関根喜代志の顔画像を特定か?アルツハイマー持ちで、逃走をした理由が酷すぎる

国内NEWS

出典:NNN

12日午前2時半ごろ、東京都墨田区向島4丁目の国道6号で、新聞配達中の渡辺修さんら2人が死傷する事故が発生し、この事故を引き起こしてひき逃げをした関根喜代志(せきね きよし)容疑者が逮捕されました。

今回は、関根喜代志容疑者の顔画像や、逆走とひき逃げの理由、さらには現場などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

産経ニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

12日午前2時半ごろ、東京都墨田区向島4丁目の国道で、逆走する車が自転車の男性2人を次々にはねて逃走した。警視庁本所署によると、新聞配達中の渡辺修さん(68)=墨田区=が頭などを打って死亡、男性(27)=台東区=が脚や腰を骨折した。

警察官が周辺を捜索し、数キロ離れた台東区の路上でフロントガラスなど前部が壊れたワゴン車を発見。本所署は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、運転していた会社役員、関根喜代志容疑者(68)=足立区西新井本町=を逮捕した。

本所署によると、関根容疑者は「(ひき逃げをした)記憶はないが、車が破損しているので事故を起こしたことは間違いない」などと話しているという。

出典:産経ニュース

 

関根喜代志について

名前:関根喜代志(せきね きよし)

年齢:68歳

職業:会社役員

在住:足立区西新井本町2丁目

関根喜代志容疑者は、12日午前2時半ごろ、墨田区向島の路上で、ワゴン車を逆走させ、自転車に乗っていた新聞配達員の渡辺修さんと27歳の男性を次々とはね、現場から走り去った疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

関根喜代志の顔画像を特定か?

では、関根喜代志容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、関根喜代志容疑者の顔画像などは公開されておりませんでした。

そこで、 SNSを中心に調べを進めていきましたが、68歳という事でSNSをやっているとは思えず、特定することが出来ませんでした。

こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

関根喜代志がひき逃げをした現場はどこ?

では、関根喜代志容疑者はひき逃げをした現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、墨田区向島の水戸街道であるそうで、以下の様な場所であります。

出典:JNN

こちらを調査してみた結果、以下の様な場所であることが判明しました。

 

現場となった場所は、東京都墨田区向島4丁目の国道6号(水戸街道)沿いにある場所であり、東京スカイツリーなどもすぐそばにある場所として知られております。

スポンサーリンク

関根喜代志が逆走した理由は何?

関根喜代志容疑者が事故を起こした原因は、水戸街道を逆走したことによるものですが、一体なぜ逆走をしなければならなかったのでしょうか?

逆走した直後の防犯カメラの映像などを確認すると分かるのですが、関根喜代志容疑者は水戸街道を直進する様に走っており、現場付近の桜橋通りから右折をした逆走したということでは無いようです。

逆走した理由などについて詳しいことは明らかとなっていないのですが、一般的に以下の3つの様なことがあげられると言われております。

  • 案内標示を見間違え、誤って逆走する
  • 行き先のが間違っていたことに気がつき、正そうとして逆走
  • 飲酒やドラッグなどをして酩酊状態に陥っており、正常な判断ができなかった

何れにしても、非常に身勝手な理由でありますし、1人の命が奪われているということで、許されるべき理由では無いでしょう。


スポンサーリンク

関根喜代志が逃走をした理由が酷すぎる

関根喜代志容疑者は、逆走して2人をはねただけではなく、事故を起こしてその場から逃走するというひき逃げまでもしているのですが、この理由は何なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、関根容疑者は警察の調べに対して「交通事故を起こした記憶はないが、わたしの車が破損しているので、交通事故を起こしたことは間違いない」と容疑を認める供述をしておりますが、交通事故の記憶がないというのは嘘なのではないかと推測されます。

関根喜代志容疑者は会社役員を務める人物であり、この役員という重役が交通事故によって剥奪されることを恐れてしまい、現場から逃走したのではないかと考えられます。

自転車に乗っていた男性などを次々にはねたということを考えても、交通事故を引き起こしたことを知らなかったわけがありませんし、やはり役員であるからこそ事故を隠蔽しようとしたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

関根喜代志は記憶障害やアルツハイマーだった?

もし仮に、関根喜代志容疑者の供述が正しかったとすれば、事故の記憶が全くないということになります。

それであれば、逆走をしていた事実などを加味しても記憶障害やアルツハイマーだったのではないかと考えられます。

記憶障害やアルツハイマーであれば、事故前後に記憶をなくしており、それが原因で逆走しさらには現場から闘争をしたということになるでしょう。

しかしながら、何れにしても車を運転する資格や基準を満たしておりませんので、言い訳にのもならないことは明白です。

スポンサーリンク

関根喜代志の勤務先はどこ?

この事故が発生した時刻が午前2時ということですが、出勤途中であったそうです。

関根容疑者は出勤途中だったとみられる。

出典:朝日新聞デジタル

午前2時に役員が出勤をしなければならない会社があるのでしょうか?

考えられるとすれば、新聞社やマスコミなどの24時間稼働をしており、シフト制で回してる現場や、建築関係や工事現場などが考えられるでしょう。

また、水商売のお店を経営しており、そこに顔を出すために車を運転していた可能性もありますが、一般的に飲食店に夜中出向く場合では、いくら勤務中であったとしても飲酒することを考えるとやはり、タクシー移動が無難なのではないかと推測されます。

もっとも、関根容疑者が午前2時に出勤さえしなければこのような悲惨な事故は起こらなかったのではないでしょうか?


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

飯塚幸三の現在がヤバい!上級国民だから雲隠れ?被害者への謝罪が適当な理由や逮捕されない真相も
出典:FNN 先月19日、東京都豊島区東池袋の交差点で青信号を渡っていた歩行者の列に乗用車が突っ込み、母娘2人が亡くなるという痛ましい事故が発生しました。 事故を起こしたのは旧通産省で技術院長を務めるなどハイキャリアな人生を...