小林誠受刑者の顔画像と逃走経路!現在の居場所について有力な情報も流出

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

横浜地検によりますと、19日午後1時30分ごろ、神奈川県愛川町で、窃盗の罪で実刑が確定していた小林誠(こばやし まこと)受刑者が逃走しているということが明らかとなりました。

今回は、小林誠受刑者の顔画像や、現在の居場所と逃走経路、過去の逃走劇などについて迫ってみたいと思います。

小林誠受刑者が逃走

NNN他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

警察によると、19日午後1時半ごろ、神奈川県の愛川町で、実刑判決が確定した男が自宅から刃物を振りかざし、車に乗って逃走しているという。

男は小林誠受刑予定者(43)で、窃盗などの疑いで実刑判決が確定しており、横浜地検が小林受刑予定者を収監するために家に訪れた際に車に乗って逃走したという。逃走している車の車種はホンダのフィットで、小林受刑予定者は身長171センチで中肉だという。

出典:NNN

スポンサーリンク

小林誠受刑者について

こちらが、逃走をしている小林誠受刑者のプロフィールです。

名前:小林誠(こばやし まこと)

年齢:43歳

職業:無職

刑罰:窃盗・傷害、覚醒剤使用などの罪で実刑

車種:ホンダ車製 黒色のFIT

小林受刑者は、19日午後1時半ごろ、横浜地検の係官が窃盗罪で実刑が確定したため、収監のために愛川町の自宅を訪れたところ、ホンダ車製のFITに乗って逃走したとされる人物です。

小林受刑者は傷害や窃盗、それに覚醒剤取締法違反などの罪で東京高等裁判所で懲役3年8ヶ月の実刑判決を受けましたが、一時保釈されていたということです。

スポンサーリンク

顔画像やSNSは?

では、小林容疑者の顔画像やSNSはあるのでしょうか?

現在のところ、小林容疑者に関しては顔画像などの情報は公開されておらず、特定するにも至っておりません。

SNSに関しても調査をしてみたのですが、こちら有力な情報を得られることは出来ませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

しかしながら、逃走した際に刃物を持っているということで、一般市民に多大なる危害を加える恐れも考えられることから、おそらく警察によって顔画像が公開され、幅広く情報提供を求めるこということからも、今後必ず顔画像が公開されることと思います。

続報:横浜地検が公開した小林受刑者の顔画像がこちらです。

出典:Twitter

スポンサーリンク

現場は?

では、小林受刑者が逃げた現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、神奈川県の愛川町という町で、以下のような場所であるとのことです。

出典:Twitter

 

こちらの画像を確認すると、県道54号線や中津川にかかる角田大橋などを確認することができますので、以下のような場所ではないかと思われます。

こちらは、県道54号線沿いであり、逃げた現場付近であることは間違いありません。

スポンサーリンク

現在の居場所や逃走経路について

では、小林受刑者の現在の居場所や逃走経路は一体どのようになっているのでしょうか?

愛川町は神奈川県厚木市や相模原市に隣接する人口およそ4万人の小さな町で、西側は山となっており、関東平野の端っこに位置しております。

つまり、塗装するには北、南、東のどれかということになるでしょう。

黒色のFITに乗車して逃走をしたということを考えると、北側や東側へ進んだ可能性が非常に高くなります。

南に南下すると、平塚市などがあり、東海道を通って西へ逃避行することも考えられますが、人が多いところに向かう傾向があるという犯罪心理学を駆使すれば、東京方面へ上った可能性が高くなります。

中央道などの高速道路を使用しないと仮定すると、国道246を使用して東京に向かったという可能性も十分にあり得ます。

逃走した時間帯の交通量を考えて、多く見積もってもおよそ3時間もあれば東京に着きますから、すでに都内に潜伏しているのかもしれません。

東京都渋谷区にある渋谷駅前は非常に多くの警察官が配備されているのだそうで、そうしたことも関係しているではないでしょうか?

渋谷駅に警察が多いということで、逃走の一報を受けて東側に逃げた可能性を考え、緊急的に配備されたため、一時的に警察官が多くなったとみても不思議ではありません。

スポンサーリンク

刃物を所持している

この小林容疑者ですが、刃物を所持しているということで、極めて危険な逃走犯であることは間違いありません。

凶器を持っているということで、一般市民に危害を加える可能性もありますし、自害をするという恐れもあることから、一刻も早い逮捕が望まれます。

逃走の理由としては3年にもわたる実刑判決が嫌で、俗世間が久しぶりで帰りたかったのだと思われます。

スポンサーリンク

過去の事例

2018年4月には愛媛県今治市の刑務所から同じように受刑者が逃走を図っており、この逃走劇はおよそ23日間にも及びました。

8日夜、愛媛県今治市にある刑務所の作業場から27歳の男の受刑者が逃走し、捜査関係者によりますと、瀬戸内海を挟んだ広島県尾道市内で盗難車が乗り捨てられているのが見つかりました。警察は緊急配備を敷いて行方を捜しています。

8日午後7時ごろ、今治市にある松山刑務所大井造船作業場で受刑者1人の所在が分からなくなったと、作業場から警察に通報がありました。

松山刑務所や警察によりますと、作業場から逃走したのは、盗みなどの罪で服役している平尾龍磨受刑者(27)で、8日夜に開かれた受刑者たちの集会に姿を見せず、捜しても見つからなかったということです。

出典:NHK NEWS WEB

この逃走劇は、フェンスを乗り越え、海を泳ぎ、民家の屋根裏に潜伏しながら、窃盗などを繰り返して映画のような逃走劇を繰り広げており、近隣住民に多大なる不安と恐怖を与えました。

広島県の向島という島に潜伏しているのではないか?などという憶測の元、1万人近い捜査員を導入して捜索に当たったのですが、なんと瀬戸内海を泳いで渡り、広島県の本土にたどり着き、空き家に潜伏をしていたため、警察や世間の人々が呆気にとられたのも記憶に新しいのです。

今回の場合、黒色のFITに乗車しているということで、車種が割れていますから、ずっと乗りつづけているのであれば、簡単に見つかってしまうと思いまし、警察の検問などが敷かれればすぐにバレますので、どこかに乗り捨てているのではないかとも思われます。

SNSなどが発達したこのご時世ですら、23日間も徒歩で逃走を続けることが出来ると平尾受刑者は証明しておりますので、模倣犯的に逃げ回っているだけなのかもしれません。

何れにしても、愛川町やその付近など、逃げられる可能性のある地域にお住いの方は、くれぐれもご注意ください。

[ad-extra6]

あなたにおすすめの記事

 

岡崎公栄の顔画像判明で現在の居場所は西日本に潜伏か?顔面半分が潰れている理由も
30日、大阪府岸和田市の大阪地検岸和田支部付近で刑事施設に収容予定の、岡崎公栄(おかざき きみえ)被告が逃走するという事件が発生し、大きな波紋が広がっております。 今回は、岡崎公栄被告の顔画像や逃走経路と現在の居場所、何で逮捕されたのかについて迫ってみたいと思います。

 

平尾龍磨受刑者 現在の居場所の最新情報がこちら!食糧が尽きない謎が解明される
...

コメント