バンドー太郎の事務所が判明!仲介した理由や謹慎処分にならないのはなぜ?

炎上

出典:YouTube

スポンサーリンク

先月27日、反社会勢力から仕事を受け金銭を受領したとしてお笑いコンビの「スリムクラブ」と「2700」に無期限謹慎処分を吉本興業が下しました。

この2組に処分の原因となった仕事を仲介したとしてものまね芸人のバンドー太郎さんが現在注目を浴びています。

バンドー太郎さんはどのようにして仕事を2組に紹介したのでしょうか。

またバンドーさん自身の処分についてもまとめましたのでご覧ください。

”闇営業”の仲介人

バンドー太郎さんが無期限謹慎処分になったスリムクラブ、2700に反社会勢力の仕事を仲介したことを明らかにしたのはスポーツニッポンでした。

 お笑いコンビ「スリムクラブ」らが暴力団幹部の会合で闇営業したとして無期限謹慎処分になって一夜明けた28日、仲介役の芸人Bがスポニチ本紙直撃に初めて口を開いた。この芸人は松山千春のモノマネをするバンドー太郎(48)。会合の主役だった暴力団幹部とは「面識がなかった」と関係性を否定。「素性を知っていたら仕事は受けなかった。もらい事故のようなもの」と訴え、自身も被害者であることを強調。また闇営業の難しさが浮き彫りになった。

バンドーは本紙の取材に「うそも隠しもしません」と前置きし、淡々と話しだした。

会合があったのは16年8月。それまで2回の仕事を引き受けたことがあった建設会社社長に「兄の誕生日会をやるので、ネタをやってほしい」と頼まれ、吉本興業所属の「スリムクラブ」と「2700」に声を掛けたという。

その「兄」が暴力団幹部とみられる。「素性は知らなかった。会合の当日、社長に“兄です。お店を何店舗か持っているオーナーです”と紹介された。そういう風貌でもないし(暴力団幹部とは)知らなかった」と繰り返した。社長とはその会合以前に一般人のイベントで仕事をした際に知り合ったという。

スリムクラブとは数年前に営業先の京都で顔を合わせた。バンドーは事務所に入らずフリーで活動しているため、スリムクラブから「仕事が少ないので何かあったら声を掛けてください」と頼まれ、「闇(営業)大丈夫なの?」と確認したところ、問題ないとの意思表示があったという。「2700」の常道裕史(36)とはスリムクラブより以前から面識があった。

初めて誘ったのが問題となっている会合だ。反社会的勢力とは知らずに参加し、2組とも無期限謹慎処分となったことに「闇営業は悪いことだと思っている。こんなことになって、スリムクラブにも2700にも申し訳ない」と謝罪した。

ただ「これだけは分かってほしい」と声高に訴えたのが自身も“被害者”とする点だ。「僕は反社会的勢力とのつながりはありません。例えば10回営業があって、お客さん100人のうちに1人でも(反社会的勢力が)いたら、このような問題になってしまうのか。僕だって車で走っていて後ろからぶつけられた感じ。もらい事故のようなものです」と強調した。

今回の問題はネットニュースで知ったという。自身は情報番組などでやり玉に挙げられ「ここまで悪く言われて、家族にも心配されている」と、仕事に影響が出ないか案じている様子だ。謹慎などの予定はないとみられる。知らぬ間に忍び寄る反社会的勢力の影。解決策の見えない闇営業の“本当の闇”はそこにある。

出典:SPONICHI ANNEX

反社会勢力の仕事を紹介したのは自分だと告白した上でバンドーさんは仕事を依頼してきた側が反社会勢力だと知らなかった、スリムクラブと2700は悪くはない、これはもらい事故で自分も被害者だと主張しています。

しかし記事に目を通した人たちからは問題を引き起こした本人にもかかわらず責任転嫁も甚だしい、と批判が殺到します。

その結果、先月30日にバンドーさんは謝罪会見を開かざるを得ない状況に追い込まれました。

それでも謝罪会見中に”今回は知らなかった”などまるで反社会勢力だと知ってて仕事を紹介したことのあるような口ぶりで火に油を注ぐ形となりました。


スポンサーリンク

芸人”バンドー太郎”

そもそも”バンドー太郎”さんとはどのような芸人なのでしょうか。バンドーさんのプロフィールを見てみましょう。

「バンドー太郎」の画像検索結果

出典:中日新聞

名前:バンドー太郎

本名:小松原隆友

生年月日:1970年10月16日(48歳)

出身地:神奈川県

血液型:B型

最終学歴:茨城県立筑波高校

バンドー太郎さんは渋い低音からクリアな高音ボイスを出すことができそれを使って幅広いモノマネのレパートリーを持つ芸人です。

得意としているモノマネは歌手・松山千春さんで、松山さんのファンを公言している政治家・鈴木宗男氏に「似ている」と公認を得て鈴木氏の遊説の前座を務めたこともありました。

ほかには美川憲一さん、氷川きよしさん、氷室京介さん、EXILE・ATSUSHIさんなどのモノマネを会得しています。

スポンサーリンク

炎上マーケティング?

