大船渡高校にクレームを入れた犯人の正体がヤバい!苦情の理由が酷すぎる

スポーツNEWS

出典:日刊スポーツ

25日に行われた第101回全国高校野球選手権岩手大会の決勝で、大船渡高校の最速163km/hを投げる右腕・佐々木朗希投手を登板せずに配線した件について、大船渡高校に多くのクレームや苦情が寄せられていることが明らかとなりました。

今回は、大船渡高校のクレームの犯人について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

大船渡高校に「なんで佐々木を投げさせない?」と苦情殺到

デイリースポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 全国高校野球選手権岩手大会の決勝で最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)が出場せずに敗退したことを受け、学校側に苦情が殺到していることが26日、わかった。

同校関係者によると、「きのうだけで150件。(ほとんどが)『何で(佐々木を)投げさせなかったのか』という問い合わせだった」という。今朝の段階で約50件があったことを明かした。同校職員も「今朝から電話が鳴りっぱなし」と対応に苦慮している。

この日は終業式に先立ち、野球部の岩手大会準優勝報告会が開催された。混乱防止のため、大船渡警察署に要請して学校周辺の巡回を強化。佐々木らナインは全校生徒518人の前で、応援への感謝を伝えた。

出典:デイリースポーツ

 

大船渡高校の監督の采配問題について

大船渡高校の監督が佐々木朗希選手を登板させなかった件や、采配の問題などについてはこちらに詳しく掲載しておりますので、こちらをご覧ください。

大船渡高校の監督・国保陽平の采配は無能?佐々木朗希を温存した理由とは?
しかしながら、甲子園をかけた大事な試合であるにも関わらず、佐々木投手を登板させなかったとして大船渡高校の国保陽平監督に大きな批判がされているのも事実です。 今回は、大船渡高校の国保陽平監督の采配が無能だったという説や、佐々木朗希投手の起用法などについて迫ってみたいと思います。
スポンサーリンク

大船渡高校にクレームや苦情を入れた犯人がヤバい

では、大船渡高校に実際にクレームや苦情を入れたとされる犯人は一体どのような人物だったのでしょうか?

この苦情の電話の中で、激励の言葉は100件中1件くらいでほとんどが苦情であったということで、電話では埒が明かないために学校に乗り込もうとする人もいたのだとか。

つまり、大船渡高校の佐々木選手の起用法を巡って納得のいっていない人物が、クレームでは飽き足らず、学校側に直接乗り込もうとしているということです。

流石にこれは人としてどうかしていると思われます。

クレームを入れた人物の名前や顔画像などは明らかとなっておりませんが、それでもやはりこのように無駄なクレームや苦情を入れるということはよっぽど暇なのでしょう。


スポンサーリンク

なぜ大船渡高校にクレームを入れたのか?

では、なぜ大船渡高校にクレームを入れなければならなかったのでしょうか?

そもそも、1人の高校生が地方予選の決勝戦で登板をしたかしないかを議論すること自体おかしなことで、もっと報道するべきことがあるのではないかとも思われるのですが、逆を言えばそれほどプロやメジャー、一般のにわか野球ファンなどのからも注目度が高いということになります。

高校生で最速・163km/hを投げるというのは、現・エンゼルスの二刀流大谷翔平選手よりもすごいことですし、同じ岩手出身の大型新人であるということで、期待をすることもあるのでしょう。

さらに、エースピッチャーとしてだけではなく、4番という打線の中軸も担っており、岩手県大会の準決勝では自らのホームランで試合を決めるなど、投打の中心としてチームに貢献しているというだけあって、「なぜ決勝で投げさせなかったのか?」という論争が巻き起こっているのです。

やはり日本国中からの注目を集めている選手であるため、甲子園という全国中継がされる舞台で見たかったという勝手なエゴによって多くのモンスタークレーマーが大船渡高校にクレーム入れているのでしょう。

スポンサーリンク

大船渡高校にクレームを入れている人物はモンスタークレーマー

モンスタークレーマーとは、物事に苦情や難癖を付ける人々の中で、その理由が極めて身勝手かつ理不尽な言い分で不当な要求をする人のことを指す言葉です。

「佐々木朗希を投げさせていたら買っていた」「佐々木朗希を登板させなかったのはなぜ?理由を説明しないのであれば大船渡高校に乗り込む」という旨のクレームは明らかに世論から逸脱しておりますし、発言をしている人はモンスタークレーマーとみて間違いないでしょう。

自分勝手で傲慢なクレームであり、ただ甲子園で見たいから決勝戦に出させろというのはあまりにも身勝手なクレームです。

佐々木朗希選手が登板していたからといって勝てたかどうかも分かりませんし、仮に大船渡高校が勝っていたとすれば苦情を入れたのでしょうか?

モンスタークレーマーは大船渡高校が負けた理由が佐々木朗希選手の起用法にあったという建前を利用して、本当は甲子園という全国の舞台で見たかったというのが本音の理由であるのです。

スポンサーリンク

苦情を入れるのであれば大船渡高校ではなく高野連

大船渡高校の国保陽平監督は、佐々木朗希選手を起用しなかった理由について「投げられる状態であったかもしれないが、私が判断した。理由としては故障を防ぐこと」と名言をしており、報道陣の目の前の勝利より佐々木選手の将来を優先したのでは?という質問に対しては「佐々木が投げなくても勝ちを目指した」とコメントをしております。

ここまで過密な試合日程やスケジュールとなっているのはそもそも高野連が定めた規定でありますし、それに則ってなおかつ選手のコンディションなどを万全に保つためにマネジメントするのが監督でありますから、脳みそ筋肉的にエースで4番を登板させろというのはあまりにも思考が停止しており、愚の骨頂としか言いようがありません。

少なくとも苦情を入れるのであれば「なぜこのような過密日程で試合を組んでいるのか?」ということを高野連に入れるべきであり、大船渡高校に起用法云々のクレーム入れるべきではないでしょう。

何れにしても、日本にはこうした問題に対してもクレームを入れるモンスタークレーマーが数百人もいるのだと思うと、ゾッとします。

スポンサーリンク

あなたのおすすめの記事

 

大船渡高校の監督・国保陽平の采配は無能?佐々木朗希を温存した理由とは?
しかしながら、甲子園をかけた大事な試合であるにも関わらず、佐々木投手を登板させなかったとして大船渡高校の国保陽平監督に大きな批判がされているのも事実です。 今回は、大船渡高校の国保陽平監督の采配が無能だったという説や、佐々木朗希投手の起用法などについて迫ってみたいと思います。