青汁王子がLINEを晒したキャバ嬢・椿えれなとは?炎上の経緯や元彼女との破局理由についても

Twitterで話題

出典:Twitter

7月30日、青汁王子こと三崎優太さんがTwitter上に自身が連絡を取り合っているとされる椿えれなさんとのLINEのスクショ画像を晒し、大きな波紋が広がっております。

今回は、青汁王子のLINEをした相手椿えれなさんやLINEの内容などについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

三崎優太こと青汁王子がキャバ嬢とのLINEスクショを晒し、炎上

Twitter上に投稿されたツイートに注目が集まっております。

投稿したのは、かつてメディアで青汁王子の名前で親しまれていた三崎優太さんです。

こちらの投稿では、椿えれなさんというキャバクラ嬢とのLINEスクショ画像を晒しており、「キャバ嬢は手のひらを返せるのか」と嘆き悲しんでいるのです。

▼青汁王子が晒した椿えれなさんのLINEスクショ画像

なんとも言えないやり取りですよね?

スポンサーリンク

青汁王子こと三崎優太について

こちらが青汁王子のプロフィールです。

出典:Instagram

本名:三崎優太(みさき ゆうた)

生年月日:1989年3月29日

年齢:30歳(※2019年7月現在)

出身:北海道

前職:株式会社メディアハーツ創業者兼元代表取締役

現職:焼き鳥屋アルバイト従業員

学歴:北見市立北中学校→クラーク記念国際高等学校卒

青汁王子こと三崎優太さんは、18歳の時に株式会社メディアハーツを起業し、美容通信販売事業として販売した「すっきりフルーツ青汁」が2017年10月23日時点で累計1億3,000万本を超える売り上げを誇る、大ヒット商品となりました。

端正な顔立ちと18歳という若さで起業をし、見事に成功を収めたという華々しい経歴を持っていることや、すっきりフルーツ青汁をヒットさせたということも相まって、〇〇王子の異名をつける世間の論調が三崎優太さんを青汁王子と命名したのです。

青汁王子の脱税事件について

会社も軌道に乗ってきた矢先、青汁王子は法人税を脱税した疑いで逮捕されております。
2019年2月12日におよそ1億8千万円の所得を隠し、法人税の支払いを免れた脱税の疑いで逮捕され、裁判では検察側によって懲役2年が求刑されております。

約1億8千万円を脱税したとして、法人税法違反などの罪に問われた「メディアハーツ」(現ファビウス)の前社長三崎優太被告(30)の論告求刑公判が16日、東京地裁であり、検察側は懲役2年を求刑した。弁護側は執行猶予付き判決を求めて結審した。判決は9月5日。三崎被告は旧メディア社の主力商品にちなみ「青汁王子」と呼ばれていた。

起訴状によると、2015年9月期と17年9月期の2年間、架空の広告宣伝費などを計上して所得約5億1千万円を隠し、法人税と地方法人税計約1億4千万円を免れたほか、架空の課税仕入れを計上して消費税と地方消費税計約4千万円を免れたとしている。

出典:共同通信

この青汁王子の脱税事件によって地位も名誉も地に落ちてしまい、現在は会社の代表からおり、焼き鳥屋でアルバイト従業員として生計を立てているということです。

青汁王子の現在のバイト先は青山の焼き鳥屋・とりまる

青汁王子こと三崎優太さんは、現在東京都港区南青山3丁目8−2 OGビルにある焼き鳥屋「とりまる」で働いており、「串打ち三年、焼き一生」という焼き鳥業界の格言の元、日々、修行に励んでいるということです。

▼青山のとりまるの地図


スポンサーリンク

青汁王子は数年ぶりに彼女ができていた

2019年7月6日には青汁王子こと三崎優太さんはSNSを更新しており、そこで数年振りに彼女が出来たことを告白しております。

さらに、以下のように東京ディズニーリゾートに二人で一緒にデートをした際の写真なども投稿しております。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 「14億4千万円」 僕が1年間に納税した額 「1億8千万円」 僕が逮捕され全てを失った額 あの日から僕の人生はどん底に落ちた 真相も話せないまま、1円も納めていないかのように報道をされた 本当に悔しかった、あの悔しさをバネに必死に生きている ようやく掴み取った10億円出資の話 週明けに回答を貰えることになった 大逆転への切符、今も胸の高鳴りが抑えられない 恥ずかしい話だけど、 人間不信になり、外にも出られず、毎日泣いてばかりいた時 彼女の優しさに救われた、本当に感謝してる 逆境から生まれた愛は強い 必ず幸せにする #ディズニー #彼女 #ディズニーランド #ディズニーシー #彼女のいる生活 #週末デート #シンデレラ城 #カップルフォト #誓い #約束 #逆境 #愛は逆境よりも強い

Yuta Misaki(三崎優太)🍵元青汁王子さん(@yuta_misaki)がシェアした投稿 –

出典:Instagram

こうした彼女との写真をInstagramのみならず、TwitterなどのSNSに数多く投稿していたことがきっかけで破局をしてしまっております。

スポンサーリンク

青汁王子がSNS投稿を理由に彼女と破局

2019年7月6日に彼女が出来たことを報告しているのですが、なんと2019年7月26日には破局を報告しておりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 家に帰ったら彼女からの置手紙がありました、そこには二人の思い出や合鍵も添えてありました。 身体中が震え、涙が止まりません。 僕の人生の太陽が消えました、今も愛を暗闇の中で叫んでいます。 彼女が元彼とご飯に行くって出かけたのが一昨日の夜のこと。 凄く嫌だったけど、こないだ元彼のことでケンカになったから許すしかなかった。好きだからこそ信じるしかなかった。 それから連絡がまったくとれず、既読にすらなりませんでした。 何かのトラブルに巻き込まれてからでは遅いので、警察にまで行きました。 携帯の電源も入っているし、普通に考えて事件に巻き込まれていることはないそうでした。 警察には相手にしてもらえませんでした。 「君のことを忘れ、元彼を選んだんじゃない?」 そんな言葉に胸を切り裂かれました。 心の底から悲しみが込み上げてきます これまで散々惨めな思いをしてきたけど、今が一番辛い。哀れです 既読にならないのでSNSを通じて、手紙も送りました。 必死でした、想いを伝えたくて死ぬ気で書きました。 ランチのバイトから帰宅して、彼女の置手紙を見つけて、目を疑いました。 崩れ落ちました。 大好きな彼女がいなくて、何を支えに生きればいいのでしょうか。 大切なものを失いすぎて、あまりにも惨めで震えが止まりません。 もう連絡することも拒絶され、許されません。 「ずっと支えるね」ってあの時、笑顔で言ってくれた彼女はどこにいったんでしょうか。 あの言葉を僕は信じていました、今も信じていたい。苦しい、悲しい、嗚咽が止まらない。 SNSが憎いです。 すべてを奪ったSNSが憎い。

Yuta Misaki(三崎優太)🍵元青汁王子さん(@yuta_misaki)がシェアした投稿 –

出典:Instagram

この破局の原因ですが、前述したようにSNSに彼女との写真を”晒した”ことがきっかけであるそうで、「SNSにあげられるのもコリゴリです」と元カノに言われたことに対して青汁王子は「SNSが憎いです。 すべてを奪ったSNSが憎い。」と全ての元凶はSNSにあるかのように現実逃避をしております。

元はと言えば、彼女の気持ちを考えずにバンバンSNSに投稿した青汁王子が悪いような気もしますが。

スポンサーリンク

青汁王子は彼女と別れた後、速攻で別の女性にDMをしていた

彼女と別れたとSNS上で報告をしておりましたが、なんと青汁王子は別れた直後に早速別の女性に DM(ダイレクトメッセージ)を送り、願わくば付き合おうという画策をしていたのです。

SNSが憎いと話していたにも関わらず、「SNSで貴方を見て運命を感じました」と謎の発言をしておりますし、さらには初対面で初めてDMをする相手に対して「どうか僕の太陽になってもらえませんか?」というキザなセリフも吐いているのです。

送った相手というのは、キャバクラで働くキャバ嬢の鎌沢朋佳さんという方であり、ただ外見だけを見てこのようなDMを送ってしまったのではないかと考えられます。

青汁王子の唯一の楽しみはSNSだけと矛盾する発言

SNSが憎いはずだった青汁王子でありますが、2019年7月30日現在で青汁王子の唯一の楽しみはSNSだけであるということです。

主張が行ったり来たりしており、もうブレブレなのは明白ですよね?

スポンサーリンク

青汁王子がLINEを晒したキャバ嬢・椿えれなとは?

では、青汁王子が「キャバ嬢は手のひらを返せるのか」と嘆き悲しみ、LINEをスクショを晒した椿えれなさんとは一体どのような人物なのでしょうか?

椿えれなさんは「私の人生買いませんか?」をモットーにしているキャバクラ嬢で、新宿歌舞伎町にあるジュライトというお店に在籍をしております。

 

この投稿をInstagramで見る

 

んーちゅ! 2枚目ことちゃんとうれち🙂♥♥♥すち 、 、 #soumei #歌舞伎町 #キャバクラ #キャバ嬢 #シャンパン #ソウメイ

椿えれなさん(@erena_t_tan)がシェアした投稿 –

また、椿えれなさんはキャバクラ店で勤務する傍ら、YouTuberとしても活動をしているということです。

▼椿えれなさんのYouTubeチャンネル

椿えれな側から見た青汁王子とのLINEスクショが晒される

そんな椿えれなさんですが、自身のTwitter上で青汁王子とのLINEスクショを晒しており、これも炎上する火種となっております。

出典:Twitter

青汁王子と椿えれなさんは以前から知り合いだったみたいで、前述の彼女と別れた途端に椿えれなさんに「彼女と別れた。ラブホテルでデートしよう。」と送っているのです。

さらに、 青汁王子はTwitterでLINEを晒しましたが、それをやめるためには性交渉をしようと持ちかけているのです。

つまり、性交渉をする代わりに、LINEスクショを晒すのをやめるということです。

これは、あまりにも酷いのではないでしょうか?

 

SNSにとり憑かれた男の末路

彼女と別れた理由がSNSであったにも関わらず、再びSNSで女性にDMアタックをし、付き合おうとしたり、性交渉に持ち込もうとする精神もすごいですが、それよりも別れた直後というタイミングでやっているのがすごいと思われます。

SNSが憎いという投稿をSNSにしているあたり、やはり建前だったのではないかと思われますし、SNSにとり憑かれてしまっていると判断していいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

池田莉菜のインスタから顔画像が流出し超美人?職業はキャバクラ嬢で旦那についても
出典: NNN 長女を虐待し、暴行して殺害したとして札幌市中央区の飲食店従業員・池田莉菜(いけだ りな)容疑者と、交際相手の藤原一弥(ふじわら かずや)容疑者を逮捕しました。 今回は、池田莉菜容疑者のインスタやTwi...