常盤暁彦が松戸神社殺人事件の犯人か?38歳・息子の顔画像判明で動機は跡継ぎ問題か?

事件

出典:松戸市

スポンサーリンク

22日午後、千葉県松戸市の民家でこの家に住む女性が首を切りつけられて倒れているところを夫の男性が発見しました。女性は病院に搬送されましたが死亡が確認されています。

千葉県警の発表では民家近くにある神社で血だらけで歩いていた女性の息子が何か事情を知っているとして捜査を進めているとのことです。

息子が発見された神社は”松戸神社”という歴史ある神社で被害者の女性の夫も取り調べを受けている息子も神職に就いていました。

では一体神社に仕える家系に何が起こったのか、真相を追求しました。

神職の母親が死亡、息子を自殺を図ったか

事件については産経新聞をはじめ各メディアが以下のように報道しています。

 22日午後1時15分ごろ、千葉県松戸市松戸の民家の居間で、この家に住む常盤(ときわ)圭子さん(66)が首から血を流してあおむけに倒れているのを、60代の夫が発見した。常盤さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

約10分後には民家から約80メートル先の松戸神社の境内で、同神社の禰宜(ねぎ)で常盤さんの息子(38)も首から血を流しているのを神社関係者が発見した。息子は重傷だったが、命に別条はないという。

千葉県警松戸署は、息子が常盤さんが死亡した経緯について何らかの事情を知っているとみて、回復を待って事情を聴く方針。

出典:産経新聞


スポンサーリンク

松戸市の由来にもなった”松戸神社”

事件の現場となったのは千葉県西部にある松戸市の民家でした。亡くなった被害者、常盤圭子さんの一家は松戸市にある”松戸神社”という神社を代々受け継いでいく神職の家系のようで、圭子さんの夫も血だらけで発見された息子も神職に就いていました。

創建は江戸時代初期である1626年と歴史があり水戸黄門で知られる水戸光圀公の逸話などが残っています。

祭神は日本武尊で110年に日本武尊が吉備武彦らとこの場所で待ち合わせたことから”待つ郷”→”松戸”と呼ばれるようになりました。

必勝、家内安全などの御利益が期待されており、2010年には宇宙飛行士の山崎直子さんが神社のお守りを手に宇宙に飛び立ち無事帰還を果たしています。

スポンサーリンク

松戸神社の禰宜・常盤暁彦が犯人か

では由緒正しい神社で誰が事件を起こしたのでしょうか。

千葉県警の発表では圭子さんの息子が神社の境内で首に怪我を負った状態で発見されており何かしらの事情を知っていると見ています。

息子については逮捕されていないため報道メディアによる情報は出ていませんが松戸神社の”禰宜”という役職に就いていたことは明らかになっています。

松戸神社、禰宜で調査を行ったところ2017年に松戸市のラジオに松戸神社の禰宜が出演している放送回を発見しました。

その時出演していた禰宜の名前は”常盤暁彦”。市役所にあるラジオの紹介ページには顔写真もありました。

出典:松戸市

常盤暁彦という人物は松戸神社の広報も務めていたのか松戸神社公式ホームページにも担当に名前が掲載されていました。

出典:松戸神社

スポンサーリンク

動機は跡継ぎ問題?莫大な金が絡んでいる可能性

ではなぜ”常盤暁彦”と見られる息子は境内で首を自傷して重傷を負っていました。このことから圭子さんを襲ったのも息子だと見られています。

ではその動機は何だったのでしょうか。

神職の事件と言えば2017年の年末に発生した東京都江東区の富岡八幡宮の事件が思い起こされます。

富岡八幡宮の事件では跡継ぎ問題をこじらせて弟が姉を日本刀で襲い何回も切り付けて殺害するという残忍な事件でした。

その時発覚したのは神職は稼げる仕事だということでした。

犯人である弟はラスベガスのカジノで豪遊し、殺害された姉も新宿歌舞伎町でホスト通いという湯水のように金を遣う生活をしていました。

心を許す相手はいなかったのだろうか。生前、長子さんは10匹以上の犬と、この自宅に一人で住んでいた。2010年に宮司代務者となってからは、新宿歌舞伎町のホストクラブにも足しげく通っていたという。長子さんが通っていた店に出入りしていた人物はこう話した。

「指名するのは20代前半の若いホスト。VIPルームを使い、一本100万円以上するクリスタルボトルを注文することもあった。月の支払いは200万円以上。いつも運転手付きの車で店まで来ていました」

出典:AERA.dot

特に由緒正しい神社であれば参拝する客も多く初詣だけで数億もの賽銭を稼ぐ神社もあるそうです。さらには神職は年収が高くても税金が少ないので懐に入るお金も一般サラリーマンよりは多いと言います。

松戸神社も由緒正しい神社で神前結婚式など多数受け付けていた様子で収入では多かったのではないかと思われます。

おそらくはそこで圭子さんと”常盤暁彦”と見られる息子の間で富岡八幡宮のように跡継ぎ問題など金銭が絡んでくるトラブルに発展して事件に至ったのではないでしょうか。

神に仕える仕事だとしても結局は人間、欲望には勝てないということがよく分かる事件です。

あなたにおすすめの記事

 

富岡八幡宮の犯人判明か!江東区の富岡八幡宮で殺人事件発生!犯人は神社の関係者で日本刀を所持し、2人が死亡!
出典:JNN 7日午後8時半ごろ、東京・江東区の富岡八幡宮の近くで「刃物を持った人がいる」と通報がありました。 発表によりますと12月7日午後8時半ころ、江東区富岡の富岡八幡宮で、通行人から「何者かが複数人を刃物で切りつけた...

 

コメント

テキストのコピーはできません。