愛媛県警で誤認逮捕や自白強要をした刑事は誰?女子大生は実名が公開されるなどの被害

国内NEWS

出典:テレビ愛媛

愛媛県警が7月、20代の女子大学生を誤認逮捕した問題で、代理人弁護士が女子大学生の手記を公開し大きな波紋が広がっております。

今回は、愛媛県警の取り調べで自白を強要したり、誤認逮捕したりした警察官は誰なのか?や、被害に遭われた女子大生は誰なのか?という問題について迫ってみたいと思います。

愛媛県警が女子大生を誤認逮捕し、手記を公開

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

愛媛県警が7月、窃盗容疑で誤認逮捕した女子大学生の代理人弁護士が1日、松山市内で記者会見を開き「執拗に自白を強要された。本当に悔しい」との女子大学生の手記を発表した。

手記によると、女子大生は一貫して容疑を否認。逮捕前に任意の取り調べを2回受け、県警から「タクシーに乗った記憶はないの?二重人格?」「就職も決まってるなら大ごとにしたくないよね?」「今の状況は自分が認めないから」などと言われた。代理人弁護士は「取り調べの際に大声を上げるなど威圧的な言動もあった。自白を取るための捜査に怒りを覚えた。再発防止を徹底してほしい」と話した。

県警によると、1月9日、松山市で乗っていたタクシーの車内から現金約5万4千円とセカンドバッグなど5点(時価計約2万2千円相当)を盗んだとして、7月8日に窃盗の疑いで女子大生を逮捕。女子大生は2日後に釈放され、再捜査で別の若い女が容疑者として浮上した。

ドライブレコーダーの映像に写った犯人と顔が似ていたため、逮捕してしまったとしている。

県警は「自白の強要がなかったとの認識に変わりはない」とコメントした。

出典:共同通信

スポンサーリンク

愛媛県警で誤認逮捕や自白強要をした刑事は誰?

では、愛媛県警で誤認逮捕や取り調べで自白強要した警察官は一体誰なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、今のところこの愛媛県警の警察官については名前や顔画像などは公開されておりません。

しかしながら、取り調べというのは1人で行うものではなく、複数人で行うのが普通でありますから、何人か該当する人物がいるのではないでしょうか?

誤認逮捕されたのは22歳の就活生ということで、人生を左右する大事な時期に警察官の怠慢な言動によって棒に振ってしまうのはあまりにも胸糞悪く、この誤認逮捕した警察官をしっかりと断罪しなければならないでしょう。

そのため、今後女子大生への謝罪や損害賠償をすると共に、実名と顔画像を公表して世間からの厳しい批判を真摯に受け止める必要があると思います。

こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

スポンサーリンク

愛媛県警に誤認逮捕され、自白強要をされた女子大生は誰?

では、愛媛県警に誤認逮捕され、自白強要をされた女子大生は一体誰なのでしょうか?

誤認逮捕されてしまったのは、愛媛県松山市内の大学に通う22歳の女子大生であるということで、当時は就活をしていたのだそうですが、現在は日常の生活に戻っているものの精神的なダメージを受けているということです。

愛媛県警に誤認逮捕された女子大生は名前まで公表されていた

そんな、女子大生でありますがなんと実名報道がされていたのだそうです。

愛媛県警は22日、タクシーから現金などを盗んだとして、松山東署が窃盗容疑で女子大生を誤認逮捕し、2日後に釈放していたと明らかにした。ドライブレコーダーの映像を分析して逮捕し、実名で報道発表したが、女子大生はタクシーに乗っておらず、容疑を否認していた。副署長らは女子大生に謝罪した。

出典:産経ニュース

誤認逮捕、つまり罪を犯していないにも関わらず”容疑者”として名前が晒されるのは最低の行為でありますし、屈辱的な行為でしょう。

何も裏付け捜査をせずただ「顔が似ていたから」という理由のみで誤認逮捕をし、名前まで晒すという行為は完全なる職務怠慢でしょう。

スポンサーリンク

愛媛県警の誤認逮捕事件の経緯とは?

事の発端は、2019年1月に愛媛県松山市清水町の路上でタクシーから降りる際に売上げ金などおよそ5万5000円が入ったセカンドバッグを盗んだとして、当該女子大生が疑いをかけられ任意で捜査が進められておりました。

一貫して容疑を否認していた女子大生ですが、2019年7月に容疑が固まったとして裁判所から令状を取った愛媛県警が誤認逮捕したという事です。

愛媛県警に女子大生が誤認逮捕された理由は?

