南陵中学校の本郷功太郎さん殺人事件での対応が最悪!加害者は同じ卓球部に通う広田?

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

所沢市立の中学校で、同級生の本郷功太郎さんを刃物で刺したとし同中学校2年の男子生徒が殺人未遂容疑で逮捕され、衝撃が広がりました。

今回は、この所沢市立中学校が南陵中学校であるという噂や、本郷さん殺人事件の犯人などにいて迫ってみたいと思います。

中3生徒が同級生を刺殺

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

5日午後4時50分ごろ、埼玉県所沢市の住宅の玄関先で、同市立中学校2年生の本郷功太郎さん(13)が血を流して倒れているのを訪れた同じ中学の同級生が見つけ、近くに住む男性が「中学生の男の子が腹と口から血を出し意識がない」と119番通報した。本郷さんは救急搬送されたが、6日未明に死亡が確認された。

埼玉県警は同日、殺人未遂の疑いでこの住宅に住む同級生の少年(14)を逮捕した。「刺したことは間違いない。教科書のことでけんかになった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は5日午後4時50分ごろ、所沢市の自宅で本郷さんの腹などを刃物で刺して殺害しようとしたとしている。少年は当初、本郷さんが「自殺した」と説明していたが、その後、刺したことを認めた。県警は殺人容疑に切り替えて詳しい経緯や動機を調べている。

県警によると、少年は自宅で同級生らと期末テストの勉強をする約束をしていた。自宅には同居する少年の祖母もいたという。

同じ中学に通う女子生徒(14)は「2人は卓球部に所属し、仲が良さそうだった。いつも一緒にいて話をしていた。けんかしているところは見たことがなかった。(5日も)廊下で普段通り話をしているところをみたし、こんなことが起こるとは思っていなかった」と驚いていた。

出典:産経ニュース

 

本郷さんが通っていた中学校は所沢の南陵中学校

では、亡くなった本郷さんが通っていたとされる中学校は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、本郷さんの顔画像を紹介していた際に、学校の制服を着用した撮影された集合写真を用いております。

出典:ANN

制服は青いブレザーに赤いネクタイという極めて鮮やかなカラーを用いたもので、この制服を着用しており報道機関が発表している所沢市久米にある中学校は南陵中学校しかなく、Twitterにも南陵中の制服を着用しているユーザーさんがツイートをしております。

出典:Twitte

また、要らなくなった制服を売買することができるオークションサイト制服市場には、以下のように同じブレザーが出品されており、埼玉県所沢市立南陵中学校の制服であることも判明しております。

出典:制服市場

つまり、加害者も被害者も南陵中学校の生徒とみて間違いないのです。

スポンサーリンク

南陵中学校について

こちらが、問題のあった南陵中学校の詳細です。

名称埼玉県所沢市立南陵中学校
所在地埼玉県所沢市久米1470番地
連絡先04-2922-3038
設立年月日1947年(昭和22年)4月1日
公式HPhttp://t-jhnanryo.otasuke-hp.com/
  1. 教育指導の重点
    1. 学校教育目標
      • 心豊かな生徒・・・他人への思いやりや感謝の心を持ち、協力してお互いに高めあえる生徒
      • 自ら学ぶ生徒・・・進んで学び自ら考え、正しく判断し、行動できる生徒
      • 健康でたくましい生徒・・・心身を鍛え、粘り強く物事に取り組む生徒
    2. 学校経営方針
      『深い信頼関係のもと、開かれた学校づくりを推進する』 協働 研鑽 連携 整備
    3. 教育方針
      1. 確かな生徒理解
      2. 生きる力の育成
      3. 2学期制の特色を生かした教育活動の推進
  2. 目指す学校像・生徒像・教師像
    • 学校像 「温かく、文化の香り漂う学校」
    • 生徒像 「自らの行動に自信と誇りの持てる生徒」
    • 教師像 「子どもが好きで、常に子どもとともにある教師」
  3. 本年度の重点と具体的施策
    心豊かで自主的精神に満ちた生徒の育成 ~教育に関する3つの達成目標の取り組み等を通して~
    1. 学習指導の充実
    2. 心の教育の充実
    3. 生徒指導・教育相談活動の充実
    4. 体力の向上
    5. 特色ある学校づくり

出典:Wikipedia

南陵中学校は、埼玉県所沢市久米1470にある公立の中学校で、西武新宿線西武池袋線所沢駅西口より徒歩15分の場所に位置しております。

「自らの行動に自信と誇りの持てる生徒」を目指す生徒像に掲げているということですが、刺殺事件を引き起こしてしまったためその行為に誇りを持てるというのはあまりにも無理がある話であり、理想の生徒像とはかけ離れてしまったことは否めません。

ちなみに南陵中学校のOBには、タレントで歌手の所ジョージさんなどがいらっしゃるということです。

スポンサーリンク

刺殺の動機は教科書を隠されたことによるもの

お伝えしている通り、この残忍な事件は、犯人である少年の自宅で発生しました。

事件があった5日の午後、犯人と本郷さんの2人は少年の自宅の台所付近で、共に期末テストの勉強をしていたのだそうですが、以前から教科書が無くなったという件について言い争いになったと言います。

ついカッとなってしまった少年は、台所から包丁を取り出し、本郷さんを刺してしまったということですが、この件に関して「教科書を隠しただろうと本郷君を問い詰めたら、『俺はやっていない』と否定され、けんかになった」という供述をしております。

ものを隠す隠さないという事案は、中学生であればよくあることだ思うのですが、教科書を隠されたと勘違いするだけで逆上するのはよっぽど勉強が好きで真面目な性格であるか、それともサイコパスや精神異常などの可能性も考えられます。

