高橋翔吾容疑者の顔画像がSNSから流出か?国税徴収官はデートレイプドラッグの常習者?

国内NEWS

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

20代の女性に睡眠作用がある薬物を飲ませて乱暴したとして、高橋翔吾(たかはし しょうご)容疑者が逮捕されました。

今回は、高橋翔吾容疑者の顔画像や犯行動機、勤務先の新潟税務署などについて迫ってみたいと思います。

薬を飲ませた乱暴をした新潟税務署に勤務する男を逮捕

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

20代の女性に睡眠作用がある薬物を飲ませて乱暴したとして、新潟県警新潟署は17日、準強制性交の疑いで新潟市北区長戸呂、新潟税務署の国税徴収官、高橋翔吾容疑者(32)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。

逮捕容疑は、昨年10月11日午後6時半~同10時ごろ、新潟市中央区の飲食店で、県内に住む20代の女性と酒を飲み、睡眠作用がある薬を飲ませた後、同区内のホテルに連れ込んで乱暴した疑い。

新潟署によると、高橋容疑者は婚活サイトで女性と知り合い、この日が初対面だった。女性が事件の数日後に被害届を出し、捜査していた。

関東信越国税局国税広報広聴室は「詳細を把握していないが、国民の皆さまの信頼を損なうこととなり、誠に遺憾。今後このようなことが起きないよう徹底していく」とのコメントを出した。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

高橋翔吾容疑者について

こちらが、逮捕された高橋翔吾容疑者のプロフィールです。

名前:高橋翔吾(たかはし しょうご)

年齢:32歳

職業:国税徴収官

所属:新潟税務署

在住:新潟市北区長戸呂

高橋翔吾容疑者は、去年10月11日、新潟市内のホテルで、インターネットの婚活サイトで知り合った20代女性に対し、睡眠導入剤のようなものを飲ませて昏睡させ、性的暴行を加えたとして逮捕された人物です。

スポンサーリンク

顔画像がSNSから流出か?

では、高橋翔吾容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、高橋翔吾容疑者の顔画像に関しては公開されておりませんでした。

インスタグラムやFacebookなどのSNSを調査してみたのですが、詳しい情報は公開されておらず、特定するにも至っておりませんでしたので、こちらに関しては情報が入り次第、追記いたします。


スポンサーリンク

犯行動機は最初から体目的だった可能性が高い

高橋容疑者は婚活サイトで被害に遭われた女性と知り合い、この日が初対面だったということですが、いきなり睡眠薬入りのドリンクを飲ませているということを考えると最初から体目的で女性と出会ったのではないかと推測されます。

婚活アプリやマッチングアプリというのは昨今ものすごい勢いで勢力を伸ばしており、多くのユーザーが使用をしているのですが、その反面このような性犯罪の温床にもなり兼ねませんし、危険性が波乱でいるという側面もあります。

余罪も多数ある?

調べに対して「間違いありません」と容疑を認めている高橋容疑者ですが、マッチングアプリを使用したこのような手口であるだけに、同様の犯罪を過去にも行なっていた可能性があります。

ほとんどの場合は泣き寝入りするパターンが多く、女性側がプライベートな実情を知られるのが嫌で、被害届などを出さないのだそうですが、それを鑑みるとやはり余罪があったもおかしくなさそうです。

スポンサーリンク

飲み物から目を離すのは超危険

出典:TABIZINE

信頼している友人や家族、恋人同士ならともかく、見ず知らずの人物の前などでドリンクから目を離すという行為は大変危険です。

海外ではクラブやバーなどで、女性に気軽に声をかけお酒を奢ると言って近づき、バーカウンターでもらったお酒に薬を盛ってそれを振る舞い、抵抗できないようにさせ、強姦をするという手口が横行しています。

この薬が盛られた状態のお酒のことを海外では「スパイクドリンク」や「デートレイプドラッグ」といい、特に日本人やアジア人の「NO」と断れない女性をターゲットにして行われる手口です。

日本ではあまり馴染みのない教えの様に聞こえますが、日本でも居酒屋で飲みかけの飲み物をテーブルに置いたままトイレに行くなど席を立っている間にも同様の被害が多発しているのも現状です。

海外に渡航した経験のある方ならご存知かもしれませんが、スパイクドリンクは、外務省なども注意を促しており、行政側も見知らぬ土地で見知らぬ男性からお酒を奢ってもらうことへの警戒心を強めているほか、飲み物から目を離すことが危険であると多くの有識者が警鐘を鳴らしているのです。

その当時は、楽しくタダでお酒を飲めることが良いと思ってしまって何も警戒心を抱かないでいると、今回の事件のようにわいせつな行為をされたり、強姦されたりと取り返しのつかない被害を被ることもあります。

もちろんこのようなことを画策している犯人が悪いのですが、それよりも自分の身は自分で守るという意味でも、自分で購入した意外のお酒は飲まないなどの徹底した自己管理をすることも重要になってくるでしょう。

 

カヌー日本代表でも同様の被害が発生

カヌー日本代表候補の選手が、ライバルのペットボトルに禁止薬物を混入し、ドーピング違反で選手生命を危うくするという事件もあったのですが、これも飲みかけのドリンクを誰でも触れる様な位置に置いていたという危機管理能力の甘さから発生してしまった事件であります。

つまり、自分が口にする飲み物や食べ物というのは、どの様な危険が孕んでいるか分かりませんので、細心の注意を払わなければならないということです。

睡眠薬は無色透明でありますし、味の変化もほとんどないとされておりますから、錠剤を粉々に砕かれたかき混ぜられてしまっては気がつかないこともあるでしょう。

初対面の男性と飲む際には絶対に飲み物から目を離さず、席を立つ際は全て空にしていくか、もしくは戻った際には同じグラスに口をつけないなどの対策も必要となってくるでしょう。

スポンサーリンク

勤務先の新潟税務署と国税徴収官という職業について

逮捕された高橋翔吾容疑者は、新潟税務署の国税徴収官であるということですが、一体どのような職業なのでしょうか?

新潟税務署は、新潟県新潟市中央区西大畑町5191にある国税庁が管轄する地方の税務署で、新潟県域の国税を主に取り扱っている国の機関であります。

国税とは所得税、法人税、相続税、消費税、酒税、印紙税などがあり、国民が国に納めなければならない税金のことで、徴収された税金は様々なところで国民の生活に役立っております。

国税徴収官はその中でも特に権限が強いとされる職業で、主には国税滞納者に対して滞納をしないように働きかけることが主な仕事です。

滞納者に対しては、裁判所の令状がなくても滞納者の財産を強制的に捜索し、差し押さえることができるなどの権限が付与されており、一般的に馴染みないかもしれませんが、滞納者にとっては非常に怖い存在であると言えます。

怖い印象もありますが、納税の相談や納税計画を親身になって錬るなどの業務もしており、差し押さえばかりを行っていると言うわけではなさいとのことです。

何れにしても、そんな国税に関わる人物の事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

五十嵐友理さんは銀座のホステスで過去にはTV番組にも出演!SNSや精神病についても
出典:ANN 自宅で知り合いの五十嵐友理(いがらし ゆり)さんに対して多量の覚醒剤を摂取させて殺害したとして、、税理士で不動産会社役員の石原信明(いしはら のぶあき)容疑者を逮捕しました。 今回は、五十嵐友理さんの顔...