久留米市で自殺を図った中3の女子生徒の名前や顔画像が判明か?理由は学校でのいじめが原因か?

いじめ

出典:マンションレビュー

31日午前11時55分ごろ、福岡県久留米市野中町のマンション敷地内で中3の女子生徒(14)が倒れているのが見つかり、搬送先で死亡が確認されました。

今回は、久留米市野中町のマンションで自殺を図った女子生徒の名前や顔画像、自殺の動機などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

久留米市野中町で中3女子生徒が飛び降り自殺

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

31日午前11時55分ごろ、福岡県久留米市野中町のマンション敷地内で、女性が倒れているのを通行人が見つけ、119番した。市立中3年の女子生徒(14)で、搬送先の病院で死亡が確認された。久留米署は飛び降り自殺とみて詳しい状況を調べている。

署によると、生徒はこのマンションの近くに住んでいた。残っていた足跡から、外階段の14階、15階の間の踊り場から飛び降りたとみられる。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

自殺があった現場マンションはどこ?

では、中3の女子生徒が自殺を図ったとされる現場マンションは一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、福岡県久留米市野中町のマンションであるということです。

そして、こちらが現場マンションがあるとされている久留米市野中町の地図であります。

現在のところ、報道機関によってこの現場などは公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

久留米市で自殺を図った中3の女子生徒は誰?

では、久留米市で自殺を図った中3の女性生徒は一体誰なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、久留米市内に在住している女子中学生であるということで、14歳の中学3年生であるということです。

また、共同通信によれば市立明星中3年に通う女子生徒であるのだそうです。

31日午前11時55分ごろ、福岡県久留米市のマンション敷地内の駐輪場付近で、女性が頭から血を流して倒れているのを通行人が見つけ、119番した。市立明星中3年の女子生徒(14)で、搬送先の病院で死亡が確認された。久留米署は飛び降り自殺とみて詳しい状況を調べている。

出典:共同通信

久留米市で自殺を図った中3の女子生徒の名前や顔画像が判明?

どのような生徒であったか明らかとなっておりませんし、自殺した中3の女子生徒の名前や顔画像に関しても公開されておらず、特定するにも至っておりません。

おそらくですが、未成年ということを考慮されますし、死因が自殺であるために公開されることはないと思うのですが、もしも仮に自殺の原因がいじめであり、学校側や加害者がに大きな過失があって真相を究明したいと遺族が強く希望した場合、名前や顔画像などが公開されることがあると思いますので、その際は追記したいと思います。

スポンサーリンク

久留米市野中で自殺をした女子生徒は学校でのいじめが原因か?

では、久留米市野中で自殺をした女子生徒はなぜ自殺という選択をしなければならなかったのでしょうか?

マンションからの投身自殺ということで、非常の思いつめていた可能性もありますが、14歳の女子生徒をそうまでさせるのは、家庭環境もしくは学校側でのいじめなどの問題があったからではないでしょうか?

14歳という年齢は、学校と友人関係、家族・親戚くらいしか関係性がなく、社会に出ているわけではありませんので、極めて生活や行動範囲が狭いと思われます。

そのため、トラブルを抱えていたとすれば学校もしくは家庭のどちらかではないかと推測されます。

得てして中学生の自殺の原因のほとんどが学校で同級生にいじめられたことが原因である場合が多く、今回のケースでもいじめられたことが原因であったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

自殺をして問題の解決は望めない!生きていればいいことだってある

いじめを苦に自殺をする人々の心理というのもはどのようなものなのでしょうか?

人には言えない悩みや葛藤などがあり、それが苦しくて自殺をしてしまうのだと思うのですが、それであれば問題の抜本的な解決にはなりません。

もちろん、遺書を書いてそこにいじめの当事者の名前を書いておくことによって、加害者側は一生背負わなければならない「自分のせいで自殺をしてしまった」という十字架を背負うことになるのですが、それはその場しのぎの対処法でしかなく、数年経過してしまえば再び同じような過ちが繰り返されてしまうでしょう。

いじめを根絶やしにするのは、SNSがこれほど発達した時代ではもはや不可能であると思いますが、だからといって自殺をしてしまっては何の問題の解決にはならないという非常に歯がゆいスパイラルに陥ってしまうことでしょう。

生きてるだけで丸儲け

日航機ジャンボ墜落事故の際に当該飛行機に乗る予定だったにも関わらず、仕事の都合で一本遅らせたため命拾いをしたというお笑い芸人の明石家さんまさんは、この際のエピソードを常に心に刻んでおり、「生きてるだけで丸儲け」という言葉を座右の銘にしております。

ちなみにこの言葉は、明石家さんまさんの娘さんであるIMALU(いまる)さんの名前の由来としても有名になった言葉です。(きてるだけでまるもうけ=IMARU)

元々は仏教の禅の教えであり、「今、現に生きていることこそ全てだ。それ以外に何を求めるのだ」という教えが根底にあるそうです。

生きているというだけで素晴らしいのであり、生きていればいいことだったたくさんあるのです。

スポンサーリンク

生きているからこそ悩みが出てくる

「生きてるだけで丸儲け」という言葉は禅の教えとして紹介しましたが、禅も元をたどれば仏教の教えの一つであります。

仏教では四苦といって「生・老・病・死」のこの4つが苦しみであると言われております。

生きること、老いること、病気になること、死ぬことは苦であるのです。

そして、なぜ生きていることが苦しみであるかと言えば、煩悩が邪魔しているからだと仏教は説いております。

煩悩とは108個あると言われている人間が元々潜在的に欲する欲求のことで、お金が欲しいとかいい車に乗りたい、可愛い彼女が欲しい、美味しい食べ物が食べたいなどは全てこの煩悩によって支配されているのです。

生きているうちは煩悩があり、それが悩みとなって人を苦しめるため、生きていることそのものが苦であると仏教は教えており、煩悩を無くすには修行をして悟りを開き、仏のようになることが大事であるとされているのです。

もちろん、現代社会では出家をしない限りこのように修行をすることもなければ、御経を唱えたりすることもありませんが、こうした仏教の倫理観や考え方、哲学というのは十分に通用しますし、心を落ち着かせる一つの要素になるでしょう。

元々宗教は心の拠り所として作られたものですので、何かに悩んだ場合には心の拠り所を作ることで解決するのかもしれません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

東須磨小学校でいじめをした教員の名前や顔画像を特定か?実名が隠蔽される可能性も
今回は、東須磨小学校でいじめをした教員や先生が誰なのかや、名前(実名)や顔画像、パワハラの真相などについて迫ってみたいと思います。

 

博多警察署で拳銃自殺を図った男性巡査部長は誰?自殺の動機は警察組織への当てつけか?
29日午前7時40分ごろ、福岡県警博多署9階の武道場で、同署地域第2課の男性巡査部長が拳銃を使用し、自殺を図ったいたことが明らかとなりました。 今回は、博多警察署で自殺図った男性巡査部長は誰なのか?名前や顔画像、犯行動機などについても迫ってみたいと思います。

 

コメント