藤木寿人が捕まらない理由!現在は熊本市内に出戻り、覚せい剤仲間が匿っている?

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

熊本市で藤木寿人(ふじきひさと)容疑者が逃走をした事件。

県警は250人態勢を強いて、懸命に捜査を続けておりますが、未だに発見することが出来ておりません。

今回は、藤木寿人の目撃情報や、現在の潜伏先と居場所、車種のナンバーなどについて迫ってみたいと思います。

逃走の男は現在、熊本県内に潜伏中?

熊本日日新聞他、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

覚せい剤取締法違反容疑で家宅捜索しようとした捜査員を振り切り、車で逃走したとして、公務執行妨害と傷害の疑いで全国に指名手配された職業不詳、藤木寿人容疑者(43)=熊本市西区城山大塘2丁目=の乗用車が、玉名市や福岡、佐賀両県内を走行し、再び同市に戻ったのを最後に確認されていないことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、藤木容疑者は9日朝、熊本東署員6人を振り切った後、トヨタのハリアー(濃い紫色)で玉名市方面へ逃走。逃走車は防犯カメラの映像などから一時、福岡、佐賀両県内で確認された。その後、再び玉名市内で確認されたが、それ以後の動向が分かっていないという。県警は200人態勢で、考えられる逃走経路沿いの防犯カメラや、交友関係などを調べている。

 藤木容疑者は携帯電話を持っているとみられるが、電源は切った状態という。県警は、藤木容疑者が県の北部に潜伏している可能性もあるとみて行方を追っている。

 県警は10日午後、覚せい剤取締法違反の疑いで、あらためて藤木容疑者宅を家宅捜索。ノートパソコン1台を押収したが、覚せい剤などの薬物は今のところ、見つかっていないという。

 藤木容疑者は9日午前7時35分ごろ、家宅捜索のために自宅を訪ねた署員6人の制止を振り切り、車を急発進させ、止めようとした署員3人を数メートル引きずりけがをさせて逃走した。藤木容疑者は身長約175センチのやせ形で、ベージュの作業服を着ていたという。

出典:熊本日日新聞

スポンサーリンク

藤木寿人容疑者のプロフィールと経歴

こちらが、指名手配をされており、逃走中の藤木寿人容疑者のプロフィールです。

熊本で家宅捜索時に逃走 藤木寿人容疑者を指名手配 熊本県警

出典:Yahoo!ニュース

名前:藤木寿人(ふじき ひさと)

年齢:43歳

職業:不詳

住所:熊本市西区城山大塘2丁目

学歴:日本大学政治経済学学科卒業

前職:私設秘書(自民党衆議院議員の野田毅氏)

藤木寿人容疑者は、覚せい剤取締法違反容疑で家宅捜索をしたに訪れた警察署員を振り切り、車で逃走をしたとして指名手配がされている人物です。

日本大学政治経済学部政治経済学科を卒業した後、自民党衆議院議員の野田毅氏の私設秘書を2015年まで務めるほどの人物で、仕事ぶりは真面目であったということです。

しかしながら、依願退職をした翌日に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けておりました。

スポンサーリンク

逃走の車種とナンバーも判明

熊本県警の提供した写真によれば、藤木寿人容疑者が逃走に使用したとされる車の写真が公開されており、車種とナンバーも特定されております。

出典:ANN

逃走に使用されたのはトヨタ社製のハリアーという車種で、車体は紫色をしており、ナンバーは「熊本335 や 1021」であるとのことです。

紫色のハリアーは珍しいですし、非常に目立ちますから、車に乗って逃走をしていればすぐに発見できるのかもしれません。

スポンサーリンク

自宅住所も判明している

藤木寿人容疑者の自宅住所に関しては、以下の様に報道機関で発表されております。

出典:Yahoo!ニュース

これらの情報を基に、検索をしてみた結果、以下の様な場所であることが判明しました。

藤木容疑者の自宅は熊本市西区城山大塘2丁目にあり、付近には小学校などの教育機関も存在しております。


スポンサーリンク

逃走の理由は覚せい剤を抜くためか?

