木津いぶきさん殺害の犯人は父親の木津英喜ではなく第三者の可能性が!不自然な点を徹底解説

国内NEWS

出典:Twitter

スポンサーリンク

7日、東京都荒川区の和菓子店にあった冷蔵庫の中から女子大学生の遺体が発見された事件。

女子大生を殺害したとして和菓子屋の店主、そして女子大生の父親でもある男の捜索が続けられていましたが埼玉県で首を吊って死亡しているところを発見されました。

父親と娘、その間に何があったのでしょうか。事件の動機を追求したいと思います。

娘を殺害か、容疑の父親は遺体で発見

まずは事件の概要を振り返ってみましょう。

事件については朝日新聞のほか多数のメディアが以下のように伝えています。

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=同区東尾久8丁目=の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見した。同庁は、この店の経営者で木津さんの父親(43)が事情を知っているとみて探していたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかった。

警視庁は死体遺棄の疑いで捜査。父親が木津さんの死亡に関与した後に自殺した可能性があるとみて調べている。

尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った。死にたい」と電話があったという。

捜査員が父親を探していたところ、店内の業務用冷蔵庫(高さ85センチ、横140センチ、奥行き73センチ)の中から木津さんを見つけた。木津さんはひざを抱えるような体勢だった。首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。

父親は7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかった。近くには普段使っていたオートバイがあったという。

木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。「父親が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。変わった様子はなかった。親子に何があったのか、驚いている」と話した。

出典:朝日新聞

閑静な東京・下町の一角で起きた事件なだけにインターネットでも大き話題になっています。

スポンサーリンク

店主の木津英喜が娘を殺害か!?

事件が発生したのは東京都荒川区、足立区と荒川区を縦断する日暮里舎人ライナーの赤土小学校前駅からほど近い商店街の一角でした。

”菓匠 木津屋”と看板を掲げた店が事件の起きた店舗です。

木津屋は明治神宮に商品を奉納していた和菓子店で口コミサイトを見ると地元からも根強い人気があったようです。

餡子が上品な味わいで餡子を使った菓子、特にあんドーナツが人気でした。

しかし娘を殺害して店舗の冷蔵庫に遺体を入れたとされるのはこの和菓子を作っていた父親だと見られています。

父親の情報について明らかになっていることは次の通りです。

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4の和菓子店の冷蔵庫から、近くに住む大学1年、木津いぶきさん(18)の遺体が見つかった。約4時間後、警察官がさいたま市岩槻区の河川敷で、父で店主の英喜さん(43)が死んでいるのを見つけた。父は6日夜、家族に「娘を店で切った」などと話しており、警視庁尾久署は長女のいぶきさんとトラブルになった後、冷蔵庫に放置し、自殺を図ったとみて捜査している。

出典:毎日新聞

名前:木津英喜(きづ ひでき)

年齢:43歳

職業:和菓子職人

顔写真についてはGoogle Mapの木津屋に移り込んでいた人物が木津屋店主ではないかと言われています。

出典:Twitter

店主である父親は真面目な人柄で娘を私立の学校に通わせたり、バレエを習わせたりするなど子煩悩でもあったと近所の人からは見られていました。

スポンサーリンク

殺害された娘の”木津いぶき”

その父親に殺害されたのは大学に通う娘の木津いぶきさんでした。

いぶさんについて明らかになっている情報は次の通りです。

出典:日テレNEWS24

名前:木津いぶき(きづ いぶき)

年齢:18歳

職業:大学生

木津さんは大学1年生でしたが別にアルバイトもやっていたようです。事件当日の6日、朝8時半にアルバイトにいくと言っていぶきさんは家を出ました。しかしアルバイト先には姿を見せていないことが判明しています。

いぶきさんが家を出る1時間前には容疑のかけられている父親も自宅から上述の店舗に仕事のため向かっていました。

いぶきさんが冷蔵庫の中から遺体となって発見されたのは翌7日の未明でしたので、このことからいぶきさんが殺害されたのは6日の早い時間に殺害されていたことも考えられます。


スポンサーリンク

さいたま市の河川敷で発見される

娘である木津いぶきさんを殺害した父親はその後、自宅にいる妻に電話をかけ「娘を切った、死にたい」と言葉を遺しています。

電話を受けた妻から息子に話がいき、息子が110番通報したことで事件が発覚しました。

父親は行方不明になり捜索が行われていましたが、事件発覚から5時間後に埼玉県さいたま市岩槻の河川敷で首を吊り死亡しているところを発見されました。

出典:FNN

出典:Google Map

父親の遺体が発見された場所は岩槻区金重という地域でした。

事件現場となった木津屋からは高速道路を使用すれば40分程度で到着します。

しかし地図をご覧いただければわかる通り父親の遺体が発見された付近は何もなく、なぜここを自殺する場所として選んだのか不可解なところはあります。

父親は釣りが趣味だったようでもしかしたら自分のお気に入りの釣り場を死に場所に選んだのかもしれません。

スポンサーリンク

経営難から無理心中なのか

なぜ父親は木津いぶきさんを殺害しなければならなかったのでしょうか。

近隣住民の話では木津屋は経済的な困窮に喘いでいたのではないかと見られています。

また花屋経営の女性(71)は「父親は朝から晩まで真面目によく働いていた。娘と息子が小さい時は店から一緒に帰ったりと、子煩悩な人だった。お子さんをとても大事にしていたのに、なぜ」と絶句。さらに「子供を私立に通わせ、娘をバレエに習わせたり、家族の幸せを考える一方、店は賃貸で、店内にお花を飾らなかったりとぜいたくはせず、質素だった。マンションも買って、無理していたのかもしれない」と推測した。

出典:日刊スポーツ

インターネット上の情報を見ると父親は店を閉めた後に宅配のアルバイトをしていたという噂がありました。

また父親、木津いぶきさんを含め一家は4名ですが父親と現在の妻は再婚しているとの情報もありました。

これらの情報が全て正しいのであれば経済的困窮を理由に実子である木津いぶきさんを道連れに父親が無心中を図ったともいえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

窒息死なのに”切った”、川に沈むのに”首つり”?

しかしこの事件はいくつかの不審な点が存在します。

まずは犯行後、父親が取った電話の内容。”娘を切った”と刺殺を匂わせる発言をしていますが木津いぶきさんの身体には首を圧迫された痕があるもののそれ以外の目だった外傷はありませんでした。

さらにその電話では「手首を切った。川に沈んで死にたい」と話しているのに対して父親は入水自殺ではなく首つり自殺を選びました。

父親の言葉と実際の行動が一貫していないことが非常に不自然ではあります。

可能性としたら第三者がいぶきさんを殺害し、父親も自殺に見せかけて殺害したのではないでしょうか。

まだ詳細な情報は入ってきてはいませんがその動機と併せて真相から目が離せない事件でした。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

木津いぶきさんの顔画像!犯人の父親の犯行動機が酷すぎる!木津屋の評判は悪くなかった
東京 荒川区東尾久4丁目にある和菓子店「木津屋」の冷蔵庫の中で女子大学生の木津いぶきさんが死亡しているという事件が発生しました。 今回は、この木津いぶきさんの顔画像や家族構成、行方不明のオーナーである父親と木津屋の評判、犯行動機などについて迫ってみたいと思います。