小林良太が吉本の顧問弁護士でイケメン!学歴やプロフィール、無能と言われる理由についても

国内NEWS

出典:oricon news

スポンサーリンク

 

いわゆる「闇営業」の問題で、吉本興業の岡本昭彦社長が出席する記者会見が22日午後、東京都内で開かれ、大きな波紋が広がっております。

今回は、この記者会見で吉本興業の顧問弁護士として登場した、小林良太弁護士のプロフィールや経歴などについて迫ってみたいと思います。

吉本興業の顧問弁護士・小林良太が会見に同席

日刊スポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が、雨上がり決死隊宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)らによる反社会的勢力を相手にした闇営業問題に端を発した一連の騒動について22日、都内で記者会見を開いた。

冒頭から同社の小林良太顧問弁護士が経緯を説明した。

闇営業問題をめぐっては19日、吉本が宮迫の契約解消を発表。翌20日、宮迫と亮が独自に謝罪会見をした。会見で2人は、同問題で当初うそをついたことに関する謝罪会見開催を吉本側に求めたところ、岡本社長から「やってもええけど全員連帯責任でクビにする」「俺にはお前ら全員をクビにする力がある」などと言われたことを明かし、大きな波紋が広がっていた。

また吉本で強い影響力を持つダウンタウン松本人志(55)が21日、フジテレビ系「ワイドナショー」生放送で「吉本興業はつぶれるんじゃないかと危機感を持っている」と明言。前日20日夜、いずれもかつてダウンタウンのマネジャーをしていた岡本社長、大崎会長の両者と話し合い、会見すべきと申し入れたことも明かした。

同番組には岡本社長もVTR出演。騒動を謝罪し、会見を開くことを自身の口で話した。

出典:日刊スポーツ

スポンサーリンク

小林良太弁護士について

こちらが、吉本興業の顧問弁護士である小林良太弁護士のプロフィールです。

出典:Twitter

名前:小林良太(こばやし りょうた)

年齢:30代

職業:弁護士

登録番号:44027

弁護士会:東京

所属事務所:吉本興業株式会社

小林良太さんは、弁護士の資格を持っている人物で、現在は吉本興業の法務部という法律関連全般を司る部署に勤務をしております。

学歴は?どこの大学の法学部を卒業?

法律家になるためには、司法試験という国家試験を突破せねばならず、ほとんどの人が大学の法学部でそれを学んでいることでしょう。

小林弁護士に関しても例外ではなく、どこかの大学の法学部を出ていることは間違いないと思われますが、そちらの大学に関しては詳しい情報は公開されておりませんでした。

おそらく関西地方の大学出身なのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

小林良太弁護士がイケメンであると話題に

そんな、小林良太弁護士ですが、本人や吉本興業の思惑とは裏腹にイケメンであると話題になっております。

イケメンであると言われておりますが、これは記者会見とは全く関係のないことであるため、変なところで盛り上がってしまっているなという印象です。

確かにイケメンではあると思うのですが、話し方や説明が下手であるとして批判もされております。


スポンサーリンク

小林弁護士は無能?

ここまで事態を大きくしてしまった原因の一つとして、吉本の対応の悪さが言われておりますが、それはおそらく顧問弁護士の対応の悪さによるものであり、無能ではないかと言われております。

弁護士の資格を持っており、法務部として会社のコンプライアンスの徹底や、危機管理全般を行なっているという事ですが、記者会見が後手に回ったり、対応の悪さが露呈してしまっては、やはり無能と言われても仕方のないことかもしれません。

また、マイクを持つ手が震えているということで、こうした記者会見の場に慣れておいないという経験不足なども無能と言われる所以なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

小林良太弁護士の性格がサイコパスだった?

そんな小林良太弁護士ですが、性格がサイコパスだったのではないかと言われております。

田村亮さんが謝罪会見を開きたいという気持ちを踏みにじった吉本興業ですが、その気持ちを田村さんが錯乱していたとあたかも田村さん側に問題があるかのような発言をしており、これにより性格がサイコパスだった可能性も捨て切れません。

サイコパスとは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、精神に異常を来している人のことを指します。

サイコパスの主な特徴としては、見た目は魅力的で口達者であり、自信満々でよく自慢話をすることが多いそうで、さらには、慢性的に嘘つくこともしばしばで、他人や動物などが築けられても冷酷で冷淡でいられるのも特徴です。

スポンサーリンク

岡本社長は小林良太弁護士に説明を丸投げ

小林良太弁護士は岡本社長との関係性は定かではありませんが、会見中に大事なところの説明は岡本社長に丸投げをしておりました。

さらに、水を得た魚のようにそれまで歯切れの悪かった説明をしていたのに、丸投げできる案件になったタイミングでハキハキと喋り出すのも問題視されております。

大事なところこそ岡本社長が説明をすべきなのですが、そうした危機管理やリスクヘッジをすることが法務部調の役割であり、記者会見のマネジメントも重要な任務でありますので、そうした事をしていないとなれば、やはり無能だったと言わざるを得ないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

岡本昭彦のガキ使出演時にブリーフで猫を抱く動画がこちら!理不尽にビンタをする様子も
吉本興業の岡本昭彦社長が22日、宮迫博之さんなどの闇営業を巡る一連の騒動の説明をするとして、都内で会見を開きました。 今回は、岡本昭彦社長のガキ使出演時のビンタ動画や白ブリーフで猫を抱く動画、会見に対する批判などについて迫ってみたいと思います。