KAエスマ文庫(京アニ)が小説を丸パクリし、犯人の放火の動機に繋がった?アイディアだけを盗作?

事件

出典:京都アニメーション

スポンサーリンク

18日、京都府京都市伏見区にある人気アニメーション制作会社「京都アニメーション」で発生した放火事件。

33人が死亡するという日本犯罪史上最多の死者数を出す事件を起こした犯人の男は、自身も重度の火傷を負い現在意識不明の重体に陥っています。

男は意識を失う前「小説盗んだので、液体を撒いて火をつけた」という供述をしていました。

京都アニメーションが小説を盗んだとはどういうことなのでしょうか。

真相を追求しました。

平成以降史上最悪の放火事件

事件については中日新聞をはじめ各メディアが以下のように報道しています。

 

18日午前10時半ごろ、アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区桃山町因幡にあるスタジオから出火、3階建ての建物が燃えた。京都市消防局によると、33人の死亡を確認した。府警は顔や胸の付近にやけどを負い病院に搬送された男の身柄を確保。運転免許証などから関東在住の41歳で「ガソリンのような液体をまき、火を付けた」という趣旨の話をしており、放火殺人事件として調べている。警察庁によると、放火事件の犠牲者数としては平成以降、最悪という。

男は「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、府警は現場からハンマーと包丁数本を発見。ガソリンを運んだとみられる携行缶も見つかった。

出火時、スタジオには従業員ら約70人がいたとみられる。確保された男を含め負傷者36人が搬送され、うち重傷は10人。死者は音声収録室がある1階で2人、2階で11人、3階と屋上への階段で20人が見つかった。3階建て約690平方メートルが燃え、出火から約5時間後に鎮圧状態になった。

出典:中日新聞

アニメファンだったら知らない人はいないというほど圧倒的な知名度を誇るアニメーション制作会社だったためインターネットでは動揺の声が広がっています。

スポンサーリンク

京アニで放火事件、スタジオが全焼

多くの報道機関によって、京アニの第1スタジオが火災現場であると報じられておりますが、こちらがその詳細です。

出典:毎日新聞

現場は、京都府京都市伏見区桃山町因幡15−1にあるアニメ製作会社「京都アニメーション」の第一スタジオであるということで、京阪宇治線の六地蔵駅からも近く、周りには民家なども立ち並ぶ住宅地に併設されているスタジオです。

火災発生当時の様子

ヘリコプターからの映像ですが、こちらが京アニ火災の火災発生時の様子であります。

黒い煙がモクモクと上がっており、消防隊員が必死に消化活動をしている様子が見受けられると思います。

全焼する勢いで燃え広がっております。


スポンサーリンク

41歳の男は意識不明の重体へ

では、この放火犯は一体どのような人物なのでしょうか?

「1階に液体をまいて火をつけた」と供述をしているということですが、ガソリンのようなものをまいて、火をつけたのは明白なようです。

さらに、NHKによれば放火犯は41歳の男性であるということ。

捜査関係者によりますと身柄を確保された男は41歳だということです。男もけがをして病院で手当てを受けているということです。

出典:NHK NEWS WEB

41歳の男性の情報ですが、名前や顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

19日午後12時現在、男は重度の火傷を負って意識不明の重体に陥っているようです。

スポンサーリンク

アニメ化確約、京アニレーベル”KAエスマ文庫”

意識不明の重体に陥っている犯人の男ですが供述で「小説を盗用された」と京都アニメーションに自身のアイデアを使用された旨の言葉を口にしていました。

京アニは2011年から自社でライトノベルを出版する文庫”KAエスマ文庫”というレーベルを立ち上げています。同レーベルは京都アニメーション大賞という小説グランプリで大賞、奨励賞を獲得した小説を発行する出版会社で、他のライトノベルの賞とは異なり大賞を獲得した場合はアニメ化を確約するという副賞が付いています。

通常、ライトノベル原作がアニメとして放映されるには大賞を取ってもその後の売上が伸びなければアニメ化はされません。

そのため作家にとってはアニメ化が確約されている、しかもアニメを製作するのは京都アニメーションという手っ取り早く小説家として名前を売るには絶好の賞でした。

実際、京都アニメーション賞の各賞を受賞してアニメ化され話題になった小説はたくさんあります。

出典:Wikipedia

第1回奨励賞受賞の「中二病でも恋がしたい」や第2回奨励賞受賞「ハイ☆スピード!(改題:Free!)」はテレビアニメ放映後、話題作となり劇場版まで作成されています。

スポンサーリンク

KAエスマ文庫はアニメ化のための使い捨て

しかし京都アニメーション大賞の開催概要を見てみるとアニメーション化、文庫化する際に作品を改稿する可能性があると注意事項を謳っています。

  • ※「該当作品なし」の場合もございます。
  • ※受賞作には寸評を掲載させていただきます。
  • ※アニメーション化、文庫化する際に受賞作を改稿する場合がございます。

出典:京都アニメーション

そして実際アニメ化されると原作とは大きく異なる展開、原作には登場しないキャラクターが登場するなど大規模な改稿が行われていたようです。

さらに最近では大賞作品を選出しないことが続き、応募者からは大賞作品に贈られる賞金100万円を出すことなく安価にアニメ原作を手に入れているという見方がされていました。

そのことから現在京都アニメーションは近年、多くの応募者から小説を盗用する会社だと思われていたようです。

インターネットの匿名掲示板である5ちゃんねるでは京都アニメーション大賞とKAエスマ文庫に対して批判が相次いでいました。

この名無しがすごい!

2017/05/26(金) 04:48:01.07ID:W2JAFYkN

特にアニメ業界には
ずいぶんパクられたからな

この名無しがすごい!

2017/05/26(金) 05:29:33.48ID:yPcJxqY/

今度はパクられないうちに
早目にネットにあげるつもりだよ
改善点はもう改善してあるからね今の時代、同人が盛んで助かる

この名無しがすごい!2017/06/08(木) 02:58:30.62ID:E27IRHML

落選した人の作品の情報をどこかで話しているっていうんじゃないよね?
そんな事したら著作権上の大問題
落選の場合は権利は落選した人にあるわけだからねどちらにしても京都アニメーションがすべきことではないのでは?

出典:5ちゃんねる

原作とかけ離れた改稿を行い、まるでオリジナルの作品にしてしまったことで多くの人から反感を買っていたことは間違いなさそうです。

犯人の男が京都アニメーション大賞に応募していたのか、またどのくらいまで選考で進んでいたのかは不明ですがこのような評判を聞いて”盗用された”と思い込み犯行に臨んだ可能性も低くはないでしょう。

あなたにおすすめの記事

 

京都アニのパクリやがってとは?パクった作品や放火犯の発言の真相も
18日、京都市伏見区にある大手アニメーション制作会社「京都アニメーション」。その第一スタジオに男が乱入しガソリンを撒いた上で放火するという事件が発生しました。 放火されたスタジオは瞬く間に煙に包まれ全焼。その後建物の中から27人の遺体が発見されています。 近年稀にみるひどい事件となった今回の放火事件。放火した男は現場から逃走しましたがスタジオ近くの民家前で発見され身柄を京都府警に確保されています。 その際男は「パクリやがって」という恨み言を残していたそうですが、その言葉の真意は何なのでしょうか。男の犯行動機を追及しました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。