丸亀署のリサイクル店でクレーム入れた署員の顔画像と実名!生活安全課責任者の正体とは?

国内NEWS

出典:KSB

スポンサーリンク

 

香川県中部のリサイクル店で6月、私用で訪れた県警丸亀署員の男性がトラブルになっていたことがが明らかとなりました。

今回は、リサイクル店で暴言を吐いたクレーマーの丸亀署署員の名前や実名などについて迫ってみたいと思います。

丸亀署の署員が暴言を吐く

サンケイスポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

香川県警丸亀署の男性署員が私用でリサイクル店を訪れた際、買い取りを巡ってトラブルになり「わしは生安(生活安全課)や」「立ち入り(調査)しようか」と威圧的な発言をし、約1時間店に居続けていたことが6日、県警への取材で分かった。店側から告訴を受けた県警は、威力業務妨害などの疑いで捜査を始めた。

県警捜査1課によると、男性は6月中旬、私物の食器やぬいぐるみを売るため、県中部のリサイクル店を訪れた。段ボール箱で持ち込んだ皿1枚が割れており、男性は「店側が割った」と主張して店員と口論になった。

リサイクル店などに対しては、古物営業法に基づき、警察官が店に立ち入って帳簿や品物を検査できる。男性は「なんなら今度、立ち入りしようか」と言い、約1時間後に店を出たという。

県警幹部は「任意の捜査中で詳細は控えるが、事実だとすれば大変遺憾であるまじき行為だ」と話した。

出典:サンケイスポーツ

スポンサーリンク

香川県警丸亀署について

こちらが、問題のあった香川県警丸亀警察署の詳細です。

名称香川県警丸亀警察署
所在地丸亀市新田町1番地7
電話番号(0877)22-0110
交通アクセスJR丸亀駅から徒歩約40分
車で高松自動車道善通寺ICから約9分、坂出ICから約13分
管轄区域丸亀市、善通寺市
仲多度郡のうち、多度津町

 

生活安全課について

問題のあったのは、丸亀署の生活安全課であるということですが、具体的にどのような課なのでしょうか?

生活安全課は、少年犯罪や経済環境事犯、サイバー犯罪など、防犯保安活動全般を取り扱う課のことで、警視庁に関しては以下のように細かく細分化されているということです。

・生活安全総務課

・生活経済課

・生活環境課

・保安課

・少年育成課

・少年事件課

・サイバー犯罪対策課

・生活安全特別捜査隊

丸亀警察署の生活安全課では、主に生活安全の全般を取り扱っているということで、古物に関する責任者であった当該書院は、経済課を担当していたのかもしれません。

スポンサーリンク

生活安全課の年収は800万前後?

生活安全課の署員であったということですが警察官や地方公務員の平均年収は598万円~789万円であるということで、40代であれば給料は月給でおよそ49万円にも登るということです。

生活安全課を担当しており、「そこの責任者や」という発言から、何かしらのポストに就いていた可能性もありますし、それを考えれば40代と見るのが妥当です。

年収は800万弱ももらっており、それもしかも税金収入であるにも関わらずこのような横柄な態度を取るというのは最悪の警察官と未間違いないでしょう。


スポンサーリンク

問題の警察署員の名前と顔画像が流出か?

では、問題のあった警察署員は一体どのような人物なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、香川県警丸亀署員であるということで、名前や顔画像に関しては公開されておりません。

しかしながら、この署員はリサイクル店に対して「わし、いま丸亀署の生安の担当者や。古物の。そこの責任者や。なんなら今度、立ち入りしようか。正規に呼んで」という言葉を発しておりますので、関西弁を扱う人物であることは明白であり、関西出身の人物なのでしょう。

関西地区に住んでいる人であれば、一人称を”わし”ということがありますし、この署員もその癖が出て一人称をわしと呼んでいるのでしょうが、あまりにも下品な言い回しでありますし、市民の安全を守るはずの警察官がこのような口調で一般人を脅してしまうというのは、あまりにも不愉快であることでしょう。

こちらの署員に関しては、名前や顔画像などの情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

問題のあったリサイクル店はどこ?

では、問題のあったリサイクル店は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:YouTube

こちらに関しては、香川県丸亀市にあるリサイクル店であるということですが、丸亀市にはおよそ10つほどリサイクル店が存在しており、どこのリサイクル店であるのかは明らかとなっておりません。

スポンサーリンク

やっていることは反社会勢力と一緒

今回、問題となっている行動としてあげられるのが、割れた皿を店側のせいにしているという点です。

100歩譲って、店側が割ってしまったとしても、誠心誠意謝罪をして誠意を見せれば、問題は解決をすると思うのですが、今回の場合は店側に非はなく、ただ「割れた」といういちゃもんをつけているだけなのです。

こうしたやり口というのは反社会勢力と一緒でありますし、警察がやっていい行為では決してありません。

何れにしても、丸亀署の職員による不祥事であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

「熱中症で倒れた人を救助したら駐禁切られました」警察の非情な対応に批判殺到!
とあるTwitterユーザーの方が、警察の理不尽な対応に怒りを爆発させ、それについての投稿をしました。 これに対しネット上では、あまりの非情な対応に批判が殺到しています。