土屋りさの顔画像がこちら!勤務先のキャバクラは国分町で自宅住所も判明

国内NEWS

出典:産経新聞

スポンサーリンク

先月30日、アパートの自室に2歳の娘を3日間放置し死亡させたとして1日に逮捕された土屋りさ容疑者。

逮捕が一夜明け事件と土屋容疑者の素性が明らかになってきました。

亡くなった娘・陽璃ちゃんはどのような状況で3日間放置されたのでしょうか。その真相を追求します。

長女を放置

まずは事件の概要を振り返ってみましょう。

事件については産経新聞をはじめ各メディアが以下のように報道しています。

2歳の長女を数日間自宅に放置して死亡させたとして宮城県警仙台北署は1日、保護責任者遺棄致死の疑いで、母親で仙台市青葉区の飲食店従業員、土屋りさ容疑者(25)を逮捕した。調べに対し、容疑を認め、「育児に疲れて1人になりたくて放置した」と供述している。

逮捕容疑は6月末ごろ、長女の陽璃(ひなた)ちゃんを数日間自宅に放置して外出したまま帰らず、低体温症で死亡させたとしている。土屋容疑者は「少なくとも6月27日から同30日まで帰っていない。(放置していた間は)仕事に行ったりしていた」と話しているという。

同署によると、30日午前11時ごろに外出先から帰宅した土屋容疑者が陽璃ちゃんが死亡しているのを発見し、119番通報して発覚した。土屋容疑者は陽璃ちゃんと2人で暮らしていた。同署では育児放棄が恒常的だった可能性もあるとみて調べている。

出典:産経新聞


スポンサーリンク

母親を逮捕

娘を放置し死亡させた疑いで逮捕された土屋りさ容疑者。

土屋容疑者について明らかになっている情報は次の通りです。

出典:産経新聞

名前:土屋りさ(つちや りさ)

年齢:25歳

職業:飲食店従業員

住所:宮城県仙台市青葉区

逮捕から一夜明けて事件が見えてきました。

土屋りさ容疑者は娘・自宅アパートに海苔巻きを1本置いて空調を付けずに陽璃ちゃんを家に放置しました。

未婚のまま陽璃ちゃんを生んだ土屋容疑者。陽璃ちゃんを放置している間は知人男性の家に居候しておりそこから勤務先の飲食店に通勤していたようです。

またこの勤務先ついてはキャバクラであることも判明しています。

追記:土屋りさ容疑者のインスタグラムがワイドショーによって公開されておりました。

こちらの情報を元に検索してみた結果、Instagramのアカウントの特定にも成功しております。

それがこちらです。

出典:Instagram

アカウント名は、「@riiitan.tayutan」であり、土屋りさ容疑者の顔画像なども多く掲載されておりました。

スポンサーリンク

現場と生活環境

事件が発生した場所はどこだったのでしょうか。

報道メディアによると”仙台市青葉区台原3丁目”のアパートであることが判明しています。

また同時にアパートの外観も公開されていました。

出典:朝日新聞

これらの情報を基に現場を調査したところ”青葉区台原3丁目38番地2号”にあるエスパシオ台原であることがわかりました。

同アパートは築年素28年で全て1Kの賃貸物件でした。

家賃は1ヶ月4.1万円で台原3丁目の他の賃貸物件はだいたいが5万円ほどの家賃ですので平均よりも安い物件になります。

土屋りさ容疑者はどの部屋かは不明ですがこの物件に今年5月に引っ越して娘である陽璃ちゃんと2人で住んでいたようです。

支払っていた家賃を見ると経済的にもある程度困窮していた可能性も伺えます。

スポンサーリンク

繁華街”国分町”

土屋りさ容疑者が勤めていた飲食店はキャバクラであることが判明しましたが、そのお店はどこにあったのでしょうか。

仙台市青葉区にはキャバクラやスナックなどが密集する繁華街が存在します。

それが土屋容疑者が住んでいた台原町からほど近い場所にある国分町という地域です。

この地域は東北だけでなく全国でも屈指の繁華街で今年3月に放送されたバラエティ番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」でも紹介されていました。

出典:テレ朝POST

実際検索をしてみると国分町だけで51件ものキャバクラが検出されました。

出典:Nights.net

51件もの中から土屋りさ容疑者が勤務していたキャバクラを特定することはできませんでしたが、土屋りさ容疑者と同年齢”26歳”、そして名前が似ている”りな”という従業員は発見できました。

しかし土屋りさ容疑者に関する情報が少なく証拠不十分なため断定は不可能な状態です。

ただし青葉区台原町に住みキャバクラに勤務していたということから国分町にいたことはほぼ間違いないと思われます。

「1人になりたかった」と陽璃ちゃんを放置した土屋りさ容疑者。しかし娘を放り出して向かった先は知人男性の家でした。”1人”というのは育児から離れたかったということなのでしょうか。

しかし大変、苦しいと言っても育児を放棄していい理由にはなりません。児童相談所や市役所など現在はシングルマザーに寄り添う機関も手段も充実してきています。土屋容疑者は誰かに相談するべきでした。

追記:土屋りさ容疑者の勤務していたキャバクラが判明しました。

上述で掲載を控えました土屋りさ容疑者のものだとされるInstagramのアカウントではお店の具体的な名前がタグ付けされていました。

この投稿によれば、宮城県仙台市青葉区国分町2丁目12−4地下1階にキャバクララウンジ「SAQUYA サクヤ」というキャバクラだったということです。

また、亡くなった陽璃ちゃんに海苔巻き一本だけ残して三日間も放置していたということですが、土屋りさ容疑者自身はものすごい豪華な天ぷら蕎麦を食べております。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

土屋りさ容疑者の顔画像がSNSから流出か?現場のアパート判明で、生活環境が丸裸に
1日、自宅に幼い我が子を放置して死亡させた疑いで土屋りさ容疑者が宮城県警に逮捕されました。 死亡した陽璃(ひなた)ちゃんは体重が同年齢平均の3分の2程度の8.6kgしかなく土屋容疑者は日常的な育児放棄をしていたと見られています。 ネグレクトとも呼ばれる育児放棄。なぜ発生してしまうのでしょうか。 土屋容疑者が育児放棄した動機からその心理を追求したいと思います。