しかしながら、NNNの取材においては少年は本郷さんから嫌がらせを受けていたという趣旨の供述をしているのです。

スポンサーリンク

以前から少年は、本郷さんから嫌がらせを受けていた

残念ながら帰らぬ人となってしまった本郷さんですが、以前より犯人である少年に対して嫌がらせを働いていたのではないかということです。

これまでの捜査関係者への取材で、少年が「以前、本郷さんに教科書を隠された。問い詰めたら、否定されケンカになって刺した」などと供述していることがわかっているが、少年が、本郷さんから教科書を隠されるなどの嫌がらせを受けたことを学校に相談していたことが新たにわかった。

出典:NNN

つまり、日頃からの鬱憤やストレスが爆発してしまったことが原因で、ついカッとなって刺殺をしてしまったのでしょう。

ストレスやたまり溜まった不快な気持ちというのは、抑えきれずに1人迷うことがありますし、思春期という多感で精神が不安定な時期にこのように嫌がらせによってストレスが溜まってしまっては、自分の感情をコントロールすることができず、ついカッとなってしまうことがあるのかもしれません。


スポンサーリンク

学校側の対応も極めて悪い

この嫌がらせの件について相談をしていたと前述しましたが、2019年7月6日に記者会見をした段階では南陵中学校側は2人の間にトラブルはなく、相談もなかったと説明をしておりました。

しかしながら、問題が大きなっていくにつれて事態の重さを認識したのか、2019年7月8日になって「2人の関係性の中で何かがあったということは、学校も教育委員会も把握していた」と記者会見で述べており、発言が180度変わったのです。

学校側も相談を受けていたのに何も対応をしなかったとなれば、責任問題を問われますし、事なかれ主義的な発想がある日本社会においては、やはり何事も波風を立てないほうが賢明であると思ったのでしょう。

事が大きくなってしまってからの対応では後の祭りですし、刺殺事件は未然に防げたのではないかとも思われます。

スポンサーリンク

犯人の少年について

では、犯人である少年は一体どのような人物なのでしょうか?

未成年であるという事で、報道機関は少年法に基づき、犯人である少年の名前や顔画像などを公開しておりません。

しかしながら、犯人の名前についての手がかりは以下のように判明しております↓

同じ卓球部に所属をしていたのだそうです。

本郷功太郎さん殺人事件の犯人が流出!加害者の名前が「広田」で顔画像も判明か?
5日、埼玉県所沢市で中学2年生の本郷功太郎さんが同級生に刺され死亡した事件。 送検された加害生徒は教科書のことで喧嘩になったと供述しています。 では加害生徒はどのような人物なのでしょうか。 事件の動機の真相と併せてまとめましたのでご覧ください。

この少年は嫌がらせを受けていたとはいえ、駆けつけた警察官に対して「(本郷さんが)自殺をした」と当初説明をしておりましたが、所沢署にての事情聴取の際に自分が刺した一転した供述をしたのです。

最初に誤魔化そうと考えたことがまずありえないことだと思います。

殺害したことは決して許されることではありませんが、自分の非を認め、反省していくことで2度と同じ過ちを繰り返さなくなるのですが、最初に誤魔化そうと考え、「自殺である」と警察官に説明をした点がやはり不信感を抱くことにも繋がります。

スポンサーリンク

少年法とマスコミの自主規制は見直しが必要

日本の司法の場合、少年法という法律によって未成年者の犯罪者はその人権を守られております。

少年法が実名報道を禁止するという事例は、あくまで、家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された人物についてであって、指名手配者や逮捕者は含まれません。

また、「本人であることを推知することができる」というのは、不特定多数の一般人にとって推知可能なことをさし、事件関係者や近隣住民にとって推知可能なことをさすものでもありません。

そのため、マスコミ各社は原則的に実名報道が禁止されていない場合でも、自主規制を行い匿名で報道していますが、インターネットには実名掲載の規制は対象外でありますので、テレビ以外のネット媒体を使うニュースメディアなどは、積極的に報道してもいいはずです。

原則として、殺人以外の犯罪を犯した未成年の容疑者は、少年法によって、刑事裁判を逃れたり出来るため、社会的制裁を一切受けないということになりかねませんので、犯罪の抑止力としても、未成年であっても殺人などの重い罪の場合は積極的に実名を公開していくべきなのではないでしょうか?

この手の報道に関しては、各所で議論がなされており、抑止力を大事にするのか、少年の更生を重視するのかで大きく意見が分かれるもので、その際たるものが1997年に発生した酒鬼薔薇聖斗こと少年Aによる神戸連続児童殺傷事件であると言えるでしょう。

酒鬼薔薇聖斗の件についてはこちらから↓

少年A(酒鬼薔薇聖斗)の現在の画像や居場所がヤバい!結婚した嫁や子供の情報、本名についても
出典:Leomon 1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件の犯人の酒鬼薔薇聖斗こと少年Aですが医療少年院を退院後、取材に訪れた週刊文春の記者相手に「命がけで来てんだよな」と恫喝したことが話題となっています。 この記事では凄惨...

いずれにしても、マスコミの自主規制や少年法そのものの見直しが必要となってくるでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

本郷功太郎さん殺人事件の犯人が流出!加害者の名前が「広田」で顔画像も判明か?
5日、埼玉県所沢市で中学2年生の本郷功太郎さんが同級生に刺され死亡した事件。 送検された加害生徒は教科書のことで喧嘩になったと供述しています。 では加害生徒はどのような人物なのでしょうか。 事件の動機の真相と併せてまとめましたのでご覧ください。