石尾潤は盗撮するために事前に風呂場を確認していた?被害女子生徒が判明で、ロリコンだった

国内NEWS

出典:FNN

栃木県警那須塩原署は9日、女子中学生のサッカーチームの合宿中、脱衣所に小型カメラを設置し盗撮をしたとして、石尾潤(いしお じゅん)容疑者が逮捕されました。

今回は、石尾潤容疑者の顔画像や盗撮の動機、女子サッカーの指導歴と代表を務めるNPO法人スポーツカントリーアンビスタなどについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

少年少女のサッカーチームの運営などを行う、東京・荒川区のNPO法人の代表理事の男が、8日、チームの合宿先の栃木県那須塩原市の旅館で、選手の女子中学生らが利用する浴場の脱衣所に小型カメラを設置したとして、栃木県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・荒川区のNPO法人の代表理事を務める石尾潤(29)容疑者です。

警察によりますと、8日午後6時ごろ、那須塩原市の旅館の浴場の脱衣所に、女子中学生らの裸を盗撮しようと小型カメラを設置したとして、栃木県の迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。

石尾容疑者は、少年少女のサッカーチームの運営などを行うNPO法人の代表理事で、当時はおよそ30人の女子選手が参加する合宿のため、関係者とともに7日から2泊3日の日程で旅館に宿泊していたということです。

女子中学生らが入浴しようと脱衣所に入った際に、カメラに気付いて事件が発覚したことから、石尾容疑者が8日午後10時すぎに警察に自首したということです。

石尾容疑者は「カメラを仕掛けて盗撮したことは間違いない」と容疑を認めているということです。

警察は詳しいいきさつを調べています。

出典:NHK NEWS WEB

 

石尾潤の経歴とプロフィール

こちらが、逮捕された石尾潤容疑者のプロフィールです。

名前:石尾潤(いしお じゅん)

生年月日:1990年

年齢:29歳

職業:NPO法人代表理事、女子サッカー指導者

所属:スポーツカントリーアンビスタ

出身:大阪府和泉市

在住:東京都荒川区南千住

石尾潤容疑者は、は8日午後6時ごろ、合宿で滞在していた同県那須塩原市の旅館の脱衣所に、撮影目的で小型カメラを設置した疑いで逮捕された人物です。

詳細な経歴はこちらです。

2009年 私立國學院大學久我山高等学校で全国高校サッカー選手権ベスト8

同年 早稲田大学教育学部入学と同時に都内某チームで指導者としてのキャリアをスタート

2012年 大学4年次にスポーツイベント事業を興す

2013年4月から学校法人三幸学園に就職 東京未来大学でキャンパスアドバイザーとして学校経営及び教務・就職支援の業務を3年間歴任

2016年4月にNPO法人スポーツカントリーアンビスタを創設し、代表理事に就任。

2019年4月現在はNPOの経営及びFC HERMANA U-15監督・Ambista Soccer Schoolスクールマスター・Academia Ambistaアカデミー長と並行して、ライフイズテック株式会社(採用担当)・株式会社JTB(公認ファシリテーター)・株式会社リーフェ(営業マネージャー)・株式会社ビーマ(事業開発担当)の名刺を持つパラレルワーカーとして新しい働き方を模索している。

出典:Sports Company Ambista

なんと、高校サッカーの名門である國學院久我山高校でサッカーの基礎を学んだのだそうです。

スポンサーリンク

石尾潤の顔画像が報道機関によって公開される

そんな石尾潤容疑者ですが、報道機関によって顔画像が公開されておりますので、ご紹介します。

出典:FNN

また、自身の Facebookにも以下の様に写真を掲載しておりましたので、こちらでご紹介します。

出典:Facbook

一見すると、非常に爽やかなルックスですし、女子サッカーの指導者としても活躍しており、盗撮などをする様には決して見えないのですが、この様な犯行に及んでいるのです。

また、Instagramも運営しているという事で、上記画像も以下の様に投稿をしておりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【一生青春のバカな人生くらいがちょうどいい。】 なんか、「変」らしい。 意識してるわけじゃないけど、いつの間にか「逆」を進んじゃってる。 世の中の常識の多くに「え、それって誰が決めたの?」ってなっちゃう。 気づいたら、NPO法人の代表理事になって3年のときが流れた。 プロになるために久我山に行ってプロを諦めたあのとき。 人生のどん底でみえた一筋の光。 「自分の信じる道を選び、歩き、極める。」 センスがないと届かない世界があること、 世の中くさるほどの理不尽でいっぱいなこと、 それはピッチで学んだ。 でも、センスがなくたって、 「努力で届く」世界があんなにもカラフルで、 豊かで、熱いってことも知った。 サラリーマンになって、たった3年で辞めて、 起業家になって、やっと3年経って、 いろんな人が心配してくれたけど、 いろんな人が言葉を届けてくれたけど、 「今、生きてて楽しいから。働くって、こんなにもワクワクするから。」 この想いを日本全国の子どもたちに届けていきたい。 ただただ毎日、日本の頂点を目指してボールを追いかけていたあの日々のように。 『一生青春のバカな人生くらいがちょうどいい。』 #キャリア教育 #共育 #講演 #講師 #講義 #授業 #セミナー #パラレルワーク #社会起業 #エルマナ #スポーツコーチング #アクティブラーニング #指導者 #荒川区 #NPO #JTB #協働 #なでしこ #アンビスタ #スポンサー募集 #パートナー募集 #ambista #professional #socialentrepreneur

【公式】石尾 潤(女子サッカー指導者)さん(@ishio.jun_official)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

石尾潤の盗撮の動機は女子の裸が好きだったから?

では、石尾潤の動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、石尾潤容疑者は警察の調べに対して「カメラを仕掛けて盗撮したことは間違いない」と容疑を認める供述をしております。

合宿をしている際に、脱衣所に設置してあるカメラを発見した石岡潤容疑者の生徒たちが石尾容疑者を問い詰めた際に、容疑をあっさりと認めて警察に出頭したということです。

つまり、最初から女子生徒の裸を見たかったというのが盗撮の動機なのでしょう。

もしくは女子生徒を指導していく上で、好意が芽生えてしまい、欲求を抑えきれなくなってしまったため、裸を盗撮しそれを見ようと思うことで、欲求を解消したかったのかもしれません。

スポンサーリンク

石尾潤はロリコンだった!盗撮された女子生徒が判明

では、石尾潤容疑者が盗撮をしたという女子生徒は一体どの様な人物だったのでしょうか?

石尾潤容疑者は現在、「FC HERMANA」という女性サッカーのチームで U-15世代の監督をしておりますので、15歳以下の女子を指導しているということになります。

そして、2019年8月4日には自身のTwitterで以下の様に「FC HERMANA」のメンバーが優勝した際の喜んでいる様子を投稿しております。

出典:Twitter

この投稿をしてから5日後に逮捕されることとなったのですが、犯行に及んだのはこの投稿をしてからおよそ4日後であります。

また、盗撮があった合宿では女子中学生29人が参加しており、風呂場は貸切であったということです。

自身のFacbookにもFC HERMANAの女子中学生の生徒の写真を公開しておりますので、この女子生徒の中や上記のツイッターの動画や画像の中に被害者がいるのかもしれません。

出典:Facebook

被害にあったのは女子中学生の生徒であるということで、この女子中学生の着替えているところを盗撮したいという欲求があったのだとすれば、石尾潤容疑者はロリコンだったということになるでしょう。

幼女への性的嗜好や恋愛を持つ成人男性を指す言葉に、「ロリータコンプレックス(通称:ロリコン)」という言葉があり、まさに未就学〜中学生くらいまでの女子を好きになる傾向にある人物のことを指しております。

恋愛対象として好きになる人もいれば、石尾容疑者のように性的な対象として見る人もおり、それがエスカレートしてしまうと今回のように犯罪に手を染めてしまうこともあるのだと言われております。


スポンサーリンク

石尾潤は盗撮をしやすい様に事前に旅館の風呂場を確認していた?

そんな石尾潤容疑者ですが、風呂場の脱衣所に小型のカメラを仕掛けております。

さらに、事件当日は風呂場が貸切であったということで、事前に盗撮しやすい様に風呂場を手配したり、入念に確認したりしていたのではないでしょうか?

合宿所を手配するのは、監督やコーチ、マネージャーの仕事であると思うのですが、あえて石尾潤容疑者がこの合宿所が良いと指定していた場合、盗撮のしやすから選んだ可能性も考えられます。

また、スポーツ団体というのは毎年同じ合宿所を使用する傾向にありますが、そこで盗撮をしやすい時間帯を見つけたり、毎年利用している事をよしみに、貸切にする様手配したのかもしれません。

スポンサーリンク

石尾潤が代表理事を務めるスポーツカントリーアンビスタについて

では、石尾潤容疑者が代表を務めるスポーツカントリーアンビスタとは一体どの様なNPO法人なのでしょうか?

スポーツカントリーアンビスタは、「スポーツを愛するすべての人に、最幸の環境を」を企業理念に置いているNPO法人で、2016年4月1日に荒川区で活動している女子サッカークラブFC HERMANAと男子サッカークラブFC LIGARが提携を結び、設立された法人として知られております。

とにかく、スポーツを通じて荒川区を活性化したいというのがスポーツカントリーアンビスタの狙いらしく、代表理事の石尾潤容疑者が監督を務めるFC HERMANAを始め、ベビーヨガ教室、ダンス教室、文武両道支援特化型アカデミーなども展開しております。

■ 社名NPO法人スポーツカントリーアンビスタ
■ 本社〒116-0003 東京都荒川区南千住2-19-2幸生桜レーベン3F/4F
■ 事業内容少年少女サッカークラブ・文武両道支援特化型アカデミー・ヨガ教室・チアダンス教室の運営/アンビスタハウス(スタジオ)運営/その他・走力アッププログラム/JFA女子サッカー普及委託事業(なでしこ広場)/栄養講座等の地域貢献イベント主催
■ 設立平成28年4月
■ 従業員数31名(プロボノボランティア含む)
■ ホームページhttp://sports-country-ambista.squarespace.com
■ ファンクラブhttps://camp-fire.jp/projects/view/49729
スポンサーリンク

石尾潤が監督を務めるFC HERMANAについて

FC HERMANA (エルマナ)は2007年に発足し、荒川区・足立区を拠点として U-15(中学生)/U-12(小学生)/キッズ(未就学児)の3カテゴリーで活動している女子サッカークラブとして知られております。

また、以下の様に女子にも優しい環境である事を謳っております。

女の子だけで好きを思いっきり貫ける、女子指導のプロフェッショナルがいる、 安心安全の環境がココにあります。

出典:FC HERNANA

脱衣所を盗撮する様な監督がいるクラブのどこが安心安全の環境なのでしょうか?

中学生を指導する事に関してはプロフェッショナルかもしれませんが、性的欲求をコントロールする能力は中学生以下だったのかもしれません。

あなたにおすすめの記事

 

本間敦志の顔画像を特定か!江別市内の道立高校で元教師が盗撮した理由が酷い
出典:Google Map 盗撮容疑で男が逮捕されました。 逮捕されたのは本間敦志容疑者。元教師の本間容疑者は勤務していた高校の教室で教え子である女子生徒のスカートの中を撮影しようとした疑いが持たれています。 なぜ教師...

 

コメント

テキストのコピーはできません。