京アニ火災で放火をした犯人の動機は強い殺意によるもの!5本の刃物を所持し通り魔も計画

国内NEWS

出典:

 

18日午前10時半ごろ、京都市伏見区桃山町因幡にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオで、大規模な火災が発生し、その原因が放火であることが明らかとなりました。

今回は、この京アニ火災の放火犯の名前や顔画像、放火の動機や刃物による犯行の可能性などの強い殺意、京アニの今後などついて迫ってみたいと思います。

ガソリンのような液体が撒かれ、京アニが放火される

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

京都市伏見区の老舗アニメーション会社のスタジオで18日午前、突如「ドーン」という爆発音が上がった。焼け出された若い女性が、「助けて」と恐怖に駆られた表情で近くの商店に駆け込み、40人近くの男女が負傷した。取り残された人も多数いるとみられ、救急車や消防車のサイレン、舞い上がった黒煙で、周辺の住宅街は騒然とした。

近所に住む60代の女性は、現場から東へ約90メートル離れた米店に、全身にやけどを負った20代くらいの若い女性が悲鳴を上げながら駆け込むのを目撃した。「知らない人から灯油のような液体をかけられた。助けて」と叫んでいたといい、裸足で血を流し、服も破れていたという。次第に口数が少なくなったといい、「救急車がなかなか来なかった。消防の指示で、水をかけてあげることしかできなかった」と心配そうな様子で話した。女性はその後、救急車で運ばれていった。

 また、現場近くの会社社長の女性(73)は「もうもうと煙が上がる中、屋上から雨どいを使って下りてきた男の人をみた」と証言した。ほかにも「肩から血を出していたり、顔が赤くやけただれたり、すすだらけだったりして、10人くらいはけが人がいた」といい、従業員10人くらいで介抱に当たったが、横たわったままで動けない人も2人いたという。

(ー中略ー)

出典:毎日新聞

 

火災発生現場は、京アニの第1スタジオ

多くの報道機関によって、京アニの第1スタジオが火災現場であると報じられておりますが、こちらがその詳細です。

出典:毎日新聞

現場は、京都府京都市伏見区桃山町因幡15−1にあるアニメ製作会社「京都アニメーション」の第一スタジオであるということで、京阪宇治線の六地蔵駅からも近く、周りには民家なども立ち並ぶ住宅地に併設されているスタジオです。

火災発生当時の様子

ヘリコプターからの映像ですが、こちらが京アニ火災の火災発生時の様子であります。

黒い煙がモクモクと上がっており、消防隊員が必死に消化活動をしている様子が見受けられると思います。

全焼する勢いで燃え広がっております。

スポンサーリンク

犯人は41歳の男性

では、この放火犯は一体どのような人物なのでしょうか?

「1階に液体をまいて火をつけた」と供述をしているということですが、ガソリンのようなものをまいて、火をつけたのは明白なようです。

さらに、NHKによれば放火犯は41歳の男性であるということ。

捜査関係者によりますと身柄を確保された男は41歳だということです。男もけがをして病院で手当てを受けているということです。

出典:NHK NEWS WEB

41歳の男性の情報ですが、名前や顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

しかしながら、病院で手当てを受けているということで、退院され次第の実名報道となることでしょうが、それがいつになるのかも明らかにされておりません。

スポンサーリンク

「死ね」と叫びながらガソリンを撒いた

放火の動機についてですが、京アニに対してものすごい強い恨みがったのではないかと推測されます。

18日、京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオで火災が発生し、ガソリンのような液体をまいたとして、男が確保された。捜査関係者によると、現場の目撃情報から男はガソリンのようなものに火をつけながら「死ね」などと話していたという

出典:livedoor ニュース速報

実際に死ねなどと言いながら火を放ったということは、ものすごい強い恨みがあることはいうまでもありませんし、京アニのスタッフ個人というよりは、京アニ自体に強い恨みがあったとみて間違いないでしょう。

また、男は怒った様子で「パクリやがって」と声を荒らげたということですので、京アニに盗作されたと勘違いしたライバルのアニメ制作会社の人物か、同人誌などを書いている人なのかもしれません。

妄想癖から精神障害の可能性も?

もし仮に京アニが盗作をしていた場合、それ相応の動機として成り立つのですが、京アニがそのような愚行をしているとは考えにくく、そうなってくれば妄想癖がある精神障害の可能性も十分に考えられるでしょう。

統合失調症や躁鬱病などを患っており、京アニにパクられたという強烈な被害妄想に取り憑かれていたという恐れもあります。

スポンサーリンク

現場付近には複数の刃物が落ちていた

火災現場の付近には複数の刃物が落ちていたということです。

警察によりますと現場には刃物のようなものが複数落ちていたということです。男のものかどうかはわからないということです。

出典:NHK

つまり、放火をでは飽きたらなかった場合、刃物などと用いて殺傷したり、通り魔的犯行をする予定があったということになります。

現場検証をしている様子を捉えたこの写真には、少なくとも5本もの刃物が落ちており、これらを使用されていた場合、もっと甚大な被害になっていたことは言うまでもないでしょう。

スポンサーリンク

何も罪のない10人の命が奪われる

この放火犯の犯行によって、少なくとも10人の方が命を落としてしまった可能性があるということです。

 京都府警によると、スタジオ火災で、建物2階に約10人が横たわった状態で見つかった。死亡しているとみられ、救急搬送しない。

出典:共同通信

最悪の事態になってしまいました。

犯人の身勝手な思惑から、何も罪のない10人の命が奪われてしまっておりますし、絶対に許される犯行ではありません。


スポンサーリンク

完璧に仕組まれたテロの可能性

スタジオを全焼させるほどの能力がある大量のガソリンと、5本もの刃物を持って現場に乗り込んでいるあたり、完璧に仕組まれたテロの可能性が非常に高くなってくると思われます。

白昼堂々とこのような物騒な格好をしているということで、目立つと思われますが、犯行をしっかりと遂行しているあたり、テロと捉えられても仕方ありません。

綿密に計画を練ってXデーを2019年7月18日に設定した上で犯行に及んだとするのであれば、計画大量殺人であり、突発的な犯行ではないということになるでしょう。

 

京アニの今後はどうなる?

「聖地巡礼」という言葉を世に浸透させたと言っても過言ではない京都アニメーションは、登場人物の感情の機微を丁寧にすくいとる作風が人気を博しており、若者を中心に絶大なる支持を集めております。

そんな熱心なファンが多くいる京アニの心臓とも呼べる第1スタジオにおいて発生してしまった火災であるということで、京アニのアニメ製作の今後がどのようになるのか不安視する声も上がっております。

2020年1月10日には「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が公開予定であり、それの制作をまさにしているということですので、今後、この作品に何らかの影響が出ることは間違いないと言えるでしょう。

制作への影響が懸念されているということは、最悪の場合公開中止となってしまう恐れもあり、そうなってしまえば1つの作品を台無しにしたということになってしまいます。

スポンサーリンク

京アニ火災についてのまとめ

京アニが放火犯によって火災が発生してしまいましたが、いかなる理由があったとしても決して許される犯行ではありません。

日本のアニメ界においても絶大なる人気を誇っている制作会社であり、大きな波紋が広がることは間違いないでしょう。

いずれにしても、京アニ火災によって亡くなってしまった方には心よりご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

京アニの放火犯人の名前と顔画像!41歳男性の放火の動機は強烈な怨恨によるものか
18日午前10時半ごろ、京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」第1スタジオで火災が発生し、衝撃が走っています。 今回は、京アニを放火した犯人の名前や顔画像、放火した動機などについて迫ってみたいと思います。

 

コメント

テキストのコピーはできません。