上の高齢者が介護している状態のことを指す言葉で、在宅介護をしている人のおよそ50%がそれに該当するということです。

高齢者が高齢者を介護しているということで、体力的にも非常に厳しくなったり、第三者の介護がなければ共倒れしてしまうという問題も数多く報告されております。

高齢者同士での介護は精神的にも肉体的にも負担となりますし、嫌になって殺害に発展するケースは多く報告されております。

内縁の妻を殺害したとして、警視庁滝野川署は25日、殺人容疑で東京都北区東田端、職業不詳、荒井静吾容疑者(75)を逮捕した。同署によると、荒井容疑者は調べに対し、「妻は認知症で体も弱く、介護に疲れた」と容疑を認めているという。

荒井容疑者は遠山さんと50代の息子との3人暮らし。24日午後10時ごろ、息子が「『老老介護に疲れた』というメモがあり、母がいなくなった」と交番に届け出ており、同署で遠山さんの行方を捜していた。

出典:産経ニュース

あまりにも不自然に放置された母親と不可解な点などを整理すれば、老老介護に疲れた富宇加幸美容疑者が殺害をしたとみても不思議ではありません。

スポンサーリンク

富宇加幸美は軽自動車に27歳の息子と車上生活をしていた

前述した産経ニュースには「署によると、富宇加容疑者は昨年8月ごろから、長男(27)と母親の3人で車上生活していた。署が遺体の身元の確認を進めている。」という文言が記載されておりましたが、この車上生活をしなければならない状況に深い闇を感じざるを得ません。

一般的な家庭であれば、しっかりとアパートなりマンションなり、一戸建てなりの住居するスペースを持っており、そこに在住しているのが普通であります。

人間が生活する上で欠かせない要素として「衣食住」がありますが、その一つのエレメントである住居を車でやり過ごしているということで、よっぽど切羽詰まっていたのかもしれません。

貧困であったとしても生活保護などを貰えば、住居するスペースや最低限の生活は確保できたと思われますが、どのような事情があったのか分かりませんが、それをしていなかったのかもしれません。

27歳にもなる息子も、いい年をして車上生活をしなければならないというもの不憫な話でありますし、さらにその上で息子から見てお婆さんが亡くなって放置してしまうのもショックな出来事だったと思います。

あなたにおすすめの記事

 

島川康二(しまかわこうじ)容疑者の顔画像がこちら!犯行動機と母親放置の理由が酷い
...

 

コメント