新潟地震は人工地震だった?日付や震源の浅さと波形が不自然すぎる!CCSによる人災の可能性も

国内NEWS

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

2019年6月18日、22時22分に新潟県で最大震度6強を観測するという大きな地震が発生しましたが、発生時刻がゾロ目の分数であるということ、さらには2018年に大阪北部を襲った地震の日付と全く同じことから、人工地震ではないかと囁かれております。

今回は、この新潟地震が人工地震である理由と、CCSによる人災の可能性などについて迫ってみたいと思います。

人工地震とは?

人工地震とは、文字通り人工的に起こされた地震の事を指すのですが、まず、自然地震と人工地震とでは、その波形が大きく異なると言われています。

自然地震の場合、まず小さな揺れ(P波)が記録され、その後に大きな揺れ(S波)が記録されます。一方、人工地震ではP波が観測されず、いきなりS波が記録されるのが特徴だと言われています。

もう一つ、人工地震の特徴と言われているのが震源の深さです。

人工地震の震源の深さは10kmだと言われており、地表浅いところで突然揺れが発生するのも特徴の1つなのだそうです。

スポンサーリンク

大阪北部の地震と全く同じ日に発生

2018年6月18日に、大阪北部を震源とする地震が発生したのですが、奇しくも今回の新潟地震と全く同じ日であったのです。

前述した通り、人工地震の波形は極めて不自然になる傾向があるのですが、以上を踏まえて、上記の大阪北部地震の波形を見てみると、波形が全く振れていない状態から、突然激しく上下に振れていることが分かります。

P波は観測されず、S波のみが観測されたことで、大阪北部地震は人工地震ではないかという説が持ち上がったのです。

小さな揺れの後に大きな揺れが来れば緊急地震速報などで備えることもできますが、この時は突然大きな揺れが来たため、緊急地震速報が鳴ったのは地震が発生した後だったといいます。

震度6弱の各地「ドーンという音」「立っていられなかった」

震度6弱を観測した大阪 箕面市にある箕面市役所で当直だったという男性は「地震が起きたときには庁舎の地下1階にある守衛室にいたが、いきなりドーンという音がして、立っていられないほどの揺れが20秒ほど続きとても驚いた。室内で棚から物が落ちることはなかった。市役所では、職員が出て状況の確認を行っている」と話していました。

出典:NHK

また、もう一つの特徴である震源の深さについてですが、この大阪北部地震の震源の深さは10kmだった言われております。

地震情報(気象庁発表:平成30年6月18日午前8時7分)

平成30年6月18日午前7時58分ころ、地震があり、高槻市で震度6弱を観測しました。

震源地は、大阪府北部(北緯34.8度、東経135.6度、深さ10km)、地震の規模(マグニチュード)は5.9と推定されます。

出典:高槻市

人工地震の2つの特徴があてはまることから、大阪北部地震は人工地震ではないかという説が出回り始めたのです。

そして2019年6月18日に山形県沖で発生した地震。

18日22時22分ころ、地震がありました。
震源地は、山形県沖(北緯38.6度、東経139.5度、酒田の南西50km付近)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.8と推定されます。

出典:気象庁

震源の深さは10kmと発表されており、こちらも人工地震の特徴と一致する形となっています。

加えて、最大震度6弱を観測した大阪北部地震からちょうど1年後の同じ日付に発生したことで2つの地震を関連づける声、さらにはどちらも人工地震だという説がトレンド入りするまでに至ったようです。

同じ日付、震源の深さが10kmと一緒、波形の不自然さなどが全て一緒となると、偶然とは言えないのではないかと思われます。

スポンサーリンク

CCSによる人災か?

今回の人工地震の原因ですが、CCSと呼ばれるガス田の二酸化炭素回収貯留が原因なのではないかと推測されております。

CCSは「Carbon dioxide Capture and Storage」の頭文字を取った単語で、二酸化炭素を回収し貯蔵する、二酸化炭素貯留と呼ばれるものです。

CCS 「カーボン・ダイオキサイト・キャプチャー・アンド・ストレージ」

温室効果ガスの二酸化炭素を分離・回収し、深海や地中に貯留する技術。大気中の二酸化炭素濃度上昇を抑制する技術の一つで、地球温暖化対策の一環として研究・開発が行われている。二酸化炭素の排出量が多い石炭火力発電所にCCSを適用してゼロエミッション化を目指すプロジェクトが、日本を含めて世界各国で検討・開発されているが、コストや生態系への影響、貯留した二酸化炭素の漏出など検討課題も多い。炭素隔離貯留技術。二酸化炭素の分離・回収、貯留技術。

出典:Wikipedia

出典:環境展望台

出典:経済産業省

CCSは、CO2を石油・ガス層へ圧入し、それによって石油・天然ガスの回収を促進するとともにCO2を貯留するのですが、これによって回収された石油や天然ガスは発電所などを利用されるといいます。

そして、日本の主なガス田がある場所がこちらです。

出典:Twitter

今回、発生した新潟地震の震源付近にも「東新潟ガス田」や「中条・紫雲寺油・ガス田」などのガス田が存在しているのが分かるかと思います。

また、2018年9月6日に発生した北海道厚真町での地震の震源直下にも勇払油ガス田があり、この地震は勇払油ガス田の産出量を上げる為の実証試験でもあったと言われているのです。

さらに、政治家の鳩山由紀夫さんも厚真町の地震について警鐘を鳴らしておりました。

CCSによる人災であると完全に言い切っておりますが、真相はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この人工地震説に対して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

新潟下越の地震が人工地震である理由が衝撃的!大阪北部地震と日付が一緒で波形も不自然
...

コメント