モノマネ芸人として活動しているバンドー太郎さんですが反社会勢力からの仕事を仲介したのにもかかわらずスリムクラブや2700のように謹慎処分になることはありませんでした。

一体その理由は何なのでしょうか。

バンドー太郎さんの所属事務所を調査してみるとヘリカルプロモーションという事務所の所属タレントに記載がされていました。

出典:株式会社ヘリカルプロモーション

ヘリカルプロモーションは多数のモノマネタレントを要する芸能事務所で、モノマネグランプリなどモノマネ番組の顔なじみになっているホリさんや古賀シュウさんが所属しています。

しかしバンドー太郎さんは同事務所に記載はされているもののタレント派遣会社から派遣され登録されているだけのようでした。

その派遣元である企業を検索すると”芸人派遣Lab.”という事務所に行き当たりました。

芸人派遣Lab.でもバンドー太郎さんのプロフィールが掲載されていた形跡がありましたが現在そのプロフィールは閲覧することができなくなっており、代わりに今回取りざたされている闇営業仲介問題について釈明する文章が掲載されていました。

弊社は、今回の闇営業芸人問題に関する当該芸人バンドー太郎の所属事務所ではなく、マネージメント契約や雇用契約は一切結んでおりません。
弊社はイベントなどにパフォーマーや芸人を派遣する事業をしており、バンドー太郎は複数いる登録芸人の中の1人です。
従いまして、今回の件に関してお問い合わせいただきましても、弊社は関与しておらず、内容等はわかりかねます。
そして個人情報につきましても、当該芸人の許可なくお伝えする事や無断でサイトへの引用はできかねます事ご了承ください。

出典:芸人派遣Lab.

芸人派遣Lab.のコメントを見る限りではバンドー太郎さんはこの事務所とも正式な契約は交わしてなく登録という形で雇用関係を結んでいたようです。

このことによりバンドー太郎さんはフリーで活動していたことが明らかになりました。フリーであるからこそバンドー太郎さんに謹慎などの処分を下す人がいないということです。

処分が下らないバンドー太郎さん、このまま仕事を続けるのでしょうか。

バンドー太郎さんは闇営業を仲介したとの報道後、仕事がキャンセルされていることを先月30日の謝罪会見で告白しています。

貴重な仕事も1、2本キャンセルになった。これからも断られることは多々あると思います」と話した。

出典:SPONICHI ANNEX

ただ今回の報道で”バンドー太郎”という名前は大きく報道されて全国に報道されました。

元々の報道では”モノマネ芸人B”として名前を伏せていたもののバンドー太郎さんは自身で名前を公表したようです。もしかしたら誰からも処分されない身であることを逆手に取って自分の名前を世に知らしめようとする炎上マーケティングを画策している可能性も考えられます。

スポンサーリンク

原因は脇の甘さ

意図的にこの状況を作りだしたとも可能性もあるバンドー太郎さんの闇営業仲介問題ですが、このように反社会勢力が入り込んでしまった原因はバンドー太郎さんの脇の甘さだという指摘があります。

指摘したのは情報番組「スッキリ」で司会を務める加藤浩次さん。フリーで活動していたから反社会勢力に目をつけられたのだと独自の見解を展開していました。

 加藤は、バンドーと面識がないとした上で、「バンドーさんの脇の甘さが相当あると思う」と指摘。フリーとして仕事を受け、いろいろな事務所の芸人に仕事を振り分けたりしているとし、「たぶん直の営業として振り分けていて、その中で自分も利益も得ているという状況をつくってる」と言い、「そうやってフリーでやってて、いろんな芸人を呼べるところには反社会的勢力と呼ばれる方たちが寄ってきやすいという側面があると思う。そういう状況をバンドーさんは自分でつくり出してしまったんだろうなと思う」と話した。

出典:SPONICHI ANNEX

結局のところバンドー太郎さんには反社会勢力だと見抜けなかった、確認していなかった部分において責任があります。

またバンドー太郎さんだけでなく芸能界という興行を主とする職種で反社会勢力に入り込めない体制を整えていなかった全ての環境にも問題があるのだと思います。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

スリムクラブの闇営業相手は稲川会!元CAの美人嫁が住宅ローンの残高を嘆く
吉本興業所属の漫才コンビ「スリムクラブ」の真栄田(まえだ)賢さん(43)と内間政成さんが、指定暴力団の稲川会に闇営業をしていたとして無期限謹慎処分になっていたことが明らかとなりました。 今回は、スリムクラブの現在や稲川会とのつながり、コンビの女癖の悪さ、元CAの嫁とローンの残高などについて迫ってみたいと思います。