愛媛県警は、事件が発生したタクシーのドライブレコーダーの映像に写った犯人と女子大生の顔が似ていたというたったこれだけの理由で、逮捕してしまった弁明をしており、真相の解明には必要な逮捕だったと訳の分からない釈明をしております。

そして2019年8月1日に、女子大生の代理人弁護士があまりにも酷い愛媛県警の実態を暴露し、再発防止に努めて欲しいと女子大生の手記を公開したのです。

 

愛媛県警に誤認逮捕された女子大生の手記の内容とは?

任意の捜査から逮捕されての取り調べの間、一貫して容疑を否認していたという女子大生ですが、その手記にはあまりにも酷い警察の自白強要の内容が記されておりました。

こちらが、取り調べの際に愛媛県警の刑事から浴びせられたという暴言の数々です。

・「本当の犯人を捕まえて下さい」という女子大生の話を受けて「犯人なら目の前にいるけど」

・やってないことを証明できないよね?

・タクシーに乗った記憶ないの?二重人格?

・いつ言うのか待ってるんだけど

・罪と向き合え

・就職も決まってるなら大ごとにしたくないよね?

・ごめんなさいをすれば済む話

・また取り調べか、とか思ってるんだろう。認めないと終わらないよ

この言葉にを時には10時間にもわたって浴びせられたと言いますが、女子大生は自分が無実であることを信じ続け、ひたすら真犯人の登場を祈るしかなかったとのだそうです。

自分たちが正しいと過信している警察には、何を言っても無駄だと気づき、ただひたすら真犯人が出てくることを祈るしかなかった

出典:NHK 


スポンサーリンク

愛媛県警に誤認逮捕された女子大生に対する補償はどうなる?

警察や捜査機関によって誤認逮捕された場合、刑事補償の対象として1日1,000円〜12,500円までの金銭的補償を享受することが可能です。

さらに、この他にも民事補償として損害賠償請求をすることが出来ます。

日本国憲法第17条には、「何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。」という文言があり、これを実施する法律として国家賠償法という法律が存在します。

この法律は以下のように規定されております。

「国又は公共団体の公権力の行使に当たる公務員が、その職務を行うについて、故意または過失によって違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる」

出典:国家賠償法

つまり、誤認逮捕されたということで精神的な苦痛を受けたと判断された場合には、国家(警察組織)が個人に賠償をしなければならないのです。

スポンサーリンク

無実の証明をするのは極めて困難であり、悪魔の証明と言われている

一般的に、司法の分野において「やっていない」、「存在してない」などの、事実の不存在や無実である事を証明するのは極めて困難であり、こうしたことを立証するのを悪魔の証明と呼ぶのだそうです。

なぜ無いこと(無実)を証明するのが難しいかといえば、世の中にある全ての事象を調べる必要があるからです。

例えば、仮に「二足歩行するライオンがいる」ことを証明したのであれば、1頭でもそうしたライオンを捕獲すれば証明することが可能なのですが、「二足歩行するライオンがいない」ことを証明するのであれば、この世界に存在する全てのライオンを捕獲し、それが「二足歩行では無い」ことを明らかにしなければ、「二足歩行するライオンがいない」ということを証明できたとはいえないのです。

つまり、無実の証明は極めて困難であり、それをやるにはありとあらゆる証言や物的証拠、状況証拠を積み重ね、完璧なアリバイと裏付け証拠を裁判で提出し、犯行が不可能と誰しもに納得させるロジックがないとダメなのです。

スポンサーリンク

愛媛県警の再発防止対策が甘すぎる

誤認逮捕の被害にあった女子大生は、今後どのようにして再発防止策がなされるのか具体的に提示し欲しいと手記で公表しておりますが、愛媛県警側の対応は窃盗事件などを扱う本部の刑事部や各警察署に対して捜査を尽くすよう通達するのみに止まっております。

この対応や再発防止対策は明らかに甘すぎるのではないでしょうか?

もっと真摯に向き合い、取り調べの可視化や透明化、さらには録音や録画などをして第三者も必要に応じて閲覧することが出来るように配備を整えるなど、考えただけでもたくさんあると思います。

そうした配備に税金が投資されるのであれば、金輪際、誤認逮捕や自白強要が無くなるわけですから、一般市民も大歓迎でしょう。

何れにしても、あまりにも胸糞悪い事件でありますので、一層の波紋が広がりそうな一件です。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

「熱中症で倒れた人を救助したら駐禁切られました」警察の非情な対応に批判殺到!
とあるTwitterユーザーの方が、警察の理不尽な対応に怒りを爆発させ、それについての投稿をしました。 これに対しネット上では、あまりの非情な対応に批判が殺到しています。

 

コメント

テキストのコピーはできません。