報道機関や多くのメディアによれば、覚せい剤を抜くために逃走しているのではないかと推測されています。

「常習していたんでしょうね。覚醒剤が入っている人間の心理とすれば、警察官が10人いても体内に覚醒剤が入っていたら逃げたくなりますよ。体内から反応が消えるのが1週間ですから、その間逃げきろうとしたのでしょう。1回目の逮捕からまだ間もないですし、逮捕されたら間違いなく実刑です。それを避けるために逃げたのでしょう」

出典:TOCANA

そもそも、警察が家宅捜索をしようとしたのは覚醒剤容疑で、「覚醒剤を使用していたので、(逃げ続けているのは)反応が体から出ないようにしているためという考えが浮かびます」

出典:JCAST

覚せい剤を使用して体内から反応が消えるまでにはおよそ1週間程度かかるということで、逃走をする理由としては覚せい剤を体内から抜くためだったのではないでしょうか?

さらには、2019年6月19日に小林誠容疑者が逃走をした事件でも、今回の事件と同じく覚せい剤を抜きたかったために逃走をしたのだそうです。

実刑が確定した無職小林誠容疑者(43)が刑務所収容前に逃走した事件で、小林容疑者が神奈川県警に対し、逃走の目的について「覚醒剤を抜きたかった」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

出典:朝日新聞デジタル

覚せい剤常用者は、警察からの追っ手を逃れる理由として体内の反応を消すことが目的であり、そこで匿うために、入手ルートや覚せい剤仲間などの家を頼りに潜伏をしていることもあるそうです。

スポンサーリンク

現在の居場所や潜伏先は熊本市内に出戻りか?

当初、藤木容疑者のハリアーは、南の方に向かっていったということでしたが、7月10日時点では佐賀県から福岡県の県境にある三瀬峠を使って福岡県に突入したのではないかと言われておりました。

しかしながら、最後に目撃情報が確認されているのが福岡県から熊本県に出戻りをしているという情報ですので、おそらくですが現在は熊本県内の覚せい剤仲間の自宅などに身を潜めているということが考えられます。

熊本県内にいらっしゃる方は、「熊本335 や 1021」の紫色のハリアーを見かけた際には110番もしくは熊本県警の対策本部に連絡をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

薬物の使用、購入ルートは芸能界か?

政治家・野田毅氏の私設秘書を務めていた藤木寿人容疑者でしたが2015年に覚せい剤を使用して逮捕起訴、そして有罪判決が下されています。

熊本地検は22日、野田毅衆院議員の元私設秘書、藤木寿人容疑者(40)=熊本市中央区=を覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴した。起訴状によると、1日ごろ、自宅で若干量の覚醒剤を使ったとしている。藤木被告は9月末に議員事務所を退職。10月1日に同法違反容疑で逮捕された。

出典:日本経済新聞

そして2015年末には懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が下されています。

前自民党税制調査会長の野田毅衆院議員(熊本2区)の元秘書で、覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた藤木寿人被告(40)=熊本市西区=に対し、熊本地裁(大門宏一郎裁判官)は16日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。

出典:毎日新聞

今回そもそも警察が家宅捜索を執行したのも、逃走したきっかけもおそらく再び薬物に手を染めているからだと思われます。

藤木容疑者が覚せい剤を入手したのは芸能界を通じてだと言われています。

「実は、藤木の薬物入手ルートから、複数の女性タレントらの覚せい剤疑惑が炙り出されるのではという情報が、芸能界に拡がっているのです。火のないところに煙は立たないということです」

出典:exciteニュース

藤木容疑者と芸能界、一見繋がりはなさそうに見えますがそこにも政治が絡んでいるようです。

近年はタレントが政治家に転身するという事例も少なくはありません。藤木容疑者は自民党から出馬する予定だった女性タレントと接触していたと見られています。

東京都港区六本木でそのタレントと会食するなどしていたようでその際に覚せい剤を入手したと思われています。

今回、もし再び薬物に手を染めていたのだとしたら購入ルートは同じく芸能界筋なのかもしれません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

藤木寿人の経歴や出身校が判明!私設秘書の薬物購入ルートや、親・家族構成についても
9日朝、熊本県熊本市で家宅捜索にきた警察官3人を車ではね軽傷を負わせ現場から逃走した藤木寿人容疑者。 10日10時段階でも確保の一報は入ってきていません。 藤木容疑者はどのような人物だったのでしょうか。藤木容疑者の素性に迫りました。

 

藤木寿人の現在の居場所と潜伏先が意外すぎる!逃走理由は覚せい剤を抜きたかったから?
9日朝、熊本県熊本市で警察の家宅捜索執行を拒否し男が逃走を図りました。 男の名前は藤木寿人容疑者。逃走から半日以上経過した10日0時時点でも身柄を確保されていません。 藤木容疑者はどこに逃げたのでしょうか。そしてなぜ家宅捜索を受けなければならなかったのでしょうか。 真相を追求しました。