生田駅の人身事故で飛び込み自殺をした46歳の女性の名前や顔画像は?自殺の理由も判明?

国内NEWS

出典:wikipedia

30日午前7時2分頃、小田急線の生田駅で人身事故が発生し、多くの利用者に障害が生じました。

今回は、7月30日に生田駅で発生した人身事故で飛び込み自殺をした46歳の女性の名前や顔画像、自殺の原因などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

生田駅で40代の女性が飛び込み自殺を図る

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

30日午前7時ごろ、川崎市多摩区生田の小田急小田原線生田駅で、女性がホームから線路内に飛び込み、走行してきた向ケ丘遊園発小田原行きの普通電車(6両編成)にはねられ、病院に搬送されたが、午前10時15分ごろに死亡が確認された。

神奈川県警多摩署によると、亡くなったのは区内に住む無職の女性(46)で、事故直前に駅を通過する急行電車に飛び込もうとして、居合わせた利用客に止められていたという。目撃証言などから自殺とみられる。

小田急電鉄によると、この事故で約1時間にわたり、上下線45本が運転を見合わせ、約6万4000人に影響が出た。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

生田駅で人身事故!発生当時の様子は?

およそ6万4人に影響が出たと言われている生田駅での人身事故ですが、発生当時はどのような様子だったのでしょうか?

阿鼻叫喚するTwitterユーザーの声をお聞きください。

6万4千人もの人々が小田急線を利用していることにも驚きですが、それぞれの”足”として生活の一部になっているだけあって、人身事故によって電車が遅延したりするのは非常に迷惑なことでしょう。

スポンサーリンク

生田駅の人身事故で飛び込み自殺をした46歳の女性の名前や顔画像は?

では、問題を6万4千人もの人々に影響を与えた張本人の46歳の女性の名前や顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、小田急線生田駅がある神奈川県川崎市多摩区に住む無職の女性であるということですが、自殺であるという点やプライバシーを考慮してなのか、名前や顔画像などは公開されておりません。

こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

生田駅で飛び込み自殺をした理由は?

なぜ尊い命を自らの手で絶たなければならなかったのでしょうか?

鉄道に投身自殺をする人の原因として一般的にあげられるのが、健康上の問題と勤務上の問題であるそうです。

家庭問題や経済問題などもありますが、それらに起因するのは紛れもなく健康上の問題であり、健康上の問題を引き起こす原因となるのが勤務上の問題であると思います。

ここでいう健康上の問題とはうつ病などの精神疾患であり、投身自殺者の多くはこの精神疾患を患っているのだと言われております。

中でも月曜日の朝8〜10時台という一週間の始まりの時間帯に自殺をする人が多くおり、これは勤務したくないという表れでもありますから、鬱や精神疾患と勤務上の問題を両方抱えていることとなるでしょう。

投身自殺者の遺留品の多くは、その日の予定が入っているスケジュール帳が見つかったり、何ヶ月も残された定期券があるなど、自殺をしようと思って自殺をしている人は少ないと言われております。

つまり、生田駅で飛び込み自殺をした女性も何らかの精神的な疾患を抱えてり、それに起因して自殺をしてしまったではないでしょうか?

スポンサーリンク

飛び込み自殺による遺族の賠償金について

よくネット上などでは、電車飛び込み自殺の遺族の賠償金は億単位に及ぶという噂があり、自殺の方法としてお勧めできないという見解を持っている人も多くいるようです。

しかしながら、結論から言えばこれは間違っており、賠償額は数百万〜数千万円くらいであるそうです。

賠償額には以下のような経費などが含まれます。

  1. 車両の修理代
  2. 遅延による払い戻し代
  3. 現場の清掃のためのコスト(人件費)
  4. 他の鉄道会社やバス会社に払う振替輸送代

これは、何人の乗客に影響が出たのか?ということにも関係しますし、首都圏のラッシュ時で何10万人という人々の足を止めてしまえば、賠償額は数千万円にも及ぶでしょう。

ですが、あくまでも抑止力という意味では、電車投身自殺の遺族の賠償額は億単位であるという都市伝説が流布したままの方がいいのかもしれません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

人身事故ってなんで時間かかるの?発生から運転再開までの一部始終!
電車の遅延の理由の一つに、人身事故があります。遅延によりダイアが乱れ、大多数の方に迷惑がかかりますが、今回はなぜ人身事故の復旧にはあれだけの時間を要するのかを解説したいと思います。

 

コメント