博多警察署で拳銃自殺を図った男性巡査部長は誰?自殺の動機は警察組織への当てつけか?

国内NEWS

出典:FNN

29日午前7時40分ごろ、福岡県警博多署9階の武道場で、同署地域第2課の男性巡査部長が拳銃を使用し、自殺を図ったいたことが明らかとなりました。

今回は、博多警察署で自殺図った男性巡査部長は誰なのか?名前や顔画像、犯行動機などについても迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

博多警察署の男性巡査部長が拳銃を使用し、自殺未遂

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

29日午前7時40分ごろ、福岡市博多区博多駅前2の福岡県警博多署9階武道場で、同署地域2課所属の男性巡査部長(52)が頭から血を流して倒れているのが見つかった。巡査部長は救急搬送されたが、意識不明の重体。近くに拳銃が落ちており、同署は拳銃自殺を図ったとみて調べている。
博多署によると、巡査部長は29日午前6時45分ごろに出勤し、同7時10分に当直から拳銃を受け取った。点呼のため同僚が武道場に向かったところ、倒れていた巡査部長が見つかった。署内のロッカーから遺書が見つかり、プライベートに関する悩みや自殺する旨が記載されていたという。

巡査部長は同署で拳銃を受け取った後、博多区内の交番で勤務する予定だった。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

博多警察署で拳銃自殺を図った男性巡査部長は誰?

では、博多警察署で拳銃自殺を図った男性巡査部長は一体誰なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、52歳の巡査部長ということですが、今の所名前や顔画像については公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

52歳の巡査部長は交番勤務であったということですが、自傷行為での死亡の場合は殉職扱いにならず、二階級特進などの特権も与えられないため、今後名前などの情報は公開されない可能性も考えられます。

スポンサーリンク

博多警察署の男性部長の自殺の理由は?

では、自殺を図ったとされる男性巡査部長の自殺の理由は一体どのようなものだったのでしょうか?

この男性巡察部長のロッカーには、遺書が残されていたということですが、わざわざ武道場で自殺を図っているという点が非常に引っかかります。

警察官というのは出社したのちロッカーで制服に着替え、勤務場所によって事務官から警察手帳や手錠、警棒、拳銃などを貸与され、それぞれの勤務地に出向いていくのだと言います。

つまり、あえて会社に出勤してから自殺を図ったということになるのです。

自殺をしたいのであれば、わざわざ人目につく場所ですることはまずあり得ませんし、警察の武道場で行なっていることにも不可解な点であります。

こうしたことを踏まえると、警察組織や巡査部長としての仕事に何らかの不満や不安を抱えており、それが引き金となって警察内部で”拳銃”を使用して自殺を図ったのではないでしょうか?

あえて警察署内で発生しているということで、このような動機も十分に考えられると思います。

スポンサーリンク

警察官は射撃場で拳銃を発砲することが可能

各県警や警察組織によって違いはありますが、基本的に警察官というのは射撃場で拳銃を発砲することが可能です。

射撃場の場所などは一般には非公開であり公開されることはありませんが、警視庁では地下にあるなど厳重な管理がされてあります。

福岡県警も同様であり、福岡県警しか使用することができない射撃場にて拳銃を発砲しているだと思います。

警察官が発砲を許されるケース

警察官が拳銃を発砲するに当たっては、警察官職務執行法の第7条に基づき、発砲することが許されています。

警察官は、犯人の逮捕若しくは逃走の防止、自己若しくは他人に対する防護又は公務執行に対する抵抗の抑止のため必要であると認める相当な理由のある場合においては、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度において、武器を使用することができる

出典:警察官職務執行法

そして、拳銃を構えることができる具体的な事例がこちらのようです。

■現場臨場

(1) 刃物を携帯した者が街中を徘徊しているとの通報を受け現場臨場したところ、その者が刃物を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(2) 刃物を使用した傷害事件現場に臨場したところ、犯人が刃物を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(3) 強盗の通報を受け現場臨場したところ、犯人が隠し持っていたけん銃様の物を取り出そうとした場合

(4) けん銃の発砲の通報を受け現場に臨場したところ、犯人らしき者が懐に手を入れ、何かを取り出そうとした場合

(5) 暴走族等の非行集団がい集している現場において、数人の少年が鉄パイプ等を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(6) 極左暴力集団による、テロ、ゲリラ、内ゲバ事件の現場において、犯人が鉄パイプ又は刃物等を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(7) 集団密航事案の現場において、密航ブローカー等が刃物を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(8) 公道上で刃物を振り回している者が、通行人に対して襲いかかる気勢を示している場合

(9) 持凶器強盗事件現場に臨場したところ、犯人が近くにいる通行人を人質に取ろうとした場合

■職務質問

(1) 警ら中、不審者を発見し、職務質問するために近づこうとしたところ、相手が隠し持っていた刃物を取り出して警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(2) 不審車両を発見し、職務質問しようとしたところ、パトカーに車両を衝突させて抵抗しようとする場合

出典:警察庁

もちろん、こうした状況は基本的には犯人に向けての拳銃の使用であり、決して自傷行為に使用するものではありません。

一般市民の安全を守るために警察官に拳銃が貸与されており、自らの命を絶つためのものではありませんので、完全に使い方を間違っていることでしょう。

スポンサーリンク

警察官の拳銃の管理について

現在、全国の都道府県警察にはおよそ27万丁もの拳銃が配備されており、原則的に1人1丁貸与されております。

制服を着用している警察官は、自身が所属している警察署に出勤した後、制服に着替えます。

そこでそれぞれが勤務する交番などに向かうのですが、警察署内にある拳銃保管庫に行って、拳銃管理責任者がしっかり確認した後、自分に貸与されている拳銃と弾丸を受け取るという仕組みになっております。

返却するときも同じで、責任者の確認の下、拳銃を返却しま、弾丸は抜き取られた形で保管されますが、厳重な管理のもと保管されております。

拳銃管理責任者は、その日に保管庫から出した拳銃の丁数と弾丸数などを記録しており、差分がないかなどを逐一確認しております。

もしも、警察官が拳銃を自分の机の引き出しに入れたり、私的乱用などすれば処分の対象になるなど、厳しい管理がされているのです。

何れにしても、博多警察署で発生した自殺未遂事件でありますので、一層の波紋が広がることでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

東仙台交番 警官殺人事件の犯人の情報がこちら!名前や顔画像、犯行動機についても
...

 